ファイナンシャルプランナースペシャリストによるこっそり裏講義

学習について

09

2014/04

実りある試験勉強

0:00:22 | 学習について |

みなさん、こんにちは。
毎日、寒いんだか暑いんだか、着るものに悩む日々です。
いかがお過ごしですか。

さて・・・
FP関連の勉強は、「知ること」が最大の魅力だと思いますが
それに加えて知ることによって、疑問がわくことも非常に大切だと思います。

知れば知るほど疑問点がわいてくる・・・理想だと思います。

自分はどうなんだろう
こういった場合はどうなんだろう
なぜそうなるんだろう
これはどうなんだろう
こうなるとどうなるんだろう

ひとつの論点について様々な角度からそのことをとらえ、
疑問に感じることは、その論点を理解するためにとても必要なことだと思います。

こういった思考回路の構築は、
試験勉強以外にも実生活のなかで
「住宅ローンを組む」「生命保険に加入する」「相続が発生した」
「保険事故が発生した」「マイホームを建築する」などなどさまざまなシーンで
活用できる思考回路だと思います。

このような回路は、ある日突然できるというわけではなく
日々の訓練や意識しておくことが大切だと思います。

(ま・・・その人のもともとの性格にもよると思いますけど)

要は、人任せにしないで、将来後悔することのないように
つど都度、自分で納得のできる選択をすることが必要なのではないかと思います。

とはいえ、現時点の目標は「合格」ですから
疑問を持ちすぎて試験対策の域を超えてしまうのは
あまりよろしくない・・・
合格してからの楽しみにしておきましょう。



みなさん、こんにちは。
今年の年度末は、いつもの年度末と一味違うと
感じる今日この頃です。

長寿お昼番組が終わり、17年ぶりに消費税率が上がり・・・
時間って、イヤでも流れていくんだな・・・と。

2級・3級問わず、「数字の暗記って必要ですか?」と
聞かれます。

残念ですが、「必要」です。

私は暗記が異常に苦手なので、
覚えたくない気持ちはよく理解できるのですが、
こればっかりは、なんとか暗記してほしいと願います。

それから「計算が苦手なんですが大丈夫でしょうか?」と
聞かれます。

少なからず計算問題は出題されますから、
あまり大丈夫ではないでしょう。

しかし、これは、
過去問題を使って、出題されるパターンに慣れることで
なんとか攻略できると思います。

数字が苦手な方にとっては、かなりの苦痛を伴う
作業だと思いますが、合格目指してなんとか
がんばってほしいと思います。

このように、なんでもかんでも得意な人ばかりが受講生ではないので
暗記や計算に限らず、
科目ごとにも苦手意識を持たれることと思います。

これも、苦手だからといって、まったく手をつけないのは
合格ライン突破したいのならば、賛成できません。

苦手なりにも、少しでも取り組んでほしいと思います。

せめて、苦手科目の出題数の4~5割は得点できるぐらいに
なってほしいと、思います。

とにかく、試験勉強にはいつか必ず終わりがあります。
しかも、その終わりのタイミングは、数か月後です。
しばしの辛抱です。

がんばってください。



26

2014/03

FP試験昔話

0:00:49 | 学習について |

みなさん、こんにちは。
最近、身の回りの荷物を整理していたら
私がFP試験を受験した当時の受験票が出てきました。

そこで、
今回は2級試験の昔話をしたいと思います。

私が初めてFP資格を取得したのはAFPでした。
当時、AFP試験は年2回実施されていましたが、
その後技能士試験も同時に実施されることとなり年3回(5月、9月、1月)試験の
今の体制になったわけです。

そんな中、私は、技能士試験が追加される前の最後のAFP試験の受験生でした。
当時のAFP試験には、実技試験はありませんでしたから、
試験は午後14時から16時まで、四択形式の100問出題されていたのです。
100問ってことは、選択肢ベースで400問ですから
かなりの分量がありますよね・・・(汗)

