ファイナンシャルプランナースペシャリストによるこっそり裏講義

学習について

みなさん、こんにちは。
やっと少し春めいてきましたが・・・
今年から、どうやら、私、花粉症デビューをしたようです(泣)
ついにきたか・・・という感じです。
泳ぐとき、呼吸困難に!!!
息継ぎがっっっ!!!

さて、5月受検生から
「平成24年度税制改正は勉強しますよね?」とよく聞かれます。

5月本試験は、平成23年10月1日時点での法令に基づく問題が
出題されますから、5月受験生にとっては平成24年度税制改正は
試験範囲にはなりません。
よかったですね♪

しかし、9月受検生にとっては、試験範囲になります。

と、いうことは、不吉な話ですが
5月試験に不合格となった場合、改めて平成24年度税制改正を
勉強しなくてはならないという悲劇が待っています。

5月受検生のみなさん、1発で合格しましょう!!!



みなさん、こんにちは。
私は最近、スイミングにはまっています。
水の中に入ると世界が変わって、いいストレス解消になります。
肩こりに抜群の効果を発揮します。

さて、今回は、日本FP協会実施の先日の3級実技試験について
コメントさせていただきます。

AFPの実技試験の超簡単バージョンという感じで
AFPを受検する人にとっては、いい練習台になると思います。
試験自体は、協会実技が実施されてちょうど1年になり、
過去問題もそれなりに蓄積されつつありますから、協会実技を受検する人が
ますます多くなるような気がします。
それに伴い、異常に高かった合格率もきんざいの実技に近づいていくのでしょうね・・・

さて、内容は、きんざい実技と比較して、とにかく計算問題のオンパレードです。
日本FP協会らしい出題内容です。

これといって、難易度の高い問題はありません。
基本事項ばかりですが、やはり、計算問題の慣れが合格のポイントだと思います。

私個人的には、計算問題が昔から好きなので(理系出身)、このような傾向の試験問題は暗記が少なくて済むのでラクに感じるのですが、数字大嫌いな受検生は、悪夢ですよね・・・

出題内容の傾向は、AFP実技と似た分野が出題されていますから
医療費控除や遺族年金も出題されてもいいかと思います。

まずは、学科試験をしっかり攻略できる力をつけたら
あとは、その知識をもって計算問題に慣れれば、合格ラインは突破できるはずです。

ガンバです!



みなさん、こんにちは。
2月が終わってしまいます。
もう3月です。
あの日から、1年経とうとしています。
改めて、今の自分を分析すると、この1年で大幅にいろいろ変わったな~と思います。

さて、今回は、さて、今回は、先日の3級試験のきんざい実技試験について
コメントしたいと思います。

全体的に難しかったのかな?という第一印象です。
難しいというより、問うている内容が少し細かい。
知っているか、知らないか、が正解するかしないかの分かれ目という問題が
いくつかありました(cf:問3、4、6、10、12)。

したがって、6割の合格ライン突破するのは少し大変だったのかな・・・

こういった問題の場合の攻略法は、
やはり基礎知識の定着です。

知らない問題が出題された場合、その問題は得点源にならないと考えると
得点源になる基礎知識を問う問題を確実に、絶対に得点する必要があります。
この、基礎知識を問う問題を完全攻略することで、6割合格ラインは
突破できると思います。

次回は、協会実技についてコメントします。



みなさん、こんにちは。
先日、久しぶりにスキーに行ってきました。
雪山を大滑走するのは、かなり気持ちいいです。
今年は、パウダースノーなので、エッヂが効き易く、気持ちよく滑れて、
いい、ストレス解消になりました。スキー最高!!!

さて、今回は、先日の3級試験の学科試験について
コメントしたいと思います。

毎回、同じことを書くようで恐縮ですが、
過去問題の類似問題満載の出題でした。
何問か、奇抜な問題がありましたが(例:問題番号10と55)
得点できなくても、合否には影響しない程度の問題数ですから、
怯える必要はありません。

例年と同じレベルの出題内容でした。

合格のポイントは、基本事項の暗記と理解です。
また、学科試験とはいえ、計算問題が何問か出題されていますから、
電卓の使い方をしっかり習得することです。

では、今日はこのへんで・・・



みなさん、こんにちは。
毎日寒いです・・・我が家には床暖房があるんですが
一度、床暖房ライフを経験してしまうと
床暖房のない人生は考えられないような思考回路になります。

さて、今回は、先日の実技試験へのコメントです。

今回の実技試験の解答数は、70問でした。
あいかわらず四択の問題は少ないです。

問題の内容は、過去問題の類似問題が大量発生中ですが、
微妙に内容をひねってあるような問題があり、
問題作成者のひっかけどころに、ひっかからないことが正解のポイントです。

では、ひっかからないコツは???

