福祉住環境コーディネータースペシャリストによるこっそり裏講義

学習について

15

2010/09

家庭内事故

16:01:24 | 学習について |

先日、元クレージーキャッツの谷啓さんが亡くなられました。体調不良のためにお仕事を控えられていたようでしたので、ご病気によるものかと思っていたところが、ご自宅内での不慮の事故。1階から2階に上がる際に階段でつまずき、顔面を強打したことによる脳挫傷という痛ましい事故でした。とっさに手をつくことができていれば、顔面から倒れこむこともなかったのだと思いますが、高齢になると反応が遅くなってしまうのはいたしかたなく、また、詳細はわかりませんが、手すりのある階段でも、慣れている自宅では手すりにつかまらないこともあり得ます。スリッパ履きでつまずいてしまったかもしれません。上りは下りに較べて無防備になってしまうかもしれません。

皆さんが学習されてご存知の通り、高齢者に限れば、交通事故よりも家庭内事故によって亡くなる人の方が多いのです。そんな私も派手な階段落ちを2回経験しております。臨月のお腹で足もとが見にくい上、夜、レンガ調の外階段でレンガ模様と段差を見分けられず残り5段のところで転落、お腹からではなく、上手にぺちゃんこ座りの状態で着地して事なきを得ました、もちろん膝下はアオアザとすりむき傷で無残な状態でしたが。2回目は飲食店の2階から1階まで、まさに転げ落ちました。急勾配、金属製の滑り止め、直線階段…福コの勉強をしていたら絶対に避けたい組み合わせですね。お店の人はまったく平気な顔で、「あ~あ、落っこちちゃいました?」…絶対過去にも落ちた人がいるに違いない!急勾配は仕方ないにしても、足が納まりきらない踏面、返って滑りやすくなりそうな金属だけの滑り止め(ゴムがよいです)、直線階段の途中にせめて踊り場があれば半階分の転落ですんだかもしれません。

今回、谷啓さんという有名な方が家庭内事故によって亡くなられたことで、住環境整備の重要性があらためて注目されるようになったと思います。皆さんが学習していることは、命にもかかわるとても大切なことなのですよ。ちょっとくらい暗記が大変だって、真摯に取り組もうではないですか。


昨日(9/14)より、11月28日実施、第25回試験の受験申込受付が開始されました。
10月15日(金)18:00締め切りとなります。後回しにすると、ついうっかり、ということもありますので、
今すぐ!申込登録を行って下さいね。

前回くどくどとお伝えしましたが、来年度試験からは改訂後公式テキストに準拠した出題となります。私も毎回受験し(退室可能となる試験開始後30分で解いて退室!を自分に課しております。名古屋会場で受験される方、午前も午後も試験開始後30分で会場から出る人間がいたら、まず間違いなく私です。お楽しみに!)、合格してきておりますが、公式テキスト改訂直後の試験では、正直なところ、果たして自分が合格できるかどうかドキドキです。

もちろん、皆さんに教材をお届けするため、公式テキストの精読は行っておりますから、勉強をまったくしていないわけではありませんが、メインは皆さんの合格のためのフォローなので、「名コーチ、名選手にあらず」状態でとても心配です。さあ、皆さんは公式テキスト改訂のドキドキなど体験することなく、是非、目標級の合格を今回の試験で果たしましょう。


01

2010/09

取るなら今だ!

17:43:47 | 学習について |

7月実施の第24回試験の合格発表がありました。
私どもにも、早々にたくさんの方から合格のご報告、温かいお言葉をお寄せいただきましたこと、
心より感謝申し上げます。

今回の試験では、3級は割りとベーシックな良問、2級は過去の出題傾向からは大分外してきたな、
という印象でしたが、共に合格率は5割程度でしたので、受験生の皆様の実力の高さ、
努力の賜物と思います。

さて、今回残念で再チャレンジに燃えている方、また来年の夏、なんてことはおっしゃらずに、
是非、この11月に再トライしてください。なぜなら…

2011年1月下旬に公式テキストの改訂が予定されています。過去の改訂では、内容がガラリと変わってしまったり、改訂が大幅に遅れて公式テキストの発売が遅れ、試験までの期間がとても短かったり、ということがあります。今回は福祉制度改革等、大幅に内容が変わることが予想され、それに伴い、これまでに身につけた知識、過去問題集等が役に立たなくなる恐れがあります。また、公式テキスト改訂・発売後にテキスト・問題集等の作成を行うことになるので、市販本を含め対応教材がない!という事態も予測されます。ひょっとすると難度もぐんとアップしてしまうかもしれません。

取るなら今ですよ!
2010年11月試験受験申込開始は9月14日(火)からです、お早めに!


