2017 / 12

25

2017/12

シャガール展へ

11:18:36 | 学習について | Comments Off | Trackbacks (0)

みなさん、こんにちは。
フォーサイト専任講師の神宮です。
いよいよ2017年もあとわずか。今年は皆様にとってどんな一年でいらっしゃいましたか。
カラーの世界と出会って、色の世界を楽しんでいただけた年だといいなと願っています。
新しい一年も、皆様にとって素晴らしい年でありますように。

先日、東京ステーションギャラリーで開催されていた、
「シャガール 三次元の世界展」に行ってまいりました。

この展示会では、版画や絵でよく知られるシャガールが63歳で始めたという、
彫刻を「三次元」の作品として、多く取り扱われた展示会でした。

シャガールは、まるでエンジェルヘアで構成されたような歪曲したラインと、
その巧みな色遣いが印象的な作品を多く創造しています。
彫刻も、シャガールの世界観が見事に表現された素晴らしいものでしたが、
やはり心奪われるのは絵の色遣い。

主に心理四原色の使い方が本当に見事でした。今回惹かれたのは2点。
1点は、1911年から12年にかけて描かれた、
シャガールにしては珍しい「静物」という、赤、青、緑、黄色で描かれたランプや水差し、お皿の上の果物の、初期の頃の作品です。
キュビズムの作者なら一度は描いてみる手法なのでしょうが、シャガールの特長でもある、浮遊感のような、
不思議な印象をもたらす作品です。解説では、シャガールの試作、という位置づけとか。

もう一点は、1976年「アトリエの窓」。アトリエの大きな窓から見える空からは季節を感じられ、
臨場感があって、まるでその場に実際に行って風の音を聞いているかのようで、
窓際に飾られた花束と窓の外の木々の色合いのバランスが素晴らしいものでした。

確かこの絵は、5年ほど前のシャガール展のポスターになっていたような…。
シャガール生誕130周年の今年、改めて色に感動させてもらえる展示会でした。


18

2017/12

アイシング教室体験

11:17:39 | 学習について | Comments Off | Trackbacks (0)

みなさん、こんにちは。
フォーサイト専任講師の神宮です。
試験勉強が終わってみると、身の周りにある色を楽しむ機会に沢山お気づきになるのではないでしょうか。
身近な色にさまざまなことを感じながら過ごしてみてくださいね。

かねてから、絵を観ることも描くことも好きで、作ることが好きで、
何かそれに関する習いごとができたらいいなと思っておりました。

でも、以前、カルトナージュやステンシルを習ってみた時は、
作った作品の保管場所が悩みの種。かといってせっかく作ったものは処分しにくく、
かつ本当にインテリアとして置いておきたいものは、やはりプロの方が作った方が美しく、
結局お教室もお休みすることになってしまいました。

そんな時に出会ったのが、アイシング教室。
季節に応じたテーマの型で抜かれたクッキーに、
色のついたお砂糖でデコレーションしていく方法を教えていただきます。

年末に向けては、クリスマスツリーに飾るオーナメントや雪化粧したお家の中にライトを灯すお菓子の家、など、
色を付けて、模様を描いて、パーツをデザインして…、そしてそして最後、飾って楽しんだ後は、その作品は、「食べる」のです。

出来栄えがあまり芳しくなくても、お味は一緒。作品が残ることなく、残らないことが罪悪感でもなく、
取り組むにあたって色の知識も活用できて、これからますますはまってしまいそうな習い事に出会うことができました。


みなさん、こんにちは。
フォーサイト専任講師の神宮です。
検定試験を受験なさった方、お疲れ様でございました。
合格なさっても、色彩を楽しんで、学び続けていただけたらとても嬉しいです。

南アフリカのケープタウンの街のシグナルヒルという丘の斜面にある、
ボ・カープ地区をご存知ですか?

立ち並ぶ家々の石壁が、マカロンのような、
PCCSでいうペールトン、ライトトーン、ブライトトーンのピンクや水色で
カラフルに塗られたそれはそれはかわいらしい色合い地域です。
白く塗られた窓やドア、手すりがよく映えて、おもちゃのよう。

明るくてかわいらしい街並みが、観光地になっていますが、
このカラフルな色は、1994年まで続いたアパルトヘイトからの解放を記念するために、
誰ともなく家を明るい色に塗り替えたことから始まったのだとか。

ケープタウンの裁判所入口の前には、「WHITES ONLY」と「NON-WHITE ONLY」
と記されたベンチが左右対称に置かれていて、人種問題と関わりの深い街なのだと感じさせられます。

今でこそ”インスタ映え“しそうなキュートな街並みですが、
その色の意味は、自由への喜び、だったとは、色の力を改めて感じるエピソードでした。
是非、ネットなどでその街並みを見てみてくださいね。


04

2017/12

冬期色彩検定

11:15:51 | 学習について | Comments Off | Trackbacks (0)

みなさん、こんにちは。
フォーサイト専任講師の神宮です。
冬期の検定は、色彩検定も、カラーコーディネーター検定も終了しました。
受験なさった皆様、お疲れ様でございました。
まずは一息つかれている頃でしょうか。

11月12日に実施された、今年度冬期色彩検定の内容ですが、
2級も3級も、例年通り実際の色に関する問題が多く出題されていました。
特に色名は問題数のボリュームもしっかりあったように感じています。

配色に関しても、テキストにあるような単に色が並んだ形式ではなく、
「引き出しの色がヘクサードになっている」などと具体的な物の配色として出題されているため、
やはり色を見ただけでPCCSの「ペール6番」「ビビッド12番」
といったように記号に置き換えられる力が必要だと思いました。

このところ、ネイルカラーのデザインの形で配色形式を問う出題も見られています。

また、ファッションについては、テキストにはない、最新のコレクションの写真が使われ、
その配色名を聞かれたりしていますので、
より実践的な配色の力、配色を見分ける力、が求められていると感じました。

日頃から、身の周りの色をPCCSの色番号に置き換えるという習慣をつけると有利ですので、
これから1級を目指そうという方も、改めて心がけてみてください。