行政書士のスペシャリストによるこっそり裏講義

みなさん、こんにちは。フォーサイト専任講師の福澤です。

季節の変わり目で、風邪など引いていませんか?
私は、先日、インフルエンザの予防接種をしてきました。
備えあれば憂いなしですよ。

今回は、行政書士会の活動のお話です。

行政書士会は、公的な士業の団体として、
地域の自治体などとも協力して活動しています。
地域によって、その活動には種類がありますが、
私の所属している支部では、各市の市役所で無料相談を行っています。
これは、市役所のサービスの一環を、行政書士会が担っている形になります。
私も、何度も相談員として参加しています。
ご相談者の中には、色々な悩みを抱えた方がいらっしゃいますが、
市民相談で多いのは、相続や遺言、成年後見などに関する相談です。
やはり、高齢化が進んでいるのか、
認知症や死後の法務に関するご相談が、非常に多いという印象です。

なかでも、最近は、後見制度に関する事例が多くなっています。
通常の後見制度の利用に関するご相談も多いですが、
中には、相続の相談だと思って伺っていると、
推定相続人の一人が認知症となっているようなケースも多いです。
今後も、このような相談は増え続けるのだろうと感じています。
高齢化社会というのは、まだまだこれからなのだと実感させられる仕事です。

11月になり、めっきり寒い日が増えました。
体調管理に気をつけて、元気に勉強しましょうね!



福澤繁樹

毎週欠かさずチェック!

フォーサイト公式サイトへ
フォーサイトのeラーニング「道場破り」へ

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。