行政書士のスペシャリストによるこっそり裏講義

学習について

受験生の皆さんからの多い質問に、
動機の錯誤に関するものがありますので、
この動機の錯誤について、一度、このブログでも整理します。

まず、そもそも動機の錯誤の場合は、
これが95条の錯誤に含まれるかどうかが議論されています。

この点について、判例は、動機が明示又は黙示に表示されれば、
動機も意思表示の内容となり、
動機に関する錯誤であっても95条の錯誤と扱うことができると考えています
(最判昭2.12.19)。

このあたりまでの理解は、多くの方は大丈夫だと思います。

難しいと感じるのは、判例の具体例として紹介している、
連帯保証人に関する動機の錯誤の理解のようです(最判昭32.12.19)。

すなわち、事案としては、甲乙間で、乙を債務者とする金銭消費貸借契約が締結された際に、
乙から連帯保証人になることを依頼されたAが、その依頼の際に「Bも連帯保証人になるから」
と言われていたところ、そのことを信じたAは連帯保証人になったが、
実際にはBが連帯保証人となった事実はなかったというものです。

この事案に対して、判例は、連帯保証契約において、
他に連帯保証人があるかないかについては、いわゆる動機の錯誤にすぎないので、
(通常は保証契約の内容となるものではないので)
原則として保証契約を錯誤無効主張することはできないと判示しています。

この判例の論理は、まず、「他に連帯保証人があるかどうか」は、
連帯保証契約を締結するかどうかの「考慮事由=理由」にすぎず、
その連帯保証契約の内容となるものではない。

従って、「他に連帯保証人がいたと思った」というのは
「動機の錯誤」である、とします。

そして、もし仮に、「他に連帯保証人がある」ということが、
その連帯保証契約の契約内容となっていれば、動機の錯誤も95条の錯誤になりますが、
そうでない場合には、最初にご紹介した判例の原則どおり、
錯誤無効主張はできないということになります。

今回は、ここまでです。
それでは、みなさん勉強がんばってくださいね!



行政書士試験研究センターから、平成26年の試験の概要が発表されました。
以下です。必ず、ご自身でもセンターのHPを確認して下さい。

詳細は行政書士試験研究センターの↓
「平成26年度行政書士試験実施スケジュールについて(予定)」
をご覧ください。

一応、受験申込受付開始と締切は、センターのHPにありますので、
必ずご自身で確認して下さい。弊社では一切責任は負いません。

毎年、願書を出すのを忘れたという受験生の方がいますので、くれぐれもご注意下さい。

今年の試験は、25年の試験結果を受けて難化するのか、
それともこの傾向は続くのかはわかりませんが、受験生の皆さんには精進あるのみです。

頑張って勉強していきましょう!



16

2014/05

そろそろ

0:00:14 | 学習について |

みなさん、こんにちは。
勉強の調子はいかがですか。

もしかして、そろそろ停滞期を迎えているという方はいませんか?

5月の連休明けで、少し暑くなり始めたころですし、
新年度、新学期、新生活などが一段落して、いよいよ本格的に諸々が始動する時期です。
この時期に、資格試験の学習が停滞期に入る方が、意外に多いです。

今回は、この停滞期に入ったという方にアドバイスです。
(もちろん、そうではないという方は、気にしないで大丈夫です)

ただ、あくまでも私個人の処方箋なので、悪しからず御了承下さい。

まず、確認するべきことは、「停滞期は誰にでもやってくる普通のことだ」ということです。
従って、停滞期にある自分を、あまり責めないことが大切です。

あまり自分を責めてしまうと、逆に勉強が嫌いになってしまう可能性があります。
ちなみに、私は「まあ、仕方がない・・・そのうちまた頑張るだろう」と適当に受け流します。

