ITパスポートのスペシャリストによるこっそり裏講義

皆さん、こんにちは!
ITパスポート講座担当の小野です。
今日もがんばっていきましょう!

先日、旅行に行ったときに、ITすげぇぇぇぇぇ!と感じることがありました。
夏頃のブログでスマホで何でもできちゃうすごい時代ですね、といった記事を書きましたが、
もっとすごかったんです。単に私が時代について行っていないだけという話でもあります(^^;)

以前は旅行会社に行き、そこで航空チケット、ホテル、レンタカーなどの手配をしてもらっていましたよね。
そこでかなりの枚数の紙(チケット、宿泊票、旅程表などなど)をもらって帰ってきて、
実際に旅行が始まると、空港では飛行機のチケットを出して搭乗手続きを行い、
ホテルの窓口では宿泊表を出してチェックインし、・・・とやっていましたよね。

しかし、先日行った旅行ではそんな作業は必要なく、本当に驚きました。
まずは、旅行の手配。結構前から、航空機のチケット・ホテルを予約できるのは知っていましたが、座席まで指定できるなんてちょっと驚きです。
その予約サイトから航空会社の予約システムに直接つながって、航空会社のシステム上で座席指定できちゃうんです。
そして、マイレージ番号を入力すると搭乗手続きすら必要なく、直接保安検査場に行き、
スマホのマイレージアプリ(マイレージカード)でピッで搭乗できちゃいます。
つまり、紙は一切ありません。マイルも自動で登録されているのはいうまでもありません。

旅行先の空港でレンタカーを借りるときも、ホテルでチェックインするときも名前をいうだけです。
念のため、予約時にPDFで交付される旅程表を持参してくださいと予約サイトから言われますが、
それすら見せる必要もありません。つまり、ここでも紙は一切ありません。

PCの前ですべての手配が終わり、交通機関・宿泊施設では紙を使わず、搭乗手続きもIT機器で完了。
いやぁ、本当に驚きました。

ITパスポートの講師でありながら、知識としては知っていながら、体験してみると本当に驚きです。



小野正芳

毎週欠かさずチェック!

フォーサイト公式サイトへ
フォーサイトのeラーニング「道場破り」へ

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。