FPの歴史は、2級テキスト「FP総論」に記載されているので
興味のある方はお読みいただきたいと思います(試験には出ない)が、
その昔、FPの歴史も試験に出題されていました。

それから、不動産には国土利用計画法と農地法は
出題頻度の高いテーマでしたし、
そもそも、出題される科目の順番が
FP基礎(FP総論)→金融→不動産→ライフ・リタイア→保険→タックス→相続
という並びでした。

今とは随分と違います。
(誰が決めた?この順番)

でも、当時もそうでしたが、
出題頻度の低いテーマには、あまり時間をかけない
出題頻度の高いテーマは、確実に得点できるようになる、
という合格必勝行動は今も変わりがありません。

5月試験がだんだん近づいてきましたが
限られた時間を効率よく無駄なく活用してくださいね。



みなさん、こんにちは。
勉強してますか?

やっと春らしくポカポカ(一部、すでに暑いけど)して
気持ちのいい季節になってきました。

私は花粉症ではないので、気持ちのいい毎日ですが、
最近、突然体質が朝型に変わり、午前5時にはパチっと目がさめます。

この10数年、「これでアナタも朝型人間」的な攻略本を
何冊も読んだのに朝型にはなれなかったのに、「急にどうした?自分」
と、不思議に思う今日この頃です(単なる加齢か?)。

さて、長い前置きはこのぐらいにして・・・

本試験問題の解説を作成していて、思うことがあります。
最近、出題テーマのネタ切れ感を感じます。

さすがにFP試験は、技能士が加わる前から数えて
数十年になりますから、そりゃ、そうだよな・・・と思うわけですが
だからって、CFP・1級試験的な問題を出さなくてもいいじゃん(2級試験のこと)
と、思います。

2級・3級試験は、落とす試験ではないはずですから、
知識が身についているかどうか、きちんと理解しているかどうかを
試す試験ですから、そこまで問わなくても・・・と思うのです。
年3回ある試験のどの回を受けても同水準であってほしいなと思います。

とは言っても、やはり、数問は難題である必要もあるでしょうし、
本試験問題を作るって、ハンパなく大変だと思います。

・・・けど、解説を作成しているときは
骨のある問題は楽しいんですがね・・・



12

2014/03

試験当日の焦り

0:00:19 | 学習について |

みなさん、こんにちは。
試験勉強してますかっっっ???

あとから「もう少しちゃんと勉強しておけばよかった」と
ならないように今からしっかり勉強しておきましょうね。

さて、今回は、
私の個人的な思い出なのですが、参考までにブログの記事にしておきます。

これまで、FP資格も含め、資格試験をいくつか受験した際の試験当日のこと。

試験会場に到着すると
当たり前ですが、テキスト片手に試験寸前の追い込みを
している受験生がたくさんいました。

そんな光景を目の当たりにして、
自分以外の受験生がどんな教材で勉強しているのかが
気になって気になって仕方ありませんでした。

また、自分以外の受験生がみんな秀才に見えて、
試験に落ちるのは自分だけ・・・と超ネガティブモードになりました。

ネガティブモードになると、気持ちが焦って
緊張します。

とてもよくないです。

そのとき、自分もバッグにしのばせておいたテキストにとにかく集中して
周りは見ない!!!ということを徹底しました。

自分のテキストに集中することで、
それまで自分のしてきた努力が「試験に受かる」という自信をもたらし、
試験当日の心の安定感につながるわけです。

また、試験開始の号令とともに、一斉に問題用紙を開いて問題を解き始めるのですが
いきなり電卓をたたく音がどこからともなく聞こえてくると
「え?もう電卓使う問題解いてんの???」と
焦るわけです。

こんな風に焦るのもNGで、人によって解く問題の順番は違うわけですから、
最初からいきなり計算問題に取り掛かる人もいて当然なわけです。

また、どういうわけか、最初から計算問題に取り掛かる人って
電卓をたたく音が妙にデカい(電卓使う人がまだ少ない時間帯で会場がまだ静かだからそう感じたのかも)。
そんなに力強く電卓のキー叩かなくてもいいのに・・・と思います。
(要するに、「うるさいなー」と思ったわけです)

で・・・なんでこんなことブログに書いているのか、というと
試験当日は、いろいろなことがあるから
予め心の準備しておくことも合格のポイントだ・・・ということが
言いたいわけです。

試験当日、身についた実力を最大限に発揮するために
必要なことです。

これもリスクマネジメント(?)です。

でも、今こうやって振り返ると
なんて集中力のない受験生だったんだろう、自分・・・と思います。



みなさん、こんにちは。
試験勉強ははかどっていますか?

