行政書士のスペシャリストによるこっそり裏講義

学習について

09

2011/06

神奈川県への申請

11:57:41 | 学習について |

今日は、神奈川県に産業廃棄物収集運搬業の新規申請に行きます。
場所は平塚駅になります。
私の事務所がある千葉県船橋市からは、結構な距離があります。
(ちょっとした小旅行ですね)

私たち行政書士の仕事は、比較的近場が多いので、
出張ではないですが、遠出は何だか楽しみでもあります。

帰りにお土産を買ってこようかなぁ~などとも思ってしまいます。

浮かれていないで、申請の確認をします。

それでは。



28

2011/04

建設業許可と産廃

17:23:39 | 学習について |

建設業許可の要件で、まず問題となるのが経営管理者です。
分かりやすく言うと、会社経営の経験が必要です。

しかし、設立したばかりの会社だと、なかなかこの要件が満たせません。

やる気はあるし、例えば技術等の面でもOKでも、
経営経験がないということで許可がもらえません。

一方で合理的な制度のような気もしますし、
他方で、今の時代にはそぐわないような気もします。

いずれにしても、今現在の制度では、
会社を設立して、仕事をしようと思っても、
一つの壁が立ちはだかっているということですね。

それはそうと、産廃の収集運搬の新規申請が、ありがたいことに
5か所まとまってきました。

5か所もあるとボリュームもすごいのですが、
産廃の収集運搬は自治体ごとに
少しづつ様式や求める情報や書類が異なります。
これが非常に曲者なのです。

間違わないようにきちんと整理して行わないと、
A自治体ではOKだったのに、B自治体では駄目と言われた・・。
なんてことになりかねません。

例えば、東京都だけは何故か法人の印鑑証明書を要求するのに、
千葉県とかは要求しないとか・・・。

さて、頑張ります。



22

2011/04

定額小為替

17:15:24 | 学習について |

相続手続をおこなう際には、被相続人や相続人の戸籍を収集します。
また、住民票なども収集する場合も多々あります。

その際に、郵送請求などで活用するのが郵便局で販売している
定額小為替というものです。

この定額小為替がとても変な制度なのです(笑)。

そもそも、額面に関係なく、発行してもらうのに100円かかるのです。
例えば、50円の小為替を発行してもらうのにも100円の手数料が必要なのです。
以前は、一枚につき10円でした。値上がりしたのです。

だから、戸籍などの発行手数料が現在のものを取得するのに450円。
送料が80円×2で160円。小為替が100円。
本来は450円+160円ですむものを、プラス100円されるのです。

たかが100円と思うでしょうが、これが通数が増えると馬鹿になりません。

市役所なども小為替だけでなく、切手などの他の方法も
考える時期に来ているのではないでしょうか?
切手なら、コンビニや自動販売機もあるのに。

どうにかなりませんかね。



18

2011/04

今日の仕事

13:15:24 | 学習について |

今日は、船橋市の無料相談でした。
船橋市役所で、もうかなり前から行政書士会が無料で
市民の方向けの相談会を実施しています。
私も、開業当初から相談員として参加しています。

相談の多くは、相続などです。

地道な活動ですが、相談して頂いた市民の方に
「ありがとうございました」と言っていただけると
やっていてよかったな~としみじみ思います。
今後とも、ぜひ続けていきたい仕事の一つです。

ちなみに午前中は、会社設立の電子定款を作成していました。
会社の設立には、定款の認証というステップが必要となりますが、
この認証には、従来は公証役場で、公証人の手数料5万円、
印紙税が4万円という費用が必要でした。

しかし、電子定款が導入されたことで、
印紙税の4万円が不要となり、5万円と謄本作成の実費2千円程度で
定款認証が可能になりました。

当事務所でも既に電子定款に対応していますので、
依頼者には印紙税の分だけ負担が軽くなっています。

今日も、お仕事です(笑)。



みなさん。こんにちは。

地震の影響はいかがですか?
今回の地震や諸々の事故によって被害を受けた
全ての皆さまに衷心よりお見舞いを申し上げます。

私も、身近にできることをしています。
事務所や自宅でも節電をして、
できるだけ無駄な電気は使わないようにしています。

こんなときなので、受験勉強を考えにくいかもしれません。

でも、こんなときだからこそ、将来のために何かをする機会かもしれません。

桜咲く4月は、新生活のスタートの季節です。

ぜひ、力強い一歩を踏み出して下さい。

私たちは、皆さんを全力で応援します。



まあ、民主党政権だけの問題ではないのでしょうけど、
政権交代により、成立目前だった改正行政不服審査法が
店晒しのまま動きません。

その一方で、年金改革や税制改革、さらには福祉制度の変更など、
自民党時代の路線を変えるために(変えると言うこと自体が目的かのように)、
次々と社会制度が変更されています。

