簿記のスペシャリストによるこっそり裏講義

未分類

皆さん、こんにちは。 
簿記講座担当の小野です。
今日もがんばっていきましょう!

先日第146回簿記検定試験が実施されました。
受験した皆さん、出来はどうでしたか?
詳しい講評等は別途アップしていますが、
ここでは第146回検定試験について、簡単に振り返っておきましょう。

3級はとてもオーソドックスな設問でしたね。
過去問中心に勉強してきた方にとってはとても取り組みやすい問題だったのではないでしょうか。
直近の試験と同様に、50%近い合格率の試験となると思います。

特にポイントとなる第3問の試算表と第5問の財務諸表の問題に突飛な問題がなく、
過去問中心に勉強していれば、「あっ、いつもと同じだ」と感じることができる問題だったと思います。

第1問・第2問もかなりワンパターンな出題で解きやすかったと思います。
用語穴埋め問題であった第4問がちょっと戸惑った部分だったでしょうか。
でも、穴埋め問題も複数回練習する機会があったはずですから、
「何じゃこりゃ!」と言う状況ではなかったでしょう。

入門レベルの処理はどんな企業でもほとんど同じような取引の処理ばかりです。
ですから、同じような処理を正確にはやくできるほうがはるかに価値があると思います。
今回のようなワンパターンな出題は実務から見ても望ましいなぁと思います。

2級も前回と同じくらい「お~! 解きやすい!」と感じられた問題だったと思います。

第141~144回の試験がとても難しかったですから、
それに比べるとかなり解きやすい問題でしたね。

問題を見た瞬間、とてもホッとしたくらいです(笑)。
第2問の銀行勘定調整表は第137回試験と数字が変わっている程度でしたし、
第3問の決算整理もかなりのワンパターンでしたよね。

工業簿記もとても標準的な問題であり、
過去問題集を練習してこられたフォーサイトの受講生の皆さんにとっては、
かなりラクに解けたはずです。

新試験範囲からも圧縮記帳と期末の外貨換算しか出ませんでした。
やはり新試験範囲からガッツリ出題されることはありませんでした。
全体的に見ると、20%の合格率は出るでしょうし、
もしかすると久々に30%台の合格率が出るのではないかと思います。

2級も3級も合格発表が楽しみですね!



皆さん、こんにちは。 
簿記講座担当の小野です。
暑くなったり寒くなったり大変な時期です。体調管理に気をつけましょう!

今回は試算表を作成するときに気をつけなければならない
二重仕訳の見分け方を取り上げたいと思います。
3級の第3問(試算表作成)では並んでいる各種取引のうち、
二度記載されている取引を二度集計しないようにしなければなりません。
このときの見分け方に関するご質問をよくいただきます。

二重仕訳が出てくる問題では、取引が分類されて並べられています。
例えば、1.現金に関する取引、2.当座預金に関する取引、3.仕入取引、4.売上取引
といった具合です。
二重仕訳を見分けるポイントは、このまとめ方です。

上記のまとめ方では
 
・現金の入出金があれば「現金取引」に含められ、
・当座預金の増減があれば「当座預金取引」に含められ、
・仕入があれば「仕入取引」に含められ、
・売上があれば「売上取引」に含められている

ということになります。

ですから、順に仕訳をしながら、「現金」「当座預金」「仕入」「売上」
という勘定だけで仕訳がされていたら二重仕訳であると判断します。

例えば、1.現金取引の中に当座預金からの現金の引き出しが記載されていたとしましょう。次のように仕訳します。
(借)現  金 100,000  (貸)当座預金 100,000

この仕訳は「現金」と「当座預金」だけで成り立っており、上記の条件に該当します。
当然ですが、2.当座預金取引の中に現金引き出しが示されているはずです。
 
このように、仕訳が問題文でまとめられている勘定だけで成り立っている場合には、
二重仕訳であると判断し、どちらかの仕訳だけを集計します。



皆さん、こんにちは。
簿記講座担当の小野です。
海の日まで祝日なしで続くこの時期。
キツイですが何とか乗り越えていきましょう!

