13

2017/09

健康にタトゥー

9:00:30 | 学習について

みなさん、こんにちは。
フォーサイト専任講師の神宮です。
色彩検定を受けられる方は、試験まであと2か月あまり。
毎回要になる、PCCS表色系の色と色名を、しっかり覚えてくださいね。

シールタトゥーも含めて、おそらく私とは縁のなさそうなものだと思っていましたが、役に立つタトゥーがあると知って興味を持っています。
研究の場となったのがMIT、マサチューセッツ工科大学と、ハーバード大学。
人の皮膚を、その人の健康状態をリアルタイムに表示する「ディスプレイ」にするインク技術の開発にむけて、研究中だということです。
そのタトゥー用の特殊なインクは、体の状態の変化によって色を変えるのだそう。
例えば糖尿病患者など、体調の変化を検査し続ける必要があるにもかかわらず、その検査が負担になることもあるため、人の間質液の変化に反応するインクを開発したのだそうです。
今のところ、糖のレベルが変わると青から茶色になるインクと、ナトリウム濃度が上がると、紫外線に反応して緑に光るインク、pHの変化を段階的に示してくれるインクの3種類が開発されているとのこと。
まだ研究段階とのことですが、実用化すれば、「今日は顔色が悪いね」というより確実に、体調の変化をキャッチすることができるようになるのですね。