社会保険労務士・社労士スペシャリストによるこっそり裏講義

学習について

03

2017/06

6月になりました

9:00:41 | 学習について |

6月3日

6月になりました。
受験手続を済ませ、ひたすら勉強という状況になっていますかね?
フォーサイト専任講師の加藤です。

ところで、勉強に関して、受講生の皆さん、
「道場破り」に「2017年テキスト等の改正・訂正情報2」が掲載されたのを
確認しているでしょうか?

重要な改正に関する追加や差替えがあるので、まだ、確認していない
ということであれば、早めに確認をしてください。

後日、冊子になったものが送付されますが、
とりあえず、「道場破り」で内容を確認して下さい。

そこで、「健康保険法」の改正に関して、
「特定適用事業所以外の適用事業所における適用」に関するものがあります。

平成28年10月から適用除外の規定が改正されていましたが、
その改正に関して、さらに、改正が行われました。

そのため、テキストの54ページを差し替えるものになっています。

そこで、特定適用事業所以外の適用事業所に使用される「4分の3基準を満たさない
短時間労働者」は、被保険者とならないという大原則の部分は変わっていません。

ただ、「4分の3基準を満たさない短時間労働者」に関して、
「4分の3基準を満たさない短時間労働者」であって、適用除外事由に該当しない者を
「特定4分の3未満短時間労働者」と定義しています。

さらに、特定適用事業所以外の適用事業所であっても、国又は地方公共団体の適用事業所
に使用される場合には、「特定4分の3未満短時間労働者」も被保険者とすることになって
います。

まず、これらの点について注意して下さい。



5月、もうすぐ終わりますね。
ってことは、
平成29年度試験の受験申込期限も、もうすぐです。
受講生のみなさん、受験手続は、もうしていますか?

フォーサイト専任講師の加藤です。

仕事、家事、育児、介護などの合間に勉強を進めていると、
受験手続、ついつい後回しにしてしまい、
まだ、手続をしていない方、いるのではないでしょうか?

もし、まだという方がいれば、
どんなに忙しくても、最優先ですよ。

どんなに頑張って勉強をしても、
受験手続をしないと、受験はできませんからね。

郵送で申込みをする場合、5月31日の消印があれば受け付けてもらえます。
だからといって、31日に、なんて思わないように!
郵便ポストへの投函ではダメで、郵便局の窓口から差し出す必要があります。
ですから、31日に急用ができて、郵便局に行けないなんてことですと、
間に合いませんからね。
行けたとしても、時間によっては、窓口が閉まってしまっている郵便局も
ありますよ。

ということで、まだ受験手続をしていない方、
できるだけ早く手続をしてしまいましょう。

手続をしてしまえば、あとは、ひたすら勉強です。



こんにちは。
フォーサイト専任講師の加藤です。

勉強は進んでいますか?
そう言われると、「ちょっと・・・」となってしまう方が
いるかもしれませんね。

ところで、この時期になれば、ほとんどの科目に目を通しているかと思います。

で、勉強が進んだと思い、問題を解くと、わかっていたつもりの箇所を間違え、
「勘違いした」なんて、自分自身の中で言い訳をしてしまうということがある
のではないでしょうか。

社会保険労務士試験の科目は多く、そのうちの多くが「保険」に関する法律です。
似たような規定がいろいろとあります。
たとえば、給付に関する「通則」には、「受給権の保護」や「未支給給付」など
多くの法律に規定されているものがあります。

そのため、最初のうちは、わかっていたんだけど、
勉強が進むにつれて、類似規定を混同してしまい、
知識の収拾がつかないなんて状態になることがあります。

これって、勉強が進んだからこそ起きる現象です。
とはいえ、混同してしまっている箇所は、解消する必要があります。
そのような箇所が試験で論点にされますからね。
混同したまま試験に臨んだら、何点も失ってしまうことになりかねません。

ですので、これを解消するため、一度、横断学習をするとよいでしょう。
科目間の類似規定を比較したりして、類似規定の「違い」を確認する学習です。
この学習で違いを知ることによって、知識の定着につながり、
実戦力もアップしますよ。

ということで、混同してしまっている方、
タイミングを見て、横断学習をしてみてください。



12

2017/05

個別延長給付

10:06:19 | 学習について |

みなさん、こんにちは。
フォーサイト専任講師の加藤です。

GWが終わり、通常の生活に戻られているかと思いますが、
生活のリズムが乱れ、体調を崩してしまったなんてことはないでしょうか?

