簿記のスペシャリストによるこっそり裏講義

未分類

皆さん、こんにちは!
簿記講座担当の小野です。
少しずつ暑くなってきて、不快な時季ですが、
おいしいものでも食べて不快さなんて吹き飛ばしてしまいましょう!

今回は月割り計算の問題についてよくあるご質問を紹介しようと思います。
決算日と取引日をチェックすることがポイントです。

(第102回第1問)
平成14年10月31日に、不用となった冷暖房機
(購入日:平成9年11月1日、取得原価:¥200,000,減価償却方法:定額法、
耐用年数:6年、残存価額:取得原価の10%、記帳方法:間接法、決算日:年1回 10月31日)を
¥10,000で売却し、代金は先方振出の小切手で受け取った。
なお、当期分の減価償却費の計上もあわせて記入すること。

本問では決算日が年1回10月31日となっています。
よって、この会社の1年は11月1日~翌年10月31日となります。

bokiblog1

この冷暖房機は平成9年11月1日に購入しており、上図のとおり、
1年目は丸々1年使っていることになります。
よって、1年目の月割り計算は必要ありません。

また、売却日は10月31日ですから、
売却した年(当期)も丸々1年使っていることになります。
よって、売却年(当期)も月割り計算は必要ありません。
 
通常、ほとんどの問題では、決算日が3月31日か12月31日にされていることが多く、
その感覚でこの問題をといてしまうと、1年目には2ヶ月分(あるいは5ヶ月分)の
月割り計算をしてしまうというミスにつながってしまいます。

油断せず、毎回しっかり問題文をチェックしましょう!



30

2016/05

試験がんばれ!

13:46:24 | 未分類 |

皆さん、こんにちは。
簿記講座担当の小野です。
第143回日商簿記検定試験まであともう少し! 
準備の状況はいかがですか?

第143回検定試験から試験範囲が変更されます。
特に2級は3年間にわたって少しずつ試験範囲が変更されますので、
「とても難しくなる」だとか、「大変になる」といった話もでているようです。
でもそんなことはありません。

特に平成28年度は、2級でも、3級でも
少なくとも昨年度よりも難しくなるといったことはないでしょう。
 
3級では伝票の集計の問題が入るくらいの変更ですし、
2級の追加項目のほとんどは勘定科目を新たに覚えてもらう程度のことです。
その一方で、為替手形、社債などが形式的には試験範囲外となります
(完全に無視するのはちょっと怖いのですが・・・)。

しかも新しい部分が出題されたとしても、多くてもせいぜい4~8点分(2~4つ)くらいでしょうから、
新試験範囲部分が出題され、仮に答えられなかったとしても、それほど致命傷になることもないでしょう。

新試験範囲のことでいろいろ考えるよりも、これまでよく出ていた問題、
3級では試算表と精算表、2級では決算の問題(精算表)と工業簿記の問題で確実に得点できるよう、
これまでどおりの勉強を行うことが大切です。

ですから、皆さん、過去問題集をしっかり学習して、
よく出題されてきた問題を中心に復習を進めましょう。
 
また、いつも、ブログ・メルマガでお話していますが、
試験直前のこの時期になると精神的な問題をケアすることが重要になります。
特に自信をなくさないようにすることが重要だと思います。

ラストスパートの時期は、時間が許す限り自分の得意な問題を解いて、
自信を維持することを第一に考えましょう。

いろいろな問題を解いてどんな問題が出ても対応できるようにと、
今まで解いたことのない問題にチャレンジし、
新しい教材に手を出してしまったばっかりに自信をなくしてしまっては元も子もありません。

得意な問題を繰り返し解くのは、簿記の手続きを体にすり込むという役割も担っています。
「簿記は習うより慣れろ」とも言われますが、得意な問題を繰り返し解いて、
簿記の手続きに「慣れた」状態を作り上げると、
これまで解けなかった問題がすらっと解けてしまうことがよくあります。

ですから、最も重視することは「慣れた」状態と自信を維持するために、
得意な問題を解くことであり、その延長上で、ちょっとだけ不得意な問題に手を出す程度にしておきましょう。

不得意な問題が解けないからといって決して深追いしてはいけません。
検定試験では30%間違えても合格なのですから、
不得意な問題の一部だけが解けるようになるだけでいいのです。

深追いし、解けるまでがんばろうとしたにもかかわらず、
やはりどうしても解けなくて自信までなくしてしまっては元も子もありませんからね!