次に、気分転換は悪いことではないということを確認して下さい。
あまり気が乗らないままに机に向かったり、気がのらないので机には向かっていないけど、

そうかと言って遊びに出かけるわけでなく、
一人で悶々としているというのは、非常に罪悪感が高い割には
ストレス解消にもならないので、非効率的だと思います。

従って、そんなときは、思い切って自由時間を楽しんだ方が得策です。
私は、明日頑張ろうと決めて、その日はオフにしたりします。

停滞期の乗り切り方は、人それぞれですが、
声を大にして言いたいのは、「停滞期は誰にでもやってくる」ということです。

あまり気にしないことも技術の1つだと思います。



02

2014/05

GWの勉強

0:00:37 | 学習について |

みなさん、こんにちは。

今年のGWは、飛び石になっていますね。
それでも、まとまって休みを取れるという方もいらっしゃると思います。

このような4連休などのような場合、うかうかしていると、直ぐに時間が過ぎてしまいがちです。
やはり、ここはきちんとしたスケジュールを立てることが有効だと思います。

私は、連休の最後だけお休みしますが、そこまでは仕事です。
事務所は対外的にはお休みですので、普段よりも電話などが少ないはずです。
でも、油断すると時間を無駄にしがちですので、
やることをリストアップして、規則正しい生活を心がけるように決めています。

いずれにしても、まとまった時間が取れる方は、このチャンスを有効に使って下さいね!

それでは、良いGWをお過ごしください。



色々なノウハウ本が出ています。
私も仕事柄毎月たくさんの本を購入して読みます。
おかげで毎月のクレジットカードの明細には、アマゾンがならんでいます(笑)

もちろん本屋さんにも、よく行きます。
ネットだと「出会いもの」が少ないので、本屋さんも活用します。

とにかく毎月の大量の本を購入しています、そのなかで、一定の割合で、
勉強法や時間管理についてのノウハウ本も買います。

このノウハウ本ですが、買って読むと、読むだけでも、
何かが出来たような、何かを成し遂げたような気分になります。
もちろん、「気分」だけで、実際には、何も変わっていません…(笑)

こういう「お得感」は大好きですが、本に支払った対価も考えると、
気分だけではなく、実際にも、勉強が上手になったり、
時間の作り方や使い方が上手になると、もっと良いと思います。

そこで私は、「形作る」ことと「継続する」ということを心掛けています。

形作るとは、要するに実践することです。
本で知ったことを実際にやってみるのです。

これを「あたりまえ」と思った方は、できる方ですね。
意外に多くの方が、「わかっている。知っている。」と言いながら、
現実には実践できていないのではないでしょうか。

それから、次に継続です。これは、字句の通り、実践したことを継続することです。
本に書いてあることを、実践してはみたもののすぐに止めてしまうというのは、非常にありがちです。

新しくとり入れたものは、自分に馴染んで上手になるまでには時間がかかります。
その意味では、少しだけ試して「だめだ」と判断するのは、少し早計だと思います。

まずは、第一歩を踏み出して、そして継続する。

このことを忘れないで、頑張って行きたいと思っています。



行政書士会の設立した一般社団法人コスモス成年後見サポートセンターの研修会が開催されました。

私も会員の一人ですので、4日間にわたって実施される全4回の研修会を受講します。

ご存知の方も多いとは思いますが、成年後見制度は、平成12年にスタートしてから、
すでに14年が経過しました。この間、全く法改正がなされずに来ました。

実務上の色々な場面において、この制度の現在の問題点を感じることがあります。
やはり、そろそろ法改正の必要があるのではないかと感じます。

また、今回の研修講師の話を伺いながら、深刻な日本の高齢化問題についても考えさせられました。
それと同時に別の問題でありながら、非常に深く関係する少子化問題についても考えさせられ、
これからの日本社会が迎えるであろう困難を思わずにはいられませんでした。

やはり、自分の身を守るためにも、きちんとした知識が必要だと痛感した次第です。

研修はまだまだ続きますので、しっかりと学習したいと思います。



17

2014/04

連帯債務の成立

0:00:07 | 学習について |

今回は、連帯債務の成立についてお話します。
意外に、この点についての質問が多いと感じますので、改めてお話します。

そもそも、連帯債務とは、複数の債務者が、同一内容の給付につき、
各自独立して全部給付すべき債務を負い、
そのうちの1人または数人が全部の給付をすれば総債務者の債務が
消滅するという多数当事者の債務をいいます。

例えば、ABCの3人が共同で、Dから300万円の融資を受け、
その際、その債務を連帯債務とすると契約したような場合が典型例です。

この場合、連帯債務者ABCは各自が独立して300万円全額の弁済義務を負い、
債権者Dは連帯債務者ABCに対して同時または順次に
全部または一部の履行を請求することが可能です。

