マンション管理士・管理業務主任者スペシャリストによるこっそり裏講義

教育について

本試験まであと1か月となりました。

まず、みなさんがやるべきことは勉強時間を増大することです。
ここ1か月間の勉強で合否が決定します。
だから、1分でも1秒でも多く学習してください。

また、もう新しい教材には手を出さないでください。
今から新しいものをやるより、これまでやってきたものの復習をすべきです。

さらに、そろそろ暗記に力を入れてください。
毎日、寝る前に暗記タイムを作って、必要事項を暗記するように心がけてください。

泣いても笑っても、あと1か月です。
悔いのないように、1日1日を過ごしてください。



マンション管理士試験の場合、毎年2題出題されます。
仕訳問題が出題の中心となりますのでここだけやりましょう。

管理業務主任者試験の場合、滞納管理費等の督促・マンションの税務・仕訳問題が各1題出題されます。
ここは得点できますのでしっかり学習しましょう。



19

2016/10

大規模修繕工事

18:45:11 | 教育について |

マンション管理士試験の場合、以前は出題されましたが、近年は出題されませんので捨てましょう。

管理業務主任者試験の場合、ほとんど出題されたことがないので捨てましょう。



12

2016/10

建物・設備の診断

18:45:04 | 教育について |

ここを苦手として受験生が多いですが、きちんと学習すれば理解できるところですので、きちんと学習しましょう。

マンション管理士試験の場合、毎年2題出題されます。1点は確実に得点しましょう。
管理業務主任者試験の場合、1~2題出題されます。こちらも1点は確実に得点しましょう。



05

2016/10

長期修繕計画

18:44:20 | 教育について |

マンション管理士試験の場合、最近の傾向は「長期修繕計画ガイドライン及び同コメント」からのみ出題されますので、
ここのみしっかり学習してください。

これに対して、管理業務主任者試験においてはほとんど出題されませんので捨ててください。



この範囲は学習量が多く、かつ、出題内容もかなりハイレベルなものが出題される場合があります。
そこで、解ける問題が出題されるところで、かつ、同じような問題が何度も出題されている範囲に限ってきちんと学習するのが得策です。
やみくもに範囲を広げて学習しても得点に結びつきません。

このような観点から、マンション管理士試験・管理業務主任者試験において学習すべき範囲は下記のとおりです。
・給水設備・水道法
・排水設備・下水道法
・消防用設備・消防法



「建築物の耐震改修の促進に関する法律」は
マンション管理士試験においては、捨ててしまいましょう。
これに対して、管理業務主任者試験においては、過去数回出題されています。
問題は基本的なものばかりですのできちんと得点しましょう。

「高齢者、障害者の移動等の円滑化の促進に関する法律」は
マンション管理士試験において、出題履歴がありますが、細かい出題が多いので捨てましょう。

管理業務主任者試験においても、細かい出題が多いので捨てましょう。



「被災区分所有建物の再建等に関する特別措置法」は
マンション管理士試験において、出題頻度は低いのですが、問題レベルは低いので出ればドル箱ですので、しっかり学習してください。
これに対して、管理業務主任者試験においては、思い切って、捨てましょう。

「マンションの建替えの円滑化等に関する法律」は
マンション管理士試験において、毎年1題出題されますのでしっかり学習してください。



06

2016/09

願書提出のお願い

18:34:33 | 教育について |

マンション管理士試験・管理業務主任者試験ともに願書の受付がはじまっています。

どちらも9月末日までですので、忘れずに各自、願書の提出を行ってください。

なお、フォーサイトでは願書の提出の代行は一切行っておりませんので、各自でお願いいたします。



28

2016/08

建築基準法

13:34:42 | 教育について |

マンション管理士試験においては、毎年2題出題されます。
問題レベルは基本的なものから、難解なものまでさまざまです。
最低でも1点は取れるように学習しましょう。

管理業務主任者試験においては、毎年2~4題出題されます。
こちらも問題レベルは基本的なものから、難解なものまでさまざまです。
最低でも1点は取れるように学習しましょう。



3 / 1612345...10...最後 »

大島 浩之

毎週欠かさずチェック!

フォーサイト公式サイトへ
フォーサイトのeラーニング「道場破り」へ

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。