社会保険労務士・社労士スペシャリストによるこっそり裏講義

皆さん、こんにちは。
フォーサイト専任講師の加藤です。

勉強は、順調に進んでいますか。

さて、今回は改正に関する話です。
徴収法に規定している雇用保険率についてです。
雇用保険率には弾力的変更の規定があるので、毎年のように見直しが行われます。
変更されない年もありますが。

そこで、今回は、法律そのものが改正されました。

法律上の原則となる率が、一般の事業であれば「1000分の15.5」ですが、
平成29年度から平成31年度までの各年度における雇用保険率について
暫定措置が設けられ、「1000分の13.5」に引き下げられました。
この引下げは、雇用保険の財政状況がよいということから行われたもので、
さらに、平成29年度については、弾力的変更の規定が適用され、

一般の事業: 1000分の9
農林水産の事業:1000分の11
清酒製造の事業:1000分の11
建設の事業:1000分の12
となっています。

失業等給付に係る弾力的変更は、原則となる率を±1000の4の範囲内で変更する
ことができるものです。
そのため、平成29年度は「1000分の13.5」を「1000分の9.5」まで引き下げ、
さらに、雇用安定事業等に係る弾力的変更も適用され、
「1000分の9」とされました。

この変更された雇用保険率、
試験で狙われる可能性が高いので、正確に押さえておきましょう。



加藤光大

毎週欠かさずチェック!

フォーサイト公式サイトへ
フォーサイトのeラーニング「道場破り」へ

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。