さて、前回予告したように、今回は、雇用保険の「個別延長給付」についてです。

「個別延長給付」は、「心身の状況が厚生労働省令で定める基準に該当する者」や
「雇用されていた適用事業が激甚災害の被害を受けたため離職を余儀なくされた者」
などが所定の要件に該当した場合に行われます。

対象となるのは、地域延長給付と同様に、
就職が困難な受給資格者以外の受給資格者であって、
● 特定理由離職者(期間の定めのある労働契約の期間が満了し、かつ、当該労働契約の更新
がないこと〔その者が当該更新を希望したにもかかわらず、当該更新についての合意が成立
するに至らなかった場合に限ります〕により離職した者に限ります)である者
● 特定受給資格者
とされていますが、「就職が困難な受給資格者」についても、
「雇用されていた適用事業が激甚災害の被害を受けたため離職を余儀なくされた者」に
該当し、所定の要件を満たせば、対象となります。

そこで、「個別延長給付」は、期間限定の措置ではなく、恒久的なものです。
この点は、「地域延長給付」との違いということで、押さえておきましょう。

それと、延長給付については、
複数の延長給付の要件を満たした場合、どれが優先されるのかという点が過去に何度も
出題されていますが、「個別延長給付」は、広域延長給付や全国延長給付、訓練延長給付
よりも優先されるので、注意しておきましょう。

それでは、今回は、これで。



05

2017/05

延長給付

10:05:28 | 学習について |

GW、有意義に過ごしていますか?
フォーサイト専任講師の加藤です。

休みの方が多いかとは思いますが、
仕事によっては、この時期は忙しいという方がいるでしょう。
仕事は休みでも、家族サービスがあったり、
お子さんの学校が休みで、普段よりやることが多いなんて方もいるでしょう。
もし、そうであっても、できる範囲で勉強を進めましょう。

さて、今回は、雇用保険法の改正について、お伝えします。

平成29年3月31日までの暫定措置として「個別延長給付」がありました。
この「個別延長給付」の暫定措置は、延長されませんでした。
ただ、「個別延長給付」に代わるものとして「地域延長給付」という延長給付が
平成34年3月31日までの暫定措置として設けられました。

この「地域延長給付」対象となるのは、
就職が困難な受給資格者以外の受給資格者であって、
● 特定理由離職者(期間の定めのある労働契約の期間が満了し、かつ、当該労働契約の更新
がないこと〔その者が当該更新を希望したにもかかわらず、当該更新についての合意が成立
するに至らなかった場合に限ります〕により離職した者に限ります)である者
● 特定受給資格者
に限られます。
この対象となる者が、厚生労働省令で定める基準に照らして雇用機会が不足していると
認められる地域として厚生労働大臣が指定する地域内に居住し、かつ、公共職業安定
所長が指導基準に照らして再就職を促進するために必要な職業指導を行うことが適当
であると認められた場合に、地域延長給付が行われます。
ただ、「地域延長給付」とは別に、新たに恒久的なものとして「個別延長給付」という
ものが創設されています。
この個別延長給付を受けることができる者は、地域延長給付の対象になりません。

新たに創設された「個別延長給付」については、次回、概要を紹介します。

それでは、まず、「地域延長給付」について、しっかりと確認をしておいてください。



26

2017/04

GWの予定は?

8:00:22 | 学習について |

GWの予定は?

みなさん、こんにちは。
フォーサイト専任講師の加藤です。

もうすぐGWですね。
どのようにどう過ごされますか?
すでに予定が決まっている方もいるでしょう。

かなり長い連休の方もいるでしょうが、一般的には、5連休ですかね?
連休ということで、少し遊びにでも行こうかな?なんて考えている方もいるのでは!?

時間の使い方は、人それぞれ自由ですから、
GW、遊ぼうが、勉強しようが、自分自身が決めることです。

ただ、
ここで頑張って、今年、スッキリと合格するのか、
勉強はせずに、遊んでしまい、
もう1年、苦しい勉強を続けることになるのか、
この時期の勉強が影響するかもしれませんよ?

時間は、自らが創るものですが、
いくらでもあるというものではありません。

ですので、普段、「時間がない」と感じているなら、
GW、仕事が休みであれば、有効に活用しましょう。

まとまった休みがあるなら、活用方法、いろいろとあるかと思います。

それでは、頑張ってください。



21

2017/04

雇用保険率

9:00:39 | 学習について |

皆さん、こんにちは。
フォーサイト専任講師の加藤です。

勉強は、順調に進んでいますか。

さて、今回は改正に関する話です。
徴収法に規定している雇用保険率についてです。
雇用保険率には弾力的変更の規定があるので、毎年のように見直しが行われます。
変更されない年もありますが。

そこで、今回は、法律そのものが改正されました。

法律上の原則となる率が、一般の事業であれば「1000分の15.5」ですが、
平成29年度から平成31年度までの各年度における雇用保険率について
暫定措置が設けられ、「1000分の13.5」に引き下げられました。
この引下げは、雇用保険の財政状況がよいということから行われたもので、
さらに、平成29年度については、弾力的変更の規定が適用され、