6月検定まあと少しとなりました。
まだまだ試験まで時間がありますが、
試験日までのスケジュールを意識しながら勉強を進めていきましょう。

試験日までの時間がかなり残っている時期は、
「まぁ、今日は疲れたし、このあたりでやめとこうかな」
なんて日が必ずあるかと思います。

また、資格試験に限らず、日々の仕事でも、
「納期までまだ時間があるし、今日はこのあたりまでで」と思って、
次の日に仕事を持ち越すこともあるかもしれません。

私も日々の仕事の中でそう思うことが多々ありますが、
そんなときには、高校生の時に高校の先生(生物担当の先生)がおっしゃった一言を思い出すことにしています。

人間は「もうダメ。これ以上ムリ」と思った後にもう少しできるように作られている。
だからキツイときにこそ、あとちょっとだけ勉強しなさい。

完全に余力がなくなる前に「もうダメ」と脳が感じるようになっていなければ、
生命の危機に瀕することもあり得るので、そんな作りになっていると生物の時間に習いました。

もちろん、健康を害するまで勉強・仕事をやる必要はありませんが、
気持ちを引き締めるためにもこう思うようにしています。

ここぞという時に気を引き締める一言。皆さんはお持ちですか?



皆さん、こんにちは。 
簿記講座担当の小野です。
だんだん暑くなってきましたね。
バテ気味にならないようがんばりましょう!

前回の続き、インデックス運用の話です。
簡単な例を作ってみましょう。
平均株価というインデックスがトミタ、ボニー、イマン、瑞穂の4銘柄だけで構成されているとします。
トミタ株は100万株、ボニー株は80万株、イマン株は50万株、瑞穂株は30万株が世の中に出回っているとします。
そこで、Aさんがインデックス運用をするために、
トミタ株を100株(@500円)、ボニー株80株(@600円)、イマン株50株(@700円)、瑞穂株30株(@800円)を購入しました。
合計購入価格が157,000円、合計株数が260株ですから、平均株価は603.87円です(実際はこんな単純な計算ではありませんが)。

本日、インデックス運用をしていない人達がボニー株だけを売買し、ボニー株だけが高騰し1,000円になりました(その他の株式の売買はなし)。すると、

本日終了時点の4銘柄の合計額=189,000円
合計株式数=260株
平均株価=726.92円

となります。インデックス運用をしない人達が、特定の株式について、
その企業の業績などにもとづいて売買を行うために、
それら特定の株式の株価が変動し、その結果、平均株価も変動するわけです。

インデックス運用をしていない人達がいなくなったら、ボニー株だけが売買されることはなくなります。
そして、インデックス運用をする人達は基本的に売買しません。とすると、どうなるでしょう? 
株価が変動しなくなるのではないかと思ったりするのです。

経済は拡大するので企業の活動は拡大され、
その結果企業の株式の価値が上がると考えられてきました
(ちなみに日経平均株価の算出開始時の価格は176.21円でした。最近は19,000円後半ですね)。

インデックス運用ばかりになったら値動きがなくなる? 
値動きしなくなったら困る人がたくさん出てくるのではないかと心配になった1日でした。



皆さん、こんにちは。 
簿記講座担当の小野です。
今日もがんばっていきましょう!

意味不明のタイトルですみません。

iDecoが始まり、個人に資産運用が浸透している現在、資産運用の8割がインデックス投資になっていて、
さらにその割合は増加傾向にあるそうです。
このニュースを聞いたとき、
「すべての資産運用がインデックス運用になったらインデックス自体はどうなるんだ?」
という疑問がわきました。

インデックスとは日経平均株価などの数値のことで、
インデックス運用とは「日経平均株価と同じように値動きするような運用を行うこと」です。
インデックスとしてはTOPIXとか、NYダウとか、NASDAQとかいろいろあります。

