2017 / 02

22

2017/02

今年のラッキーカラー

8:36:07 | 学習について | Comments Off | Trackbacks (0)

みなさん、こんにちは。
フォーサイト専任講師の神宮です。
カラーコーディネーター検定を受験なさる方、次回の試験日は6月18日です。
テキストのボリュームが多いのでなんとなくとっつきにくいかもしれませんが、何度も繰り返して読むことが合格への近道です。数行ずつでも読み進めてみてくださいね。

インテリアに興味を持つようになってから、風水が気になっています。
めざすインテリアも基本は風通しの良いすっきりした空間が基本。
すっきりした空間に、良いエネルギーを呼び込むのが風水の考え方なので、そこに色の持つパワーがかかわってくるとなると、興味を持たずにいられません。
毎年、参考にすべくチェックしているのが、かのドクターコパさんがホームページで紹介してくださる今年のラッキーカラー。
年ごとに異なる色で、運気を高めてくれるというものです。
コパさんによると、2017年のラッキーカラーは、ブルー、シルバー、ゴールド。
流行色と違って世相を反映するものではないようなので、金銀が入っていることと、日本の景気とは無関係化かと思うのですが、期せずして年頭のブログにも登場したこの2色。
シルバーがラッキーカラーとして登場するのは珍しいことなのだそうです。
個人的にシルバーは好きな色ですが、もともとは守るという意味合いの強い色で、中世の銀食器は毒を盛ると変色することから用いられていたのだそう。
そこから、事前に危険を察知し、危機管理をつかさどる色と知って、我が家のインテリアにもシルバーを増やしてみたくなりました。
ブルーも、清めて流すという意味で守りの色なのだそうで、かつ、清めて才能を伸ばす、というパワーがあるのだとか。
検定を受験する時には、ブルーのシャープペンシルなどを使って、そのパワー取り入れてみると良いかもしれません。


15

2017/02

色を楽しむサングラス

8:35:20 | 学習について | Comments Off | Trackbacks (0)

みなさん、こんにちは。
フォーサイト専任講師の神宮です。
色彩検定の受験には、まずはPCCS表色系の色と色みを覚えることが先決です。
面倒かもしれませんが、色相環の一覧をカラーチップで仕上げながら、一つ一つ覚えていってくださいね。

春が待ち遠しい今日この頃、日差しが強くなったら必須のサングラス。
先日、新しい機能を持ったサングラスを見つけました。
それは、レイバンの最先端の技術で開発された、「クロマンスレンズ」を使用したサングラス。
「カラーコントラストに強く、色鮮やかな視野を実現し、視界をさらに明るくよりクリアにくっきり」とうたっています。
光を微調整し、色彩のコントラストや形のコントラストをよりはっきり見せ、反射を防止することでまぶしさを軽減、紫外線を遮ることで、視界をクリアに見せるというもの。これまでのサングラスでは実現しにくかった、本来の色彩を見ることができるのだそうです。
レイバンの公式サイトでは、そのクロマンスレンズを通して見た色と実際の色との違いを見ることができるようになっています。
眼のためにはサングラスは必需品でも、かけると自然の色の美しさは損なわれてしまうもの、と思っていましたが、こんなサングラスの登場、ドライブしながら景色を楽しみたい私には理想的ですね。


08

2017/02

白い服

8:34:10 | 学習について | Comments Off | Trackbacks (0)

みなさん、こんにちは。
フォーサイト専任講師の神宮です。
色彩検定は、一か月後から申し込みが始まります。
合格目指して、がんばりましょうね。

ショッピングに行くと、お店はすっかり春物に切り替わっていますね。
今年はどうも白という色が気になっていて、何を見ても白に手が伸びます。
白は透ける、という印象が強くて選ぶのに躊躇してしまうこともありますが、白が必須の制服メーカーが、「透けない白」で特許を取ったことを知りました。
白が必須の職業といえば、ドクターやナース。透けない白衣は、生地そのものでなく、裏地の工夫で実現しました。
白の裏地を黒にすれば確かに透けなくなりますが、そうすると、白衣に裏地があることがわかってしまい、白衣らしさが損なわれてしまうとのこと。裏地の存在もわからず、透けない白のためには、裏地の明度をある程度下げることが重要だったとか。その数値を示したことで、今回特許申請になったようです。
その白衣を見ると、裏地の色は紺。興味深いことに、白い生地ではもちろん透けますが、裏地だけの時も同じように透けて見えること。白に裏地を重ねることで、透けない白となるのだそうです。
一般には、白い服には白い裏地がついていますが、裏地の明度を下げると透けないという発想、なるほど、と思いました。
応用すれば、安心して白い服を選ぶことができるようになりますね。


01

2017/02

参考にしている番組

8:32:07 | 学習について | Comments Off | Trackbacks (0)

みなさん、こんにちは。
フォーサイト専任講師の神宮です。
夏期検定に向けて、準備を始めていらっしゃいますか。
着実に頑張っていってくださいね。

インテリアの色は、身近なカラーコーディネートの例として考える良い材料ですね。
ただ、一度決めてしまうと変えるのが難しいので、カラーシミュレーションはとても大事です。
インテリアの色について実際に見て比べられる、今よく参考にしている番組をご紹介します。
ニトリが提供している、「インテリア日和」という、金曜の19時56分から数分の番組です。
実際のご家庭のインテリアを、希望通りのテーマに沿うようチェンジしていくもので、時に、「カーテンの色を○色にしてしまうと壁になじみません」と、実際に色を変えて見せてくれます。
理論では理解していても、カーテンや壁紙、家具などの質感を伴う実際のカラーコーディネートは、見ていて大変役に立つと思います。
機会があったら是非一度、ご覧になってみてください。