一般の事業: 1000分の9
農林水産の事業:1000分の11
清酒製造の事業:1000分の11
建設の事業:1000分の12
となっています。

失業等給付に係る弾力的変更は、原則となる率を±1000の4の範囲内で変更する
ことができるものです。
そのため、平成29年度は「1000分の13.5」を「1000分の9.5」まで引き下げ、
さらに、雇用安定事業等に係る弾力的変更も適用され、
「1000分の9」とされました。

この変更された雇用保険率、
試験で狙われる可能性が高いので、正確に押さえておきましょう。



こんにちは。
フォーサイト専任講師の加藤です。

受講生の皆さん、すでにご存知かもしれませんが、4月14日に、
平成29年度社会保険労務士試験の受験案内が発表されました。

試験日は、8月27日(日)です。

ということで、平成29年度試験を受験される方、
この日は、絶対に他の予定は入れないようにしましょう。

そこで、試験の時間帯ですが、
選択式試験  着席時間10:00    試験開始時刻10:30(試験時間は80分)
択一式試験  着席時間12:50    試験開始時刻13:20(試験時間は210分)
となっています。これは、昨年度と同じです。

着席時間というのは、その時間までに指定の席に座る時間です。
「遅刻者は受験できません」と受験案内に記載があるので、
絶対に遅刻しないようにしましょう。

受験手続や当日の注意事項などは、受験案内に記載されているので、
しっかりと確認をしておきましょう。

受験案内の詳細は↓を、ご覧ください。
「第49回 (平成29年度)社会保険労務士試験の受験案内」

過去に、午前中に選択式試験を受け、ご自身の中で、結果がよくないだろうと
勝手に判断をしてしまい、午後の択一式試験を受けずに帰ってしまったという方が
いました。

選択式は、基準点が大幅に下がることがありますから、
試験当日、選択式の状況があまりよくないと感じたとしても、
気持ちを切り替えて、択一式に挑みましょう。
択一式を受けなければ、合格は完全になくなってしまいますからね。



01

2017/04

改定率

8:00:39 | 学習について |

みなさん、こんにちは。
フォーサイト専任講師の加藤です。

平成29年度が始まりました。
年度が替わると、いろいろと変わります。
みなさんも、生活が変わるということはあるのではないでしょうか?
たとえば、就職や転職などで新しい仕事に就いたとか、
転勤で、引っ越しをしたなんて方もいるでしょう。
お子さんがいる方ですと、
お子さんが入学したり、卒業したりで、生活が変わったり
などなど・・・・

法律も改正があるときは、
年度の初めから施行されるというもの、よくあります。
実際、平成29年度から改正施行されているものが多々あります。

国民年金の年金額、これも、年度を単位に改定されます。
そこで、基礎年金の額は、改定率により改定されますが、
平成29年度の改定率は0.998とされました。

そのため、老齢基礎年金の満額は、「779,300円」となっています。

改定率は、選択式で空欄にされるということが考えられるので、
しっかりと覚えておきましょう。

ちなみに、
年金額そのものは、法定額の780,900円と改定率を覚えていれば、
計算することで導き出せるので、額より改定率を優先して覚えたほうがよいですね。

それでは、みなさん、頑張ってください。



みなさん、こんにちは。
フォーサイト専任講師の加藤です。

年度末、何かと忙しくて、勉強が疎かになっていたりしませんか?
忙しい時季は、致し方ないかもしれませんが、できるだけ時間を作り、
勉強を進めましょう。

さて、先日、遺族補償年金の支給対象となる者の男女差について、
「合憲」であるという最高裁判所の判決がありました。

労災保険ではなく、地方公務員災害補償法の遺族補償年金に関するものですが、
考え方は同じです。

遺族補償年金の遺族となる者について、「妻」は年齢要件がありませんが、
その他の者には年齢要件があります。この点について、判例では、

「妻以外の遺族について一定の年齢に達していることを受給の要件としているが、
男女間における生産年齢人口に占める労働力人口の割合の違い、平均的な賃金額
の格差及び一般的な雇用形態の違い等からうかがえる妻の置かれている社会的
状況に鑑み、妻について一定の年齢に達していることを受給の要件としないこと
は、上告人に対する不支給処分が行われた当時においても合理的な理由を欠くもの
ということはできない。したがって、地方公務員災害補償法32条1項ただし書及び
附則7条の2第2項のうち、死亡した職員の夫について、当該職員の死亡の当時
一定の年齢に達していることを受給の要件としている部分が憲法14条1項に違反
するということはできない」

としています。
つまり、夫は「55歳以上」であることを要件としていることは、憲法14条1項の
「すべて国民は、法の下に平等であって、人種、信条、性別、社会的身分又は門地
により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない」
という規定には違反しないということです。

最近の出題傾向を考えると、このような判例は出題される可能性があるので、
確認しておきましょう。



加藤光大

毎週欠かさずチェック!

フォーサイト公式サイトへ
フォーサイトのeラーニング「道場破り」へ

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。