それは、過去問題を解くときに、解く手順をしっかり把握すること
そして、問題を解く過程のなかで、必ず気をつけなくてはいけない
ポイントがいくつかあるので
それを漏れなく確認しながら、解き進めること、です。

また、各項目ごとの注意点をしっかり把握しているかどうかが
ポイントです。
例えば、問31の問題文に「医療費が総額450000円」と書かれていますが、
この金額は、自己負担した3割の金額ではなく、
全額自己負担した場合の金額です。
このことに気がつかないと、この問題は正解できません。

実技試験の攻略は、計算問題の手順等に慣れることが大切とはいえ
計算手順を暗記するようではダメです。
ひっかけ問題の場合、ひっかかってしまいますからね。
過去問題を解くときの意識の仕方に注意してください。



皆さん、こんにちは。
毎日寒いです。
インフルエンザが流行っているようですから
ご自愛くださいね。

さて、先日の試験について
コメントしたいと思います。

【ライフプランニングと資金計画】
特筆すべき問題はあまりありませんが
在職老齢年金について単問で詳しく出題されましたね。

これからも、このような傾向は
続くような気がします。

【リスク管理】
ライフと同様、特筆すべき問題はなく
いつもの頻出問題の連続なんですが
こども保険について単問で
少し詳しい内容の問題が出題されました。

これからの対策として
これまでの勉強内容プラスαを上乗せして
勉強するとより安心かもしれません。
が、従来の学習内容でも充分合格はできるでしょう。

【金融資産運用】
試験科目6科目の中で一番、世の中の情勢が
反映されやすい科目です。
問題21はそんな出題の意図なのかなと思います。

それ以外の問題はいつもの傾向どおりの
問題でした。

安定感のある科目です。

【タックスプランニング】
前半は恒例の問題がオンパレードで
これだけで10問中6問正解できそうです。

後半の各問中、選択肢ベースで1問
「は?」という内容のものが含まれていました。
でも消去法で正解できるでしょう。

試験当日は、この「は?」の問題に
気持ちを引きずられないことです。
つまり、動揺しないことです。

【不動産】
過去問題の類似問題のオンパレードですから
得点しやすいと思うのですが
苦手意識のある受験生が多い科目ですから
類似問題でも眉間にシワが寄るかもしれません。

【相続・事業承継】
定番問題から奇問まで他の科目とは
違って、少し傾向が掴みにくい感じがあります。
がしかし、やはり、定番問題だけでも確実に得点すると
それだけで6問はゲットできそうです。

またそれかよと思われるかもしれませんが
「基本事項の完璧な理解と暗記」が
最強の最短合格法です。

今回はここまで。
では、次回は実技語ります。



23

2012/01

お疲れ様でした

12:05:53 | 学習について |

みなさん、こんにちは。
本試験を受検された方、本当にお疲れ様でした。

FP試験は、幸か不幸か年3回もあります。
だからラクってわけでもなく、受検する人それぞれ
置かれた環境や状況が異なるわけですから、それなりに受検するのは
大変だと思います。

本当にお疲れ様でした。
いまは、しっかり休んで、受検に協力してくれた
家族や友人に感謝しましょう。

そして、少し落ち着いたらぜひ、自己採点をしてください。
(落ち着いてからじゃなくてもいいけど・・・)
試験が終了するとすぐに、日本FP協会のHPで正解が公表されますから
是非、ご自分の得点を確認してください。

皆さんからのうれしいご報告を
お待ちしております!!!

万一、もしかして、ひょっとしてダメかも・・・(泣)
という方は、もう一度、一緒にがんばりましょう!!!
次はきっと大丈夫!!!



17

2012/01

今週

11:15:43 | 学習について |

みなさん、こんにちは。
毎日、寒いです~。

さて、いよいよ今週末が本試験です。
ここまできたら、もうじたばたせずに
目の前にある教材を信じて、これまでの自分を信じて
平常心で試験にのぞんでください。

試験当日で大切なのは、「平常心」だと思います。
試験では、「見たことのない問題」「まったくわからない問題」が
必ず何問かあるものです。
そんな問題を見た時に、平常心をなくし、取り乱すと
余裕で正解できる問題も、正解できなくなります。

ポイントは、わからない問題などは、ドンドン飛ばして後回しにして
正解できる問題を先に解いて、とにかく確実にゲットすることです。

このとき、飛ばした問題に気を取られないことです。
飛ばした問題は、その瞬間に忘れて、次の問題に集中することです。

みなさん、健闘を祈ります!!!



10

2012/01

試験直前期

17:16:06 | 学習について |

みなさん、こんにちは。
1月の本試験まであと少しです。
さすがにさぞお疲れのことと思います。

が、あと少しですから、最後まで気を抜かずに気合いで
乗り切ってください。
それから、この季節、風邪には要注意です。

これまでの努力が、風邪ごときで無駄になるなんて
アホらしいです。

マスクして、うがいして、ビタミンC摂取して、この時期だからこそ
早寝早起きで、対策しましょう。

でも、試験2週間前ぐらいって、けっこう精神的にツライですよね。
試験まであと少しなのに、でも、まだ2週間もある・・・
という、このなんともいえない矛盾する気持ち。
これが、1週間前だと、緊張感が継続するギリギリの期限なので
そのまま気合いで乗り切れるんですがね・・・
2週間って、けっこう、長い。
最後の最後になって、急に耐えられなくなることはよくあることです。

でも、せっかくですから、もう少し・・・
あともう少し、がんばりましょう。



皆様、新年あけましておめでとうございます。
今年もどうぞ、よろしくお願いいたします。

さて、年明けすると、本試験はすぐに目の前です。
あと数週間で試験です。

お正月気分なんて言っている場合ではありません。
さっさと、気持ち切り替えて試験勉強にはげみましょう。

でも、1月本試験を受検する受講生が、一番キツイですよね。。。
年明けて、気持ちはまだふわふわして、
仕事も、新年会だ、なんだかんだと、ふわふわする感じがしばらく続いて
そんな中で試験勉強しなくちゃいけないわけですから
これは、かなり自分を律しないと大変です。

自己管理、非常に大切です。



大島 浩之

毎週欠かさずチェック!

フォーサイト公式サイトへ
フォーサイトのeラーニング「道場破り」へ

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。