さぁ、あと少しで試験です。
合格したときの自分の姿を想像してニヤニヤしながらも、
しっかり勉強を続けて下さい!



みなさん、こんにちは!
簿記講座担当の小野です。
海の日まで祝日がありません。
毎日仕事・学校でキツイですね!
いろんなことがあって大変だと思いますが、
今日もがんばっていきましょう!
 
自治体でもご当地キャラを作って地域の情報を発信していますが、
とうとう簿記検定でも新田美波さんというキャラクターが登場しました! 

広島県出身の19才で、ラクロスと資格取得が趣味という女の子です。
さっそく、平成28年度からの試験範囲変更の案内役として活躍しているようです。

ITパスポート試験でも上峰亜衣さんというキャラクターが登場しHPを華やかにしてますね。
上峰亜衣さんは一般から公募されて決まったようで、
ITパスポート試験専属キャラクターのようです。

では新田美波さんはどうなのでしょう? 
ちょっと調べてみたらすでに発売されている
ゲーム「アイドルマスターシンデレラガール」の登場人物のようで、
簿記検定専属のキャラクターというわけではなさそうです。

キャラクターを起用する理由(きっかけ)はいろいろとあるのでしょうが、
商工会議所、情報処理推進機構がそれぞれどんな理由でキャラクターを
起用するに至ったのかはちょっと気になるところです。

商工会議所が起用した新田美波さんはすでに活躍中のキャラクターであり、
情報処理推進機構が起用した上峰亜衣さんは全く新しいキャラクターですよね。
ということは、そのキャラクターを使ってやりたいことが違うと思うのですが、
どんな意図があるのでしょう?
 
商工会議所・情報処理推進機構とも
さらに受験者を増やしたいと考えていると思います。
ですからマーケティングの問題だと思うのですが、
私自身はマーケティングについて詳しいことは知りませんし、
「キャラクターが気に入ったからその商品を買う」
といった消費行動もしないので、
キャラクターを起用する意図がなかなかつかめません。

マーケティングについて勉強しないと!
町に出て、多くの人の消費行動を観察しないといけないですね!
と思った出来事でした。



みなさん、こんにちは。
簿記講座担当の小野です。
試験まで残り約1ヶ月。

GW休み明けで日常の仕事自体がツライ時期かもしれませんが、
合格することを想像して、ちょっとびしっといきましょう!

今回は貸借対照表での貸倒引当金と減価償却累計額の表示
についてのご質問を紹介しましょう。
 
貸倒引当金は受取手形・売掛金のうちの回収不能見込額です。
ですから、実質的に、貸倒引当金相当額だけ受取手形・売掛金を回収できなくなります。

そのため、貸借対照表では貸倒引当金を受取手形・売掛金から控除する形で表示します。
このとき、貸倒引当金を受取手形分、売掛金分に分けて表示することもある点に注意しましょう。

減価償却累計額は固定資産のうちすでに使用してしまった分(=価値がなくなってしまった分)です。
ですから、減価償却累計額相当額だけ固定資産の価値が減ってしまっています。
そのため、貸借対照表では減価償却累計額を固定資産から控除する形で表示します。

具体的には次のような表示になります。

20160510



みなさん、こんにちは。
簿記講座担当の小野です。
GWでリフレッシュできましたか?
切り替えて全開で行きましょう!

みなさんのGWはいかがでしたでしょうか? 
10連休の休みが取れた方、暦どおりだった方、祝日もお仕事だった方など、
いろいろいらっしゃるかと思います。

私は土日と5/5だけがお休みでした。
ただ、子ども達がそこそこ大きくなってくると自分のための休日ではなく、
家族のための休日になってしまうのが難点です。
でも、それも含めて楽しまければと考えるようにしています。
 
ということで、子ども達だけではなく自分も楽しめる、
あるいは“何かやった”感を感じることができる、
あわよくば子ども達の心身の発達も見込めるレジャーを開発中です(笑)。
というと大げさですかね。

例えば、有名なお城100城を集めた100名城シリーズなどの制覇です。
他にも神社100選、古寺100選、ヘリテージング100選など、いろんな100選があります。

これを組み合わせて、電車・バスで訪問する、現地を歩く、見る、体験する、感動する、写真を撮る、日記につけるようにすれば、
いやぁ、かなり濃密なレジャーになることがわかりました。

子ども達にとって、電車・バスに乗るのは、単純に楽しいこと。
これを行程の最初と最後に組み込みます。

時々、短区間だけ特急に乗ったり、新幹線に乗ったりすると、
その待ち時間そのものが楽しみを倍増させる時間になったりして、楽しそうです。
そこをお菓子タイムにするともっと効果的!