ここで、政治的な意見を書くつもりはないのですが、
このような変更は、行政書士試験にも影響を及ぼします。

実は改正行政不服審査法は、既に何年もの間、行政書士試験関係者には
懸案として注視されています。
また、社会制度の変更については、一般知識の分野での出題が考えられます。

社会の動きが試験内容に影響を及ぼしやすい行政書士試験なので、
こんなところにも政権交代の影響がでています(笑)。



18

2011/02

合格後の登録

11:22:32 | 学習について |

先日の試験の発表を受けて、行政書士会には
新人さんが続々と入会してきています。

色々な年齢で、色々な前歴をお持ちの方がいらっしゃいますので、
非常に面白いです。

また、新人さんといえども、これから仕事をしていくわけですから、
やはり気迫があります。

うかうかしていると、10年目の私も負けそうです(笑)。

最近の傾向としては、比較的若い方が増えたという点と、
女性が増えているという感じがします。

やはりドラマの影響もあるのでしょうが、
それよりも、会社員いることが難しいというような社会情勢で、
独立自営で起業という部分が魅力的なのかもしれません。

みなさんは、合格後はどうしますか?



10

2011/02

花粉症

17:22:32 | 学習について |

今年も来ました、花粉症。

言わずと知れた花粉症。

涙目、鼻水、花粉症。

・・・思わず韻を踏んでしまいました。

今日、医者に行ってきました。
薬も貰ってきました。

昨日から、既に鼻水が出て喉が痛くなっています。

この季節は、なんとなくぼーっとしてしまいます。

しかし、合格発表も終わり、合格者は次のステップに上がり、
残念だった方は、来年に向けて再スタートを切らなければなりません。

私も、昨年の試験分析と今年の傾向と対策の研究を頑張ります!



01

2011/02

PDF整理術

16:32:07 | 学習について |

今日は、事務所で書類整理です。

不要になった書類は、スキャナでPDFにして、
パソコンに保存していきます。

名刺や請求書や各種の案内文書、それに書士会の会報なども
どんどんPDFにしてパソコンに保存しています。
ちなみに、書籍もPDFにしてパソコンに入れています。
もちろん、小説とかではなく業務用の参考図書です。

紙ベースで残しているのは、基本的には申請書類や
お客さんに関連する書類です。

このようにして管理しないと、紙が溜まってしまって
保管スペースがいくらあっても足りないことになるのです。
色々な資料をきちんと保管しておかないと、
あとで必要な時に困るのは自分ですからね。

書類整理をきちんとしておくと、次に似たような仕事が来たときに
割と早くに対応できて、本当に便利なのです。

皆さんは、どんな整理術をお持ちですか?



24

2011/01

合格発表

17:18:26 | 学習について |

平成23年1月24日、平成22年度の行政書士試験の合格発表がありました。
試験の結果としては、受験者70,586人、合格者4,662人、合格率6.60%となりました。

ちなみに、平成20年度試験の結果は、受験者63,907人、合格者4,133人、合格率6.47%、
平成21年は、受験者67,348人、合格者6,095人、合格率9.05%ですから、
去年よりは難しいものの、平年並みと言える合格率だと思います。

まずは、厳しい試験を突破して合格された方は、本当におめでとうございます。
昨今の行政書士試験は、とても難しい試験となりました。
その難関を突破されたのですから、素直に誇っても良いと思います。

次に、不合格となった方、残念でした。
まずは、一生懸命頑張った結果ですので、しっかりと受け止めてあげて下さい。
その上で、新しく頑張る気持になったら、敗因分析をして下さい。
勉強不足というような抽象的な分析ではなく、より具体的に分析することが大切だと思います。
自分が勉強をしなかった理由や環境についても、割と細かく精密に検証して下さい。

次の試験まで、既に残り時間は1年を切っています。

「やる」と決めた方は、前だけを見て一緒に頑張っていきましょう。



30 / 32« 先頭...1020...2829303132

福澤繁樹

毎週欠かさずチェック!

フォーサイト公式サイトへ
フォーサイトのeラーニング「道場破り」へ

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。