みなさん、こんにちは。
フォーサイト専任講師の神宮です。
色彩検定を受験なさる方も、カラーコーディネーター検定を受験なさる方も、
日ごろから、PCCSのカラーカードを眺めてみてください。
眺めるだけ?と思われるかもしれませんが、きっと役に立ちますよ。

学習の際、暗記用ペンを使われる方は多いと思います。
私も、初心にかえって、新しいことを学習するときには、
覚えたいところにマーカーで線を引いて、カラーシートで隠す勉強法を取り入れています。
いつも気になっていたのは、答え合わせの時にマーカーで塗りつぶした部分が見えにくいこと。

先日文房具屋さんに行った際、新しい暗記用ペンを発見しました。
コクヨの「チェックル」という暗記用ペンに新登場した、「ブライトカラー」。
片方のブルーでは、重要個所を塗りつぶしてマーキング。

もう一方のオレンジは、穴埋め問題を解くときや、
ノートをとるとき、重要個所をこの色を使って書きます。
どちらも赤いシートを重ねると見えなくなります。

ブルーでラインを引いた部分も、オレンジの文字も、
覚えるときも以前のように見えにくくならないとのこと。

以前のチェックルは、消しペンで消すこともできたのですが、
消さずに文字がよく見えるようになって、より使いやすくなりました。

ブライトカラーのチェックル。
早速、次の試験勉強で使ってみようと思っています。