例えば、日経平均株価は超有名な大企業225社の株価を平均した数値です。
トヨタ、ソニー、イオン、みずほ銀行といった超有名企業225社が含まれています。
インデックス運用を行うためには、日経平均株価と同じ値動きになるような形で資産を所有(個々の株式を所有)しなければならず、
典型的には日経225社の株式を世の中に存在する割合で所有することになります。

日経平均株価に含まれるトヨタ株が100万株、ソニー株が50万株、イオン株が40万株、みずほ銀行株が30万株、
その他の企業の株式が××万株・・・というように世の中に存在しているのであれば、
自分もトヨタ株を100株、ソニー株を50株、イオン株を40株、みずほ銀行株を30株、その他の企業の株式を××株所有して、
日経平均と自分の資産が同じ値動きをするようにします。

そして、基本的には、購入したら売却しません。
日経平均と資産が同じ値動きをするためには、日経平均と同じ割合を維持しなければなりませんので、
ほとんど売買せずに、所有し続けるのが基本戦略となります。
売買するとしても、ある特定の銘柄だけを売買するということはほとんどないでしょう。
所有割合と世の中に存在する割合が乖離しますからね。

いまはインデックス運用をしない人たちがかなりいますから
(例えば、225社の株式のうちトヨタの株式だけを売買する人、ソニーの株式だけを売買する人など)、
いろいろな株式が独自の値動きをします。

その結果、225社の株式もそれぞれが独自にいろんな値動きをして、
225社全体の株価の平均である日経平均株価も毎日値動きします。
 
では、インデックス運用しかしない人だけになったらどうなるでしょう?
つまり、みんなが225社の株式を同じ割合で所有し続ける世界です。
ちょっと頭の中だけで考えることができなさそうなので、次回、具体例で考えてみましょう!



皆さん、こんにちは。 
簿記講座担当の小野です。
GWはいかがでしたか? 
はやく通常モードに戻してがんばっていきましょう。

今回は、差異分析を行う際に用いる右肩下がりの線の意味に関するご質問を取り上げます。
「固定費は一定であるのに、なぜ固定費率による右肩下がりの直線が出てくるのか? 
これは、操業度によって固定費が変動するということか? 
この図を見ていると、操業度差異とは、
固定費が操業度によって変動するために発生する差異のように思える。」というご質問です。

右肩下がりの直線を引くのは「操業度差異」を求めるためです。
固定費はどれだけ操業しても一定額生じる費用であり、固定費が操業度に応じて変動することはありません。
ですから、固定費がかかる機械などは能力いっぱいいっぱい使わないと無駄になってしまいます。

例えば月間10時間稼働できる機械を所有しているとします。
しかし、当月には8時間しか稼働しなかったとしましょう。ということは、
その機械を2時間遊ばせてしまったわけです。
それならば、最初から8時間しか稼働できない機械を導入しておけば、
10時間稼働できる機械よりも安く導入できたでしょうし、その結果、固定費も安くなったでしょう。

この、遊ばせてしまった時間分に相当する固定費が「操業度差異」です。
例えば、10時間稼働できる機械の固定費が1,000円である場合、
単純計算すると稼働1時間あたり100円の固定費となります。
2時間遊ばせてしまったので200円分の無駄なコストを負担している状態であるということを
「操業度差異」として表します。
 
このように、決して操業度によって固定費そのものが変動しているのではありません。 
固定費は一定の稼働時間を前提としているのですから、その能力をめいいっぱい使えているかどうか、
言い換えれば無駄な生産能力を抱えていないかを表す差異が「操業度差異」です。
これを計算するために右肩下がりの線を引きます。

当然ですが、実際操業度のラインが基準操業度のラインに近づいているほど、
製造状態に無駄がない状態ということになり、そのときは「操業度差異」がとても小さくなります。



皆さん、こんにちは。
簿記講座担当の小野です。
世の中GW、羨ましいですね。
でも、そんなときに勉強してこそ、他人に勝てるのです!

