社会保険労務士・社労士スペシャリストによるこっそり裏講義

学習について

みなさん、こんにちは。
フォーサイト専任講師の加藤です。

11月10日(金)に
平成29年度社会保険労務士試験の合格発表がありました。
合格された方、おめでとうございます。

さて、その合格発表について、この発表の際には、合格者数や合格率、合格基準など
も発表されます。

平成29年度試験の合格者数は2,613人(前年1,770人)でした。
合格率は6.8%(前年4.4%)でした。
平成27度、28年度に比べると高くなりましたが、
6%台ですから、低い水準といえます。

合格基準については

<選択式試験>
総得点24点以上 かつ 各科目3点以上 です。
ただし、「雇用保険法」、「健康保険法」は2点以上

<択一式試験>
総得点45点以上 かつ 各科目4点以上 です。
ただし、「厚生年金保険法」は3点以上

でした。

科目別の基準点の引下げについて、選択式は毎年のように何らかの科目の引下げが
あるので、例年どおりのようなところでしょうか。
択一式の科目別の基準点の引下げは、あまりないのですが、ここのところ、
平成26年度試験で1科目、平成28年度試験で3科目の引下げあり、
引き下げられる年度が増えています。

トータルの基準点は、全受験生の平均点の変動に応じて、毎年度補正が行われるのに
対して、科目別の基準点は、各年度の受験生の得点状況に応じて引下げの補正を
行うようにしています。

そこで、平成29年度試験の選択式について、
「労務管理その他の労働に関する一般常識」も、3点以上の受験生の割合は5割に
満たない状況で、基準点の引下げの原則的な基準を満たしていたのですが、2点
以上とした場合に基準点を満たす受験生の割合が7割以上となってしまうことから、
例外としての基準点の引下げの基準を満たさないため、
引下げが行われなかったようです。

そのほか、詳細は試験センターの
「第49回(平成29年度)社会保険労務士試験についての情報」

をご覧ください。



11月になりました。
来週は、平成29年度試験の合格発表があります。
受験された方、結果が気になり、落ち着かない日々が続いているかもしれませんね?
フォーサイト専任講師の加藤です。

さて、今回は、
社会保険労務士試験の出題と勉強方法についてです。

社会保険労務士試験の出題範囲は広範に及びますが、
出題される内容、その6割から7割が基本知識の理解で正解できるものです。
ですから、勉強を進めていく際、まずは、基本知識を理解することに努めましょう。

ただ、択一式試験であれば、
70問のうち10問程度は、基本の知識では対応することが難しい内容が含まれている
ことがあります。
そのため、そのような問題は正解することができなくても構わないと言えます
(実際に、それらが正解することができなくても、それだけで、不合格になるという
ことはありません)。

それにもかかわらず、
そのような出題内容を気にし過ぎて、時間をかけて勉強してしまうと、大切な箇所を
勉強するための時間を失ってしまい、逆に、合格から遠のくなんてことがあり得ます。

ですので、勉強を進めていく上では、誰もが正解することができるような箇所、さらに、
そのほかの基本事項について、まずは、時間をかけて、しっかりと勉強を進め、
確実に正解することができるようにしていくことが大切です。

とにかく、よく出るところ、多くの受験生が正解することができるところ、
これらを正解することができるように学習を進めていきましょう。
それが合格につながります。



27

2017/10

法令集

9:00:04 | 学習について |

みなさん、こんにちは。
フォーサイト専任講師の加藤です。

10月も間もなく終わりです。
11月になると、平成29年度試験の合格発表、
受験された方は基準点が気になるところではないでしょうか。

ところで、
社労士試験合格のために勉強をする際、
法令集を準備したほうがよいのか?
なんてことを考える方いますよね。

法律の勉強ですから、法令集を持っていたほうがよいのではと思われるのでしょう。

ただ、法令集を持っていないから、合格できないなんてことはありません。
実際、ほとんどの受験生は持っていないでしょう!

持っていなくても、まったく問題ありませんから。

試験問題は、法律の条文をベースにした文章が大半ですから、
そのような文章に慣れる必要はあります。
だからといって、法令集を使わなければ、ってことはありません。

法律を読み慣れていたりすれば、
法令集を使うのも、悪くはないのですが・・・・・
今まで法律を専門的に勉強したことがないというのであれば、
法令集を使うと逆に混乱をしてしまうなんてこともあります。

もし、勉強したことがあっても、
法律によっては、「経過措置」「暫定措置」などが多々あり、
それを見つけられなかったり、読み解けなかったりで、
大間違いをしてしまうなんてことがあります。

ですから、法令集を使うってこと、あまりお勧めはしません。



10月の中旬、今年、残りおよそ70日・・・
そう考えると、時間の経過は早いな!と感じてしまう
フォーサイト専任講師の加藤です。

さて、前回に続き今回もよくある質問について、ご紹介します。

労働基準法のテキストP101に
「1カ月単位の変形労働時間制において時間外労働となる時間」
に関する記述があります。

この中で、
「1日について時間外労働として計算した時間を除きます」などの「除きます」
という点や具体例として挙げている箇所の「4時間-3時間」という箇所が
いま一つわからないという質問がたびたびあります。