現地ではひたすら歩く、休憩(食事、お菓子タイム)を繰り返します。
お菓子タイムが多いですが、2~3口ずつのお菓子だけです。
「疲れた~~」といいながらも、ほんの少しだけお菓子を食べさせると
すぐに100%に復活するんですよね。

そして、見て、体験して、感動して、写真を撮って証拠を残します。
遊ばせる公園を途中に挟んだり、神社とかだと出店で買い物させると、
飽きることなく、時間を過ごせます。

家に帰ると、学校の宿題も兼ねて日記につけます。
先生に分かってもらえるように書くよう時には書き直しも必要です。
疲れすぎていて、泣きますが。

優しいお母さんなしの、うるさい(厳しくてウザイ?)
お父さんだけとの行程ですから、わがままを言うと置いてけぼりをくってしまいます。

そうならないように子ども達も協力しながら、楽しんでいるようです。
私自身も日頃の運動不足をちょっと解消でき、一石二鳥です。
夕食のビールが増えるのが難点ですが・・・。



皆さん、こんにちは。
簿記講座担当の小野です。
世の中はGW。いろいろ誘惑が多くなりますが、
何とかがんばっていきましょう!

今月も1つだけマイナス金利ネタを聞いて下さい。
これまで日銀は日本全体の金利を下げるために、
日本の金利の基準となっている国債の金利を下げようとして、
国債をたくさん買ってきました。

マーケットで、国債を買いたい主体が増えると国債は人気商品になり、
価格がアップします。

一方、その国債から得られる利息はすでに決まっていますので、
購入価格がアップするにもかかわらず、もらえる利息は変化なしということで、
実質的な利率が下がるわけですね。

国債の価格アップ=金利低下となるわけです。
 
利率が下がると日銀が国債保有によって受け取る利息が減り、
日銀の利益が減ります。日銀は政府出資の企業(東証ジャスダック上場)ですから、
利益が減ると株主(政府)への配当金が減ります
(厳密には、配当の前に優先的に政府に配分されます:国庫納付金)。

一方、金利低下で政府の支払利息はその分だけ減っていいますので、
政府と日銀を合わせて考えれば収支は変わらないということです。
そうなれば日銀からの配当金が減ったとしても国民の負担は全く変わりません。

でも、日銀があまりにも国債を買いすぎて、
マーケットで取引される国債がなくなってしまい、
日銀が、国債並みの信用力を持つ社債も買い入れることにしたことで、
ちょっと話が変わってしまいます。

基準となる国債の金利が下がれば、
それにもとづいて決まってくる社債の金利も下がります。
それを日銀が買うとどうなるでしょう? 

日銀の受取利息は減り、日銀の利益は減ります。
一方、社債を発行している企業の支払利息は減り、企業の利益が増えます。
ということは、株式会社といえども国の機関ともいえる日銀から民間企業へ、
利益が移転することになります。

日銀から政府へ利益が移転しても全体でみればどちらも政府ですから
国全体の財産に影響を与えませんでしたが、
日銀から民間企業へ利益が移転すれば、
その分だけ国の財産が減るわけです。

その減った財産の穴埋めは誰がするのか? 
当然ながら国民ですよね。

このように考えることもできる政策ですが、何だかなぁ!



21

2016/04

説明の重要性

8:14:20 | 未分類 |

皆さん、こんにちは。
簿記講座担当の小野です。
毎日いろんなことがあって大変だと思いますが、
今日もがんばっていきましょう!

今回は、「お金の使い方」を説明する重要性
について考えてみたいと思います。

民間企業であれば、投資あるいは消費という形でお金を使います。

例えば、工場を建てることを“投資”といいますが、
これは長期的に工場を稼働させることによって
何らかのリターン(製品売上など)が得られるから行われます。

また、工業簿記などでは従業員に賃金を支払うことを
賃金“消費”といいますが、これは従業員の働きによって
何らかのリターン(製品売上)が得られるから行われます。

というように、ほとんどの場合、
「お金を使って、それ以上のお金を得る」というのが
企業活動(経済活動)の大原則です。

そこで、そのお金の使い方がどのようなリターンに結びついているのかを
株主に説明するという大切な仕事を会計が担っているわけですね。

さて、話はガラッと変わりますが、私が住んでいる千葉市では
多くの小学校に給食室があって、学校ごとに栄養士さんがはりついています。
お金を使うこととそこからのリターンを一連の流れとして捉えてしまう
私としては、栄養士さんの存在とそこからのリターンが気になるわけです。

