2015 / 01

26

2015/01

食器と色の関係

0:00:02 | 学習について | Comments Off | Trackbacks (0)

色彩対比という、
周りを囲む色が中央の色の見え方に
影響を与える現象があります。

周りの色の反対色に、
中央の色が傾いた見え方をするので、
例えばお皿の色を選ぶ際は、
載せるものを美味しく見せることができる効果もあります。

この器の色が、味覚にも影響を与える
という研究結果を知りました。

これは、カフェラテの味の感じ方とマグカップの色の関係の実験で、
透明と白と青の3色のマグカップに入れた
同じカフェラテを飲んでもらい、コーヒーの甘さや濃さ、香り、
苦味と品質などで評価してもらうというもの。

マグカップの色によって、被研者はその「濃さ」と「甘さ」に
違いを感じることが分かったそうです。

その理由は、食材と食器との色のコントラストではないかとのこと。
茶色いコーヒーなら、3色の中で最もコントラストが高い白いマグカップが
味を強く感じさせるという結果でした。

イチゴムースを、黒いお皿で出した時より、
白いお皿で出した方が、15%ほど味を濃く感じたという結果もあります。

料理は白いお皿に限る、という方も多いかと思いますが、
なるほど、そんな理由もあるんですね。

我が家で愛用している紺色のお皿は、
カレーのような味のしっかりしたもの専用にした方がいいかもしれませんね。


19

2015/01

色と質感

0:00:19 | 学習について | Comments Off | Trackbacks (0)

最近、心からすごいな、と思った作品をご紹介します。

今回ばかりは、ブログ内に写真で
お目にかけられないのが残念なほど。

まるで本物に見える、ミニチュアの作家さんの作品です。

書店でも、その作品集第一作目が写真部門で
長い間売り上げ1位を記録したといわれる、
田中 智さんというアーティストの作品です。

ストロベリーのタルトはタルト生地のバターと
小麦粉のほろほろした感じが、噛んだときの食感まで思い起こさせるし、
イチゴもみな1色ではない。

一つ一つの個性ある色みが、本物らしさを感じさせます。
そして強く感じたのは、私たちが普段見ているものの色というのは、
質感とのかかわりがかなり大きいのだということです。

そしてそのホールタルトの直径、18mm。
ミニチュアキッチンにはコンロに火がつく仕組みになっていますが、
そのLEDの質感も、まるで本物。

百聞は一見にしかず、HPで是非ご覧になって実感してみてください。


12

2015/01

選挙

0:00:14 | 学習について | Comments Off | Trackbacks (0)

昨年末に行われた総選挙。

その選挙戦に、カラーコーディネーターが
一役買ったという話を聞きました。

選挙の候補者たちは、
有権者に少しでも良い印象を持ってもらおうとして、
まずは自分に似合う色を取り入れ、
若々しさの演出をねらったのだそうです。

もともとこれは、
1960年代のアメリカ大統領選の時からある考え方。

当時優勢といわれたニクソン大統領選を破って
新人のケネディが勝利したのは、イメージコンサルタントの
アドバイスによるものと言われています。

ケネディは、選挙戦において、イメージアップを図ることを重視し、
顔色やテレビ移りを計算したネクタイの色選びによって、
未来をになう明るいイメージから来る信頼感を
国民から得ることに成功したというもの。

ここから、イメージコンサルタントの仕事が普及していったようです。

似合う色を身につけると、若々しく、
顔色が生き生きとして見えるもの。

選挙だけでなく、日々を豊かにするのに
積極的に色を活用できたら良いですね。


01

2015/01

謹賀新年

0:00:59 | 学習について | Comments Off | Trackbacks (0)

新しい一年が始まりました。
常々思うのが、達成感が人を成長させる、ということ。

達成感を得るために、一年の始まりに
その年の目標を設けてはいかがでしょうか。

今年は色彩検定にチャレンジする!
もりっぱな目標です。

そして今年の終わりに、「3級に合格したぞ!」
「合格はのがしたけど色彩に興味を持って勉強できたぞ」
と振り返れば、今年一年が価値あるものになっていきます。

充実した価値ある一年のために、
さっそく、新しい年に目標を持ってみましょう。

今年一年、皆様にとって実りある素敵な一年になりますように。