そして、連帯債務者のうちの誰か(1人でも複数でもよい)が
全部の履行をすれば他の連帯債務者の債務もすべて消滅します。

このような連帯債務の成立については、
まず、当然に、連帯債務者となる者全員と債権者との1つの契約によって
連帯債務を成立させることが可能です。

次に、連帯債務は、各連帯債務者と債権者との、
それぞれの個別の契約によって成立させることもできます。
この点が、抜けやすい部分です。

例えば、まずAB間で貸金債権債務関係を成立させ、
そののちに、AとCの間で貸金債権債務契約を締結します。
そして、BCとAでBCの貸金債務を連帯債務とする合意をすることでも連帯債務は成立します。

このように、連帯債務の間にも、成立時期に差異があるので、
各債務の消滅時効の起算点が異なる場合もありえるのです。



10

2014/04

法律系の雑誌

0:00:02 | 学習について |

仕事柄、法律系の雑誌を毎月数種類、購読しています。

このような雑誌には、時事的な話題や判例の紹介などもありますし、
試験情報についても掲載されていますので、
自分達の情報に漏れがないかどうかなどをチェックしています。

昔は行政書士試験に関する試験情報誌などは、
ほとんどありませんでしたが、最近では色々とでています。
それだけ、この10何年で行政書士試験への注目度が上がったということだと思います。

ただ、受験者数は、ここ数年は減少傾向にあります。
その意味では、行政書士試験も今が正念場なのかもしれません。

ただ、一説には、景気の上向きの予感とか、受験生の質が上がり、
それだけ問題が難化したので、気軽に受験する人が減ったのではないか、
ということも言われます。

私も、近年の行政書士の試験傾向と、受験する皆さんを見ていると、
問題の難化と気軽に受験する人が減ったという説には、一理があると思います。

みなさんは、どう思いますか?



27

2014/03

月刊 日本行政

0:00:47 | 学習について |

みなさんは、日本行政書士会連合会が発行している
「日本行政」という会報誌を手にとったことはありますか?

これは、行政書士に毎月送られてくる会報誌です。

会報誌なのに、どうして一般の方にもPDFで開放しているのか謎ですが、
日本行政書士会連合会のHPからPDFで入手できます。

ちなみに、2014年3月号の内容は・・・

○平成26年 新年賀詞交歓会を開催
○寄稿「行政手続のオンライン利用の改善と士業者の活用」
○業務研究シリーズ風適法② パチンコ営業許可申請と行政書士の関わり
○土地関係業務について職域の確立を進めるために
○特集 成年後見制度について

などです。

内容は、行政書士試験には全く関係ないですが、
勉強に疲れた時などに、暇つぶしに覗いてみてはいかがでしょうか?



20

2014/03

ポジティブ

0:00:47 | 学習について |

今回は、ポジティブについて考えてみたいと思います。

良く言われる話ですが、ポジティブな言葉を使う方が
良い結果が出るという意見もありますし、
ポジティブな言葉には、特別な意味はないという意見もあります。

皆さんは、どちらだと思いますか?

私は、自分ならきっとできると信じることは、
自己暗示の意味も含めて効果があると思います。

その意味で、ポジティブな言葉を使うことには、
きっと良い効果があるのではないかと思います。

例えば、試験勉強のときにも、「自分はできる!」と思って頑張るのと、
「だめかもしれない」と思って勉強するのでは、継続性が違うかもしれません。

また、模試などで悪い点数をとったときも、
ポジティブに、「本番じゃなくて良かった。弱点が見つかって良かった。」という様に考えて、
気合を入れ直して再び学習に戻るのと、

「やっぱりダメだ、このままでは、本番でも失敗する。」
と思って勉強が手に着かなくなるのでは、その後の伸びが違うように思います。

もちろん、いくらポジティブでも勉強しなければ絶対に成功できないと思います。

この場合は、同じように学習時間を確保しているなら、
物事を前向きに捉えるほうが良い結果が出やすいのではないかということです。

学習に対して、積極的であること、諦めないこと、
出来なくても腐らないで前進すること、面倒に感じても成功を信じてやるべきことをやること。

私自身は、このような意味でポジティブでありたいと思っています。



20 / 32« 先頭...10...1819202122...30...最後 »

福澤繁樹

毎週欠かさずチェック!

フォーサイト公式サイトへ
フォーサイトのeラーニング「道場破り」へ

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。