そこで、まず、
1カ月単位の変形労働時間制における時間外労働の時間数は、
① 「1日について」時間外労働の時間数を算定
② 「1週間について」時間外労働の時間数を算定
③ 「変形期間について」時間外労働の時間数を算定
という順序で、それぞれに分けて算定して、
その時間数を足し合わせる(①+②+③)ことによって最終的な時間外労働の時間数を
求めます。

ただし、単純に足し算をしてしまうと、
たとえば、1日で生じた時間外労働が1週間の時間外労働としてもカウントされて
しまうことがあり、結果として重複して数えられてしまう部分が出るため、
テキストにあるように、
●「1週間について」算定する際は、「1日について」計算した時間を除き、
●「変形期間について」算定する際は、「1日について」計算した時間と「1週間について」
計算した時間を除きます。

ですので、テキストP101の具体例(表)でいえば、
①で時間外労働となる時間数は3時間なので
②で時間外労働となる時間数は「4時間-3時間 = 1時間」
となり、合計で考えれば、これらを足し合わせた4時間となります。

それと、
テキストに掲載している表は、「1日について」と「1週間について」の
時間外労働の時間数の算定を具体的に説明したものなので、
「変形期間について」の部分を省略していますが、
もちろん、変形期間について時間外労働となる時間があれば、
その分を算定して足し合わせたものが、最終的な時間外労働となる時間数となります。

それでは、みなさん、勉強、頑ってください。



みなさん、こんにちは。
フォーサイト専任講師の加藤です。

「秋」といえば、食欲の秋、スポーツの秋、読書の秋、行楽の秋、芸術の秋、
いろいろな秋がありますが、どのように過ごしていますか?
社労士試験の合格を目指している方であれば、「勉強の秋」でしょうか?

さて、今回は、労働基準法に出てくる「用語」についてです。

「労働基準法」を勉強していると、「労働協約」と「労使協定」という言葉が出てきます
が、この2つの違いについて、質問が多いんです!

そこで、まず、「労働協約」と「労使協定」とは、まったく異質のものです。

「労働協約」というのは、
労働組合と使用者などが話し合って、労働条件などの取決めをし、
それを書面にしたものです。
ですので、労働契約や就業規則と同様に労働条件を定めるものです。
つまり、その定めた労働条件に基づき、労働者は労働することになり、
使用者は労働者を労働させることになるものです。

これに対して、「労使協定」は、変形労働時間制の採用要件などとして出てきますが、
労働条件を定めるものではありません。

基本的に、罰則の適用を受けないという免罰効果、この効力が発生するだけのものです。

たとえば、法定労働時間を超える労働は禁止されていて、
これに反して法定労働時間を超えて労働させれば、
労働基準法違反として罰則の適用を受けます。

でも、いわゆる36協定を締結し、届出をした場合、その協定の範囲内で法定
労働時間を超えて労働させたとしても罰則の適用を受けることはなくなります。
労使協定というのは、このような効果をもたらすだけのものです。

で、「法定労働時間を超えて労働させた」と記述しましたが、
これが労働条件として認められるためには、就業規則などに、たとえば、
業務の都合により、所定就業時間を超えて、又は所定休日に労働させることがある。
なんていうような規定を設けておく必要があるのです。

では、「労働協約」と「労使協定」それぞれ誰が締結するものなのかといえば、
「労働協約」は、前述のとおり使用者と「労働組合」との間で締結するものです。
締結の一方となる労働組合については、その規模などは一切問いません。
そして、締結した場合、原則として、その労働組合の組合員に限り効力が
生じるものとなります。

「労使協定」は、使用者と労働者の過半数で組織する労働組合、そのような労働
組合がない場合には労働者の過半数を代表する者との間で締結します。
つまり、労働者側の締結当事者は、その事業場の労働者の過半数代表となります。
ですので、必ずしも労働組合と締結するものではありません。

「労働協約」と「労使協定」、
このような違いがあるので、混同しないようにしてください。

ちなみに、「労働協約」については、
労務管理その他の労働に関する一般常識で勉強をする「労働組合法」に
詳細が規定されています。



04

2017/10

連休はどうする?

9:00:26 | 学習について |

10月になりました。
フォーサイト専任講師の加藤です。

9月に3連休があり、今月も、また3連休と、
この秋、毎月3連休があるという方、
たくさんいらっしゃるのではないでしょうか?

休みの日は、いろいろと活用できますが、
1日だけの休みや2連休に比べると、
3連休は、時間の使い方の幅が広がります。

社労士試験のために勉強をしているなら、
たとえば、2日は必死で勉強して、1日は少し休憩、
気分転換に使おうとかあるでしょう。

この時季は、少し余裕があるでしょうから、
3日間フルに勉強しなければというような状況ではないでしょう。
直前期となれば、「のんびり」なんて言っている場合ではなくなるでしょうが・・・

そこで、社労士試験の合格のために勉強を進める場合、
大まかな計画を立てておくのがよいですが、
3連休、4連休、5連休と休みが続く時季、
どうするのかってこと、できれば早めに考えておきましょう。

勉強の進捗状況によって、何をするのかは変わってくるでしょうが、
有効に使いたい時間になるでしょうからね。

それでは、今週末からの3連休、有効に使って下さい。



27

2017/09

読書

9:00:07 | 学習について |

平成29年度試験から1カ月が経ちます。
時間が過ぎるのは早いですね!