さて、今回は、先日の3級試験の実技について
簡単にコメントしておきたいと思います。

<きんざい実技~個人資産相談業務~>
いつもより計算問題がやや少ない気がします。
また、設例を見なくても解ける問題が多いのはいつもそうなのですが
今回は特に「設例どうでもいい」問題が少しだけ多い感じがしました。

<協会実技:資産設計提案業務~>
いつもと同じ難易度で、それほど大変な試験ではなかったと思いますが、
バランスシートの作成が、いつもよりすこしヒネリがあって
やや難しかったのではないかと思います。

それ以外はそれほどでも・・・です。

きんざい実技も協会実技も、過去問題の類似問題が多いですから
試験対策の段取りは、
まずテキストに記載されている基本事項をしっかり理解。
 ↓
過去問題を繰り返し解く。
このとき、数字を暗記していく。
 ↓
過去問題の正解率を試験当日までに100%にする。

という流れでよいと思います。

地道な作業になりますが、それが合格への一番の近道です。
がんばってください



みなさん、こんにちは。
今回は先日の3級学科試験について
簡単にコメントしておこうと思います。

いつもどおり、難易度変わらず・・・
いや、いつもよりや少し易しかったような気がします。

3級試験とはいえ、数問は難易度の高い問題が
あるものですが、今回はそれもなく・・・
かなり高い合格率が見込めそうです。

資格試験には必ずつきものの「難易度は毎回一定ではない」という
ことに対して、どう対処したらいいのか?
と、思いますよね。
簡単な回の試験にぶちあたれば「ラッキー♪」と思うし
そうでなければ「絶句・・・(泣)」となりますし・・・

結論からすると「気にしない」ことです。

「そんなこと言われても困る」というツッコミが入りそうですが
言い方を変えればそんなもんいちいち気にしていたらキリがない
ということです。

FP試験は、特に2級・3級は落とす試験ではありません。
ある程度の理解力を試す試験ですから
「ここわかっておいて~」
という箇所をしっかり理解しておけばいいのです。

そして、試験には、理解しておくべき内容=基礎知識が
たくさん出題されます。
それ以外の面倒な問題、難易度の高い問題は、ほんの数問です。
そんなもん正解できなくたって落ちやしません。

大事なのは、そういった受験生かく乱問題を気にしないで
正解しなくてはならない問題を取りこぼすことなく正解できることです。



みなさん、こんにちは。
今年はなんだか例年よりも寒い日が多いような・・・(年のせい?)
今週も大雪か?なんて、身構えてしまいます。
夏は酷暑、冬は極寒、なかなか大変な気候です。

今回は、先日の2級実技試験についてコメントしたいと思います。

全般的に比較的易しい問題が出題されました。
学科試験が難しかっただけに気が抜けます。
特に、「むむっ、これは難しい」という問題はなかったと思います。
それに、受検生に親切な問題が散見されました。

しかしながら、ひっかけ問題は
いつものようにあり、
問題を解く際のポイントは、
出題されているテーマに関するポイント(特徴)を思い出すことです。

そうすることで、ケアレスミスは防げるでしょう。
罠にひっかからないで済むと思います。

また、全問題の半分以上が計算問題ですから、
計算する過程での注意点をしっかり思い出すことも重要です。

計算の過程でもひっかけポイントがあることが多いです。

計算問題の攻略は、
そういったひっかけポイントを事前に察知して
段取りよく計算を進めていくことです。
ひっかけポイントは、出題テーマの特徴でもあります。
そして、これらができるようになるためには
過去問題の反復練習が効果的です。

がんばれ、受検生!!!