日本商工会議所のHPに、簿記1級の最優秀合格者からの受験者へのアドバイスが掲載されました(4月6日)。
簿記1級に高得点で合格された方が、勉強方法についてアドバイスしている内容です。
これを読むと、どんな勉強をするにしても、勉強の仕方はやはり一緒なのだな、王道はないのだなと改めて感じます。

第1条 毎日継続して学習すること。
第2条 基礎を固めること。
第3条 暗記ではなく理解すること。
第4条 まんべんなく学習すること。
第5条 あきらめないこと。

もう、「おっしゃるとおりです」って感じで、何の反論もできません・・・。

第1条を読むと学生時代に言われてことを思い出します。
部活などで「1日休んだら体を戻すのに3日かかるんだから、毎日練習しろ」なんてことをよく言われたものです。
勉強の時も同じなんですね。「1日休んだら前回の勉強の知識を思い出すのに時間がかかるから毎日勉強しろ」ということなんでしょうね。

第2条は、当たり前すぎてコメントすらできません・・・。それが簡単にできれば苦労はしないのですが・・・。

第3条は、勉強のやり方という話を超えて、普遍的なスキルですよね。
環境変化が激しい現代ですから、知識を覚えておくだけではすぐに陳腐化してしまい、
時代の変化に対応できなくなってしまいます。
そこで必要なのは時代の変化に対応して頭の中の知識体系も変化させることです。
そのためには、知識を暗記するのではなく、その知識の理論・背景などを理解しておくことが必要なんですね。
なぜその知識が世の中に存在するのかを知っていれば、
時代が変わっても時代の変化に合わせて知っている知識を変化させることができますからね。
やまかけをしません。第4条はそういうことですね。

第5条を読むとエジソンの言葉を思い出します。エジソンは発明に失敗したことがないそうです。
うまくいかない方法を見つけただけだそうです。
うまくいかない方法を見つけ続ければ=あきらめずに続ければ、
いつか成功する(合格する)ということなんでしょうね。
私も受験時代は、(簿記1級の合格率が約10%なので)10回受ければ受かるじゃん、
と思って受けていました。あんまり、関係ないか。



皆さん、こんにちは。 
簿記講座担当の小野です。
暖かいを通り越して暑い日も増えてくる今日この頃。
寝冷えには十分注意してくださいね!

今年から確定拠出年金にiDeCoという愛称が付けられ、ほとんどすべての人が加入できる制度となりました。
確定拠出年金は、自分で毎月掛金を拠出し、何らかの金融商品(預金からハイリスクのファンドまで様々な商品が用意されています)で運用し、
60才以降に引き出すという制度です。かなりの税制上の優遇がなされる点がポイントです。

毎月掛金を拠出するときには拠出額が全額税額控除として扱われます。
つまり、税金計算上、拠出額を経費として扱うことができ、その分収入がなかったことにしてくれるわけです。
年収500万円くらいのサラリーマンであれば所得税・住民税をあわせた税率が20%程度でしょう。
年間30万円を拠出したとすれば、その分収入がなかったとみなされて、6万円の税金軽減となります。

また、60才までの運用益(売買益・利息・配当金)に税金はかかりません。
通常の運用益には所得税と住民税あわせて20%が課税されますから、これもまたかなりお得ですね。

さらに、引き出すときにも退職金としての扱いになりますから、ほぼ税金がかからず引き出せます。

つまり、現役時代にもらった給料に税金がかからない状態で貯蓄ができ、
貯蓄している間の利息などにも一切税金がかからず、そっくりそのまま引き出せるわけです。

これだけの優遇を国民に与える意図は何でしょう? 
「国民全員に十分な社会保障を提供できなくなるので、自分の老後は自分で面倒見る準備をしてね」
というメッセージであることは明白だと思います。

60才まで引き出しできないという超デメリットはありますが、
絶対に60才まで引き出さない資金をこの制度を使って貯蓄するのは、
今の現役世代にとって必要かつ重要なことかもしれません。
私も真剣に加入を考えなければなりません。

皆さんは加入していますか?