フォーサイト専任講師の加藤です。

ところで、平成30年度試験を受験される方、
この時期は、
「どうも勉強をする気が起きない」
なんてことがあるのではないでしょうか。
特に、平成29年度試験を受験された方ですと。

そんなとき、読書はいかがでしょうか?
テキストは読む気にならないけど、
たとえば、実務書であれば、少し読んでみよかということになるかもしれません。
実務書ではなく、白書を読んでみるというのもありでは?
白書もいろいろとありますが、厚生労働白書は比較的読みやすいですよ!
で、厚生労働省の施策の動向、
改正の動向などを知ることができたりなんてこともあります。

当然、試験対策にもなります。
ということで、本格的な勉強は気が乗らない、
でも、勉強していないことに、ちょっと不安
なんてことであれば、このようなものを読んでみてくだい。

のちのち、役立ったなんてことになるかもしれませんからね。



20

2017/09

試験問題

9:00:10 | 学習について |

一昨日まで3連休だったという方、多いのではないでしょうか。
フォーサイト専任講師の加藤です。

この時季は、夏の疲れが出るなんてことがあります。
平成29年度試験の合格を目指して必死に勉強をしていた方、
疲れが出て・・・寝込んでしまった、なんてことはないでしょうか?

平成29年度試験を受けたか、受けていないかにかかわらず、
すでに、平成30年度試験に向けて勉強を始めている方、
たくさんいることでしょう。

そこで、来年度の試験、初めて受けるという方、
実際の試験問題を見たことありますか?

もし、見たことがないのであれば、一度見ておきましょう。

勉強を初めて間もない状況ですと、
その問題を解いても、ほとんどわからないってことになるかと思いますが、
それは、現時点では気にせず、とりあえず、見ておくことが大切です。

試験、どのように出題されるのか、それを知っているかどうかで、
効率的に勉強することができるかどうか、違ってきますからね。

試験問題は、社会保険労務士試験オフィシャルサイトに、掲載されています。



12

2017/09

再受験

9:45:23 | 学習について |

みなさん、こんにちは。
フォーサイト専任講師の加藤です。

今年度の試験から2週間以上経っていますが、
平成29年度試験を受け、結果が思わしくなかった方、
来年度に向けて、すでに勉強を始めているでしょうか?

平成29年度試験に向けて、しっかりと勉強をしてきたけど、
思ったように得点が伸びなかった、
そうなると、来年度に向けてどのような勉強をすればよいのだろうか?
と考えてしまうってことがあります。
この時期は、そのような相談が多々あるのですが・・・

勉強方法を間違えたのか?
もっと幅を広げた勉強が必要か?
などなど・・・

そこで、間違ったほうへ進んでしまわないように。

得点が伸びなかった理由って、「ミスした」ということもあるでしょうが、
多くの方は、
「知識がしっかりと定着していなかった」とか、
「応用力が身に付いていなかった」とか、
なんですよね。
「情報量が少なかった」ではないでしょう。
ただ、「情報量が少なかった」と思ってしまい、
勉強する幅を広げようとすると、逆効果ということもあり得ます。

ということで、
平成29年度試験で、思うような結果が出ず、
平成30年度試験に向けて勉強を進めようという方、
まずは、基本に戻って下さい。

それが、必ず、結果につながります。



受講生のみなさん
こんにちは。
フォーサイト専任講師の加藤です。

2018年度試験向けの基礎講座を申し込まれた方、
順次、教材が届くかと思います。

そこで、
勉強を進めるに際して、届いた教材をどう使うかは、みなさんの自由です。
絶対に、このように使わなければいけないなんていう決めごとはありません。

とはいえ、使い方によって、学習効果が随分違ってきます!

たとえば、
いきなり、テキストを開き、CDを聴いたり、DVDを観たりし、
「じっくりと勉強を進めていこう」と考えている方もいるでしょう。
この方法、ダメではないのですが、あまりお勧めはできません。

できれば、まず、科目ごとの全体像を知って欲しいのです。

「労働基準法」であれば、労働基準法ってどんな法律なのか、
という全体的なイメージですかね。
これを知っておくことで、いろいろな規定のつながりがわかり、
勉強を進めていく中での理解が進みます。

ですので、最初は、テキスト全体を、ざっと目を通してみましょう。
熟読でなくて構いません。
全体を通じてどのようなことが書かれているのか、
それを確認するだけで十分です。

どの科目についても、まず、最初はこのようにするのが効果的です。

お試しください。



1 / 3612345...102030...最後 »

加藤光大

毎週欠かさずチェック!

フォーサイト公式サイトへ
フォーサイトのeラーニング「道場破り」へ

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。