みなさん、こんにちは。
フォーサイト専任講師の神宮です。
春めいた陽気の日に、春の「重ね」の色みを覚えてみてはいかがでしょうか。
肌で感じる季節、実感しやすくなるかもしれません。

2月に、東京ドームで開催された、テーブルウェアフェスティバルに行ってきました。
「暮らしを彩る器展」という副題がありますが、各国各地の器やクロス、カトラリーの販売、展示、そしてテーブルウエア大賞の受賞作が、ドームいっぱいに溢れています。
テーブルウエア大賞は、「優しい食空間コンテスト」と題して、それぞれのテーマに合わせて、テーブルクロスやお皿、キャンドルなどでコーディネートされたテーブルが並んだもの。そこで耳にした感想は、「テーマのほとんどは色で決まるわね」という一言でした。
「春の野原」、というテーマなら、ミモザの黄色や若草色が使われ、デイジーが飾られています。
食器の色も思わぬ色合わせがあり、日常に取り入れられたらどんなに生活が豊かになるだろう、と感じました。
世の中ミニマリストといわれる、物をあまり持たない主義の方が増えつつありますが、豊かさの定義は本当に人それぞれだと改めて感じました。
皆さんの彩り豊かな人生は、どんなスタイルでしょうか。