もちろん、公的機関の場合、得られるリターンがお金以外のこともある
ということは理解しています。防衛などはその典型でしょう。
北朝鮮から飛んでくるミサイルを事前に打ち落とすためにお金を使ったとします。
それによって何らかの金銭的なリターンは得られないかもしれませんが、
安全というリターンが得られます。
 
では公共サービスである教育の場で、学校ごとに給食室を備え、
栄養士さんをはりつけるために使うお金がどのようなリターンにつながるのでしょう? 

給食室があることによって、子ども達が配膳する(おかずをつぎ分ける)ことが
できるようになる、暖かいものを食べることができるなど、弁当形式の給食では得られない
食育関連のリターンがあるかもしれません。
食育のレベルが高いと学力が高くなるという調査もあるらしいので、
給食室を設置しているというのは、何となく理解できます。

一方、素人の感覚からいうと、栄養が偏らないばっちりの献立をたてるのが
栄養士さんの仕事だろうなと思いますが、悲しいかな、素人なので、
その作業が常勤フルタイムでなければできない作業量なのか、
学校ごとに献立をたてる必要性があるのか(複数の学校で共有できないのか)など、
具体的なリターンを想像できません。
もちろん、現場ではいろいろ大切な仕事があり、私が想像できないだけでしょう。
でもどうしても具体的なリターンを想像できません。
 
このことから、会計を仕事にしている私は、
「説明ってやっぱり大切だな」と思ったわけです。

情報化社会ですから、千葉市がHPのどこかに、
“学校栄養士の1日”みたいな感じで、学校に勤める栄養士さんの仕事を
アップしておいてくくれば、こんな疑問はすぐに解決できるのに! 

その前にもっと想像しろ! といわれそうですが・・・。



14

2016/04

春のレジャー

8:11:53 | 未分類 |

みなさん、こんにちは。
簿記講座担当の小野です。
ときどき勉強が順調に進まないこともあるかもしれません。
そういうときはちょっと休んで、リフレッシュしましょう!

さて、暖かくなってきて、桜が咲いたら、
春のレジャーの代名詞、お花見ですよね。
皆さんは行かれましたか?
私は4月上旬に千葉城でお花見イベントが開催されていたので、
ちょっといってみました。息抜きにぴったりでした。

仕事が終わり、家族と千葉城の入り口あたりで待ち合わせです。
国道から千葉城までほんの少しですが石畳の道があります。
少しだけ階段を上った高台に千葉城があり、
公園と共に整備されています。
通常は、お茶屋さんが1件営業しているだけですが、
4月上旬は屋台なども出て賑やかです。

お花見(というか宴会?)をするために、
多くの人がビニールシートを敷いて場所取りをしていて、
なんといいますか、賑やかな楽しい感じ満載でした。

きれいなお花をみていると日々の疲れが
癒される感じですよね(ガラにもないこと言うなというツッコミはご勘弁を!)。
アレもやらなきゃ、コレもやらなきゃと日々仕事を負われていても、
そのときだけは「あぁ、なんと美しい~~」とホッとするものです。

少しの間、そうやって癒されたところで、次は団子の番です
(こっちがメインか?)!

いくつかの屋台で、たこ焼き、焼きそばなどなど、
ジャンク(?)な夕食を買い込んで、お花をみながら夕食です。

子ども達は、夜、しかも外で食べる、
さらにジャンクな夕食に大感激で、もう興奮! 
もちろん、ジュース付きで「もう死んでもいい」くらいの幸せな時間だったようです
(私はちょっとだけビールをいただきまして、ほろ酔いでいい気分です)。

こうやって気持ちがリラックスすると普段強烈な肩こりも少しとれまして、
また、家まで歩いて帰ったせいか、少し運動不足解消にもなりまして、
安い、近いレジャーでしたが、大満足な感じでした。

皆さんも勉強で行き詰まったときには、ちょっと息抜きをどうぞ!



みなさん、こんにちは。
簿記講座担当の小野です。
暖かくなって、眠~くなるこの時期ですが、
合格することを想像して、ちょっとびしっといきましょう!

