行政書士のスペシャリストによるこっそり裏講義

学習について

みなさん、こんにちは。
フォーサイト専任講師の福澤です。

学習の進み具合はいかがですか?
順調な方は、その調子で!
いまひとつ・・・という方は、そろそろ本腰を入れていきましょうね。

今回は、行政書士業務へのマイナンバー法の影響について、お話してみたいと思います。

ご存知の通り、マイナンバー法が施行されて、個人番号と法人番号がそれぞれ振られました。

このことで、本来は、手続などが簡素化されると思っていたのですが、
逆に、大方のケースで、書類が増えるというパターンでした。
(もちろん、簡素化されたものもあります)

詳しくは述べることができませんが、ある役所では、法人番号について、当該法人の番号の証明書として、行政書士が窓口でスマホの画面で見せればよいというような手続を定めるというケースもあります。

また、住民票の取得の際にも、個人番号の記載がある・なしの区別ができて、
気を付けないと、添付書類に使えない住民票になってしまう可能性もあります。
お客様に、住民票を取得していただく場合には、その区別について、念を入れて説明しないといけません。

以上、個人的には、あまり恩恵のないという結論です(笑)。



みなさん、こんにちは。
フォーサイト専任講師の福澤です。

学習の進み具合はいかがですか?
順調な方は、その調子で!
いまひとつ・・・という方は、そろそろ本腰を入れていきましょうね。

今回は、タイトルにもありますが、問題演習で知識を定着させるというテーマです。

問題演習は、一般的には、自分の理解度をはかるために実施するものと思われています。
もちろん、そういう側面もありますが、問題演習には、学習した知識を定着させるという役割もあります。
物を覚えるときには、ただ文章をそのまま読んで覚えるよりも、例えば一問一答形式で覚えた方が記憶に残りやすいものです。
また、一問一答で間違えた場合には、「間違えた!」という感情とともに、その知識も鮮明に記憶に残りやすいものです。

みなさんも、早いうちから、ぜひテキストのチェックテストや道場破りの確認テストを利用して、知識の定着を図って下さいね。

それでは、今回はこのへんで。



みなさん、こんにちは。
フォーサイト専任講師の福澤です。

学習の進み具合はいかがですか?
順調な方は、その調子で!
いまひとつ・・・という方は、そろそろ本腰を入れていきましょう!

今回は、先日行われた平成28年度の合格者インタビューのお話です。

毎年、合格者インタビューを行っていますが、
いつも思うことは、「合格者の方は、本当に真面目に何度も繰り返してテキストや過去問集を学習しているな。」ということです。

当然ですが、ある知識を覚えるためには、何度も繰り返す必要があります。
しかし、実際には、何度も繰り返すことは、非常に面倒くさい作業だと思います。
この面倒くさい作業を、合格者の方は、きちんと行っています。

また、講師としては嬉しい限りですが、多くの合格者の方が「初学者なのですが、本当にフォーサイトの教材だけしか勉強しませんでした。フォーサイトの教材だけで、充分に合格できました。私が、その証拠です。」と仰ってくださいます。

「教材を絞って、その教材を何度も繰り返すこと。」

これが、合格の秘訣だと実感した合格者インタビューでした。



22

2017/02

暗記

10:00:00 | 学習について |

みなさん、こんにちは。
フォーサイト専任講師の福澤です。

学習の進み具合はいかがですか?

今回は、暗記についてです。

みなさん、暗記の時間を作っていますか?
もしかしたら、講義を進めるのが精いっぱいで、
暗記の時間まで取れないと思っている方がいらっしゃるかもしれません。

でも、合格のためには、暗記が不可欠です。

試験では、条文内容の数字の部分を問われたりします。
例えば、平成13年の憲法の問題では、「日本国憲法が定める憲法改正手続についての次の記述のうち、正しいものはどれか。」という問題で、「憲法の改正は国会が発議するが、そのためには、各議院の総議員の3分の2以上の賛成が必要とされる。」という条文知識が、そのまま出題されています。

また、数字にとどまらず、条文で定められている内容について、
暗記力が試されます。

効率的な暗記方法は、人それぞれですが、
ポイントは、暗記の時間を作ることだと思います。

寝る前の10分などに、暗記の時間を設定して、
翌朝起きて、覚えているかどうか検証するというもお勧めです。

ぜひ、試してみてください。



15

2017/02

スピード

10:00:31 | 学習について |

みなさん、こんにちは。
フォーサイト専任講師の福澤です。

学習の進み具合はいかがですか?

今回は、学習スピードのお話です。

色々なところでも書いていますし、講義でもお話していますが、
学習は繰り返して行うことで、身に付きます。

繰り返し行うということは、当然ですが、その分の時間が必要です。
テキスト・問題集を1回実施するのが、〇〇時間(人によって異なります)。
そうだとすると、2回なら〇〇時間×2となります。
もちろん、3回なら〇〇時間×3、4回なら〇〇時間×4です。

実際には、回数を重ねると、どんどん速くなりますが、
それにしても繰り返して学習するということは、時間がかかります。

だから、1回のスピードを上げることが、とても大切です。
民法を1回実施するのに何か月もかかってしまうと、後が大変です。
できる限りスピードを上げて、学習をして下さい。
1回で理解しようと思わなくても良いです。

繰り返して学習することを前提にして、どんどん進んでいきましょう。

資格試験は、スピードが命です。



みなさん、こんにちは。
フォーサイト専任講師の福澤です。

学習の進み具合はいかがですか?