皆さん、こんにちは。 
簿記講座担当の小野です。
今日もがんばっていきましょう!

仕事や勉強をがんばるためにはいろいろなリフレッシュ手段を持ち合わせている必要がありますよね。
皆さんはどんなことでリフレッシュしていますか?

最近の私のお気に入りは、街の散策とその後の温泉の日帰り利用かスーパー銭湯です。
 
まずは電車・バスを乗り継ぎ、目的地までいきます。100名城、神社100選、古寺100名刹のような名所のいずれかが目的地です。
そして、それらの名所を中心に、その周りの街を散策するんです。
小学3年生と年長の子どもといっしょにまわるので、せいぜい3時間が限度ですから、
どこか1つの名所(そこでお弁当!)と周りの街の散策すると、かなりの運動量になりますよ。

3時間くらい歩いて子ども達がヘトヘトになると、その街の周辺にある温泉あるいはスーパー銭湯にいきます。
近くに温泉があればベストですが、スーパー銭湯でもかなりの満足が得られます。
 
足を伸ばして温泉あるいはスーパー銭湯の炭酸風呂にはいると、
日頃の仕事で凝り固まった肩・腰が、歩き回って疲れた足が癒されます。あぁ~日本人に生まれてよかった。

仕上げは風呂から出た後のスイーツです!
カラカラに乾いたノドにおいしいジュースと甘いお菓子を流し込めば、
ハイいっちょあがり、という感じで撃沈ですね。

そこから電車・バスで自宅まで戻るのが唯一の難儀ですが、帰らないわけにはいかないので、
ちょっとだけ贅沢して、グリーン車で寝て帰るというのが、最近のお気に入りです
(休日のグリーン料金は通常より安いから許して奥様)。
 
皆さんはどうやってリフレッシュしていますか?



皆さん、こんにちは。
簿記講座担当の小野です。
だんだん暖かくなってきましたね。眠さに負けずがんばりましょう!

今回は、カンマなど、解答用紙への記入全般について取り上げたいと思います。

普段の生活ではカンマをつけて数字を書く機会がほとんどなかったり、
数字を書くときは自分のメモ(他人に見せる書類ではない)であるため続け字を使ったりしているケースも多いかと思います。
しかし、簿記検定試験では、カンマを付けて、続け字は使わず、1つ1つの数字を読みやすく書く必要があります。

これは“検定試験のため”だけに必要なことではありません。実務全般で必要なことだと思われます。
そもそも、簿記は何のために行われるのでしょう? 
会社の状況を記録して、できあがった情報を使うために行うのです。
情報を使うのは、経営者、管理職の人々、投資家、銀行、税務当局など多岐にわたりますが、
利益や財産という会計情報を創り出すために簿記という技術が使われているのであって、簿記(記録)そのものが目的ではありません。
 
とすれば、記録を行う際、そして最終的な情報(財務諸表)を作成するときには、
その情報を使う(読む)人の立場に立って書く必要があります。
ですから、カンマを付けた方がいいですし、続け字は使わない方がいいですし、
数字は読みやすく書く方がいいでしょう。

カンマを付けると桁が一目瞭然ですから、読む側にとって取引規模がわかりやすくなります。
また、領収証などではカンマを付けなければ脱税に巻き込まれかねません。
カンマがない場合、「0」を付け加えることが容易だからです。

続け字もないほうが読み手にとって読みやすいでしょうし、
1つ1つの数字も読み間違えないような丁寧さで書く方がいいと思います。
とくに「1」と「7」の区別、「0」と「6」の区別がきちんとできるように気をつけましょう。

簿記検定試験で、こんなところまで学んでおければ、資格取得後にとても役立つこと間違いなしです!



小野正芳

毎週欠かさずチェック!

フォーサイト公式サイトへ
フォーサイトのeラーニング「道場破り」へ

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。