みなさん、こんにちは。
先日の大雪の日、大丈夫でしたか?
結局、東京は45年振りの大雪のようでしたが、
私は生まれて初めて雪かきをしました。

さて、今回は、先日の2級学科試験について
簡単ではありますがコメントしておこうと思います。

【ライフプランニングと資金計画】
例年よりも「少し」難しかったような気がします。
というのも、選択肢ベースで、「こんなの知らないっ!!!」と
受講生が泣きそうな問題が数問ありました。
試験の当日、受検生が激しく動揺するような問題でした。

でも、消去法ならば正解は比較的簡単にわかるんですけどね。

【リスク管理】
例年よりも全体的に「やや」難しかったような気がします。
問題の聞き方が意地悪・・・だと感じました。

とは言っても、いつもどおりの定番問題も多くありましたから
定番問題を取りこぼすことなく得点できれば合格ラインはいくでしょう。

【金融資産運用】
NISA口座の問題 ← もう出たか・・・
ローソク足の問題 ← 平成18年1月試験以来だな・・・

が、私の感想です。

CFP試験対策の入門編のような問題が何問かありましたね。

例年よりも「やや」難しいと言えます。

【タックスプランニング】
法人税関係の問題がいつもよりも難しいようでした。
「初出題か?」と思いきや、
選択肢ベースで見ると、かなり大昔に出題された内容と同じです。
でも、通常、過去問題は直近2~3年分しか確認しないでしょうから、
受検生にとっては、「知らない、見たことない」という問題になったわけです。

そんな問題、得点できなくてもいいです。
気にしない、気にしない。

・・・1月試験は、5月・9月試験よりも難易度があがるような気がする・・・

【不動産】
不動産も・・・1月試験の呪縛か?
いつもよりやや難易度が高いような気がしました。
大昔の問題の再来か?とまではいかないけれど、
古い過去問題の類似問題、宅建試験の入門編のような問題など
いつもの「不動産は簡単~」の影はありませんでした。

でも、比較的いつもどおりの簡単な問題のほうが
断然多かったわけですから、
基本事項をしっかり頭に叩き込んだ人は
10問中7問は得点できたと思います。

【相続事業承継】
今回の試験を受けた方は、さぞ、疲れたことと思います。
最後の科目である相続も、例年よりも難易度高く、
受検生の頭の中「???」となる選択肢続出でしたね。

でも、なんとか消去法で正解がわかる問題が
他の科目よりは多く、なんとか合格ラインには届いたのかと思います。

でも、初出題の問題もあり、「1月試験やれやれ(汗)」でした。

全体的に、いつもより難しく、受検生は大変だったと思います。
そういえば、年3回ある試験のうち、
1月試験の難易度があがる年が過去にもありました。

1月試験は要注意ですね。

・・・ということは、次の5月試験は易しいかも・・・



みなさん、こんにちは。
試験勉強すすんでいますか???
最近、ロク○○○などの「香りのあるハンドクリーム」にはまっています。

仕事している時、手にヌリヌリすると
「ほぉ~・・・」とリラックス効果があるような気がします。

試験勉強は、緊張の連続ですから、
勉強しながら何かすこしでもリラックスできるような
工夫をするといいと思います。
(リラックスのし過ぎには注意!)

さて、毎年恒例の確定申告の時期がやってまいりました。
試験にもよく出題されますが、原則として、
所得税の確定申告期限は、翌年の2月16日から3月15日です。

しかし、今年の3月15日は土曜日なので、
平成25年分の所得税の確定申告の期限は、
3月17日(月)です。
(おぉ~いつもより2日間長い!)

こんなことも試験対策にはなると思いますので
知っておくとよいと思います。

次回からは、勝手に恒例にしていますが
先日の本試験についてのコメントをしたいと思います。



大島 浩之

毎週欠かさずチェック!

フォーサイト公式サイトへ
フォーサイトのeラーニング「道場破り」へ

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。