今回は、試験には直接関係ありませんが、
相続に関する大きなニュースがありましたので、ご紹介します。

最高裁は、最大決平成28年12月19日において、
これまでの判例を変更し、「預貯金は遺産分割の対象となる」とする判断を示しました。

従前の判例では、相続預金は可分債権とされ、各相続人に当然分割されて帰属すると解されてきました。

今回の事例は、複数の相続人のうち一部が生前贈与などを受けていたケースでした。このケースで、預貯金が各相続人に均等に分配されるのは不公平であると主張され、その主張が認められたものです。

相続実務では、実質的にはこのような運用をしていた部分もあります。
今回の判例は、このような実務の流れに応じたものと言えるでしょう。

なお、今回の判例変更では、相続人全員の同意がなければ預貯金の払い戻しができないと解することになります。
このデメリットについては、立法的な解決が望まれるところです。

今回はこの辺で。



みなさん、こんにちは。
フォーサイト専任講師の福澤です。

学習の進み具合はいかがですか?
順調な方は、その調子で!
いまひとつ・・・という方は、挽回していきましょう。

先日、平成28年度の行政書士試験の合格発表がありました。
合格発表については、動画もUPしていますのでそちらもご覧ください。

合格率は、9.95%ということで、例年並みでした。

いずれにしても、合格もしくは不合格という結果が、
みなさん、それぞれに出ました。

したがって、必然的に「次はどうするか?」という問題になります。

合格された方は、直ぐに次の道が見えてくると思います。

一方、不合格の方は、もう一度やるか、それとも諦めるかです。
どちらの道も、とても厳しいです。

ぜひ、慎重に。
でも、なるべく早く決断した方が良いと思います。

頑張って下さいね。衷心より応援しています。



25

2017/01

自由の女神

12:46:54 | 学習について |

みなさん、こんにちは。
フォーサイト専任講師の福澤です。

学習の進み具合はいかがですか?
順調な方は、その調子で!
いまひとつ・・・という方は、そろそろ本腰を入れていきましょうね。

早速ですが、アメリカのトランプ大統領が、イスラム教徒が国民の多数を占める7か国の市民の米国入国を一時停止したそうです。

そのニュースを報じる報道番組で、自由の女神に記されている詩について述べていました。

詳しい内容は、各々で調べてもらうとして、大意としては、
ヨーロッパからの移民を受け入れるという意味らしいです。

また、先般、イギリスでもEUからの離脱が決まりました。
(そういえば、イギリスがEUを離脱するかどうかという選挙の時も、
トランプ大統領の選挙と同じように、「まさか・・・」と
驚かれていましたね)

そのイギリスとアメリカが、最初に首脳会談で意気投合して見せました。

もちろん、ご存知の通り、アメリカはイギリスから独立した国です。

ちなみん、自由の女神は、アメリカ合衆国の独立記念日である「1776年7月4日」とローマ数字で刻印された銘板を持っているそうです。

何か、歴史の転換点のようなものを感じている今日この頃です。

今回は、この辺で。



18

2017/01

TPP

12:45:33 | 学習について |

みなさん、こんにちは。
フォーサイト専任講師の福澤です。

学習の進み具合はいかがですか?
順調な方は、その調子でいきましょう!

既にご存知のこととは思いますが、アメリカのトランプ大統領がTPPから離脱するという大統領令を発しました。
(しかし、就任直後から、猛烈なスピードで様々な大統領令を発していますね)

一般知識のテキストでも言及していますが、TPPが発効するためには、加盟12か国のGDP=国内総生産の85%以上を占める少なくとも6か国以上が国内手続きを終える必要があります。

このうち、アメリカが全体のGDPのおよそ60%を占めるため、トランプ新政権がTPPからの離脱を決定したことで、発効のめどが立たなくなりました。

日本としては、この後はアメリカとの二国間交渉に移っていくようです。

いずれにしても、一般知識分野におけるポイントですね。

確認しておきましょう。



11

2017/01

新年賀詞交換会

7:41:36 | 学習について |

みなさん、こんにちは。
フォーサイト専任講師の福澤です。

学習の進み具合はいかがですか?
寒い毎日が続いていますが、風邪を引かないように頑張っていきましょう。

新年が明けて、行政書士会では、いたるところで新年賀詞交換会が開催されています。
新年のごあいさつ回りもありますが、関係各所のパーティーも多く、
もし、全部行くというような無謀な決断をした場合には、ほとんど家にいない生活になります。
でも、知事や市長、議員のみなさんは、まさにそのような生活を送っています。
傍で見ていても、大変だろうな~と心から思います。

年末から、忘年会・餅つき・新年会・節分と、めでたいことがあればあるほど、あいさつ回りが忙しくなると思います。
関係者各位の、健康とご多幸を祈念せずには、いられない感じです(文語と口語が入り混じりました)。

私も、ご多分に漏れず、今年も何箇所も回ります。
ちなみに、2月に入っても「新年賀詞交歓会」が開催されるのも、もう慣れました。

地域性なのか、業界の慣習なのか。
メール、SNS、ネット通話などは、用がありません。
あいさつと名刺が飛び交う、昔ながらの世界です。

まあ、嫌いではありませんが(笑)。

今回は、この辺で。



福澤繁樹

毎週欠かさずチェック!

フォーサイト公式サイトへ
フォーサイトのeラーニング「道場破り」へ

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。