今回は、よくあるご質問を紹介しましょう。
2級で貸借対照表を作成する問題が出題された場合、
「繰越利益剰余金」と「未払法人税等」をどのように計算するかというご質問です。

損益計算書を作成する問題であれば、
損益計算書の下の方が「税引前当期純利益」であり、
問題文に示された税率に従って、それを「当期純利益」と「法人税等」に分ければいいですね。

そして、「繰越利益剰余金」の前期繰越と「当期純利益」を足せば、
「繰越利益剰余金」の次期繰越額が分かります。
また、「法人税等」から「仮払法人税等」を引けば、「未払法人税等」が分かります。

でも貸借対照表を作成する問題の場合、
いちいち損益計算書を作っていたのでは時間が足りなくなってしまいそうです。
どうにかして、損益計算書(あるいは損益勘定)を作らずに
「繰越利益剰余金」と「未払法人税等」を出す方法はないでしょうか?

例えば、法人税率が50%としましょう。
その場合、税引前当期純利益をxとすると、
法人税として支払われるのが1/2x、
繰越利益剰余金に加算されるのが1/2xとなります。

よって、貸借対照表の「未払法人税等」と「繰越利益剰余金」は次のように計算されます。

法人税等(1/2x)-仮払法人税等=未払法人税等
未払法人税等=1/2x-仮払法人税等・・・①

繰越利益剰余金(期首)+当期純利益(税引後)=繰越利益剰余金(期末)
繰越利益剰余金(期末)=繰越利益剰余金(期首)+1/2x・・・②

これらをもとに貸借対照表の貸借差額を利用して逆算します。

負債の部合計+純資産の部合計=資産合計

「未払法人税等」+「未払法人税等」以外の負債の金額
+資本金などの純資産の部の項目+繰越利益剰余金(期末)
=純資産産の部合計

「未払法人税等」と「繰越利益剰余金(期末)」以外の
数字が正しく求められていれば、
①・②を上記に代入することでxが分かります。

ただし、貸借対照表の「未払法人税等」「繰越利益剰余金」以外の
数値が間違っていると、「未払法人税等」や「繰越利益剰余金」を
正しく求めることはできません。

ですから、時間がかかってもできれば
P/Lを作成して法人税等や当期純利益を求めたほうがいいですね。



皆さん、こんにちは。
 
この前ちょっと悲しくなったことがありました。
春休み中に子ども達をどこに連れて行くか考えているときのことです。

以前から気になっていたA(あるテーマパーク)に行って、
そこに併設されているBホテルに泊まるかと思って
Bホテルの予約を取ろうとしました。
この春休みは私と子ども2人の3人で行くつもりです(奥様は2日間の休憩)。

Bホテルのホームページで、宿泊日:3/30、
宿泊人数:大人1名、小学生1名、幼児1名と入力し、
宿泊プランを検索しました。

その結果、「設定された条件でご利用できるプランはありません」。
なにっ! もう予約でいっぱいなのか?

そうですよね。3/30といえば春休み真っ盛り。
どの家族も子ども達におねだりされて
どこかに旅行に行く季節でしょう。
あきらめて、他のところにするか。

そのとき、たまたまなんですが、大人の人数を2名とクリックしたんです。
すると、利用できるプランがズラっと表示されます。
どういうこと?

つまり、子ども連れでも大人1人だと利用できないけど、
大人2人だと利用できるというわけです
(一応、電話でも確認したんですけど、
やはり大人1人での利用はできないそうです・・・)。

Bホテルの立場に立てば、行楽シーズンで、かき入れ時でしょうから、
できるだけ利益を得ておきたい時期でしょう。
大人1名と大人2名では食事の量が少し違うくらいで、
Bホテル側のコストはほとんど変わりません。

でも、利用者が払う料金はほぼ2倍ですから、
大人が1人追加されることによる追加料金のほとんどは
Bホテルの利益となります。商売柄、そんなことはよく分かるし、
Bホテルとしては当然の戦略でしょう。
 
でも、子どもの頃、片親しかいなかった私はこう思ってしまうんです。
片親しかいない子どもはBホテルに宿泊できないんだ・・・。
 
Bホテルの戦略はとてもよく理解できるのですが、
ちょっと悲しくなってしまった話でした。



小野正芳

毎週欠かさずチェック!

フォーサイト公式サイトへ
フォーサイトのeラーニング「道場破り」へ

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。