06

2010/07

いよいよ本試験

10:09:43 | 学習について |

いよいよ本試験ですね。
受験票は届いていますか?試験会場までのアクセスや所要時間はだいたいつかめていますか?

試験当日の朝も大切な学習時間ですから、絶対にあきらめず、試験会場までの道中もとことん勉強してください。なかなか覚えられなかったところがなぜかすいっと頭に入って、それが試験にも出た、なんてことが起るかもしれません。最近は若い方の受験が増えて、試験会場でワイワイと騒がしくしている姿をよくみかけます、が、みなさんは試験に合格するためにそこにいるのですから、そんなものには振り回されず、ぎりぎりまで勉強してください。耳栓が苦手でなかったら持っていかれるとよいと思います。服装も楽な格好でお出かけ下さい。冷房がどの程度利いているかわかりませんから上着とかタオルとか、羽織れるものを持っていくようにしてください。

また、2・3級ダブル受験の方は昼食を現地調達ではなく持参するようにしてください。試験会場の近くで食べようと思っているとお店がなかったり、お休みだったり、満席だったり、ということもあり得ます。できるだけ、お家の近くのコンビニなどで調達していくか、日の丸弁当でも塩むすびでもよいので用意していきましょう。そして腹6分目~7分目程度におさえましょう。そうそう、これも大切です、ダブル受験の方、3級試験が早く解けて解答用紙の見直しがしっかりできたら途中退出してしまいましょう、そして2級の勉強時間をここでも捻出するのです。知らないものはどれだけ時間を費やしても出てきませんから運にまかせてエイヤーっとマークしてくる潔さも大切です。

あまりたいしたアドバイスでなくて申し訳ないのですが、皆さんはここまで十分に努力されてきたことと思います。自分を信じて頑張る人にきっと勝利の女神は微笑んでくれると思います。


本試験まで残り数日となりました。みなさん体調管理は大丈夫でしょうか。

うちの子供が通っている中学校では、定期試験や音楽の歌のテストの日などに欠席してしまうと評価は0点になります。別の日に試験をしてくれるという救済措置はありません。受験や部活の試合の時などに、体調を崩して本調子が出せなかったとしても救済されることはないのだからと、先生方が体調管理の大切さを日頃から心がけさせてくれているようです。

そうです、こればかりは自己責任。毎日暑いですし、梅雨の不快感もあり、疲労がたまりやすい時期です。良い睡眠をしっかりとるため、夜遅くまで勉強するよりは、朝早起きをして学習時間を確保するなどの工夫をしましょう。早朝ならテレビドラマの誘惑もありませんし静かですから集中できますよ(ちなみに私は朝4時~4時半に起きています、冬は5時でも辛いですが)。また、本試験は夜ではなく、昼間の明るい時間帯に行われるのですから、勉強頭を明るい時間帯にセットしていきましょう。


27

2010/06

試験2週間前

9:41:54 | 学習について |

問題を解くスピードがついて、ほとんど正解できるようになってきたら、公式テキストの精読を並行して行いましょう。

3級は1~3日、2級は4~7日くらいで、1日にここまでは読む!と決めて、ちょっとした時間も無駄にせず、1行でも読み進めるつもりで頑張りましょう。このとき、ここはよく問題に出てきたけどなかなか覚えられないんだよなぁ、とか、え~っこんなの初めて知った、という箇所にマーカーで下線を入れておきます。最後のページまで下線を引くことができたら、次にテキストを読むときは、下線の引いてある箇所だけを集中して読んでいきます。この作業によって学習効率がぐんとアップします。ここでもまだまだ覚えられなくて心配だな、という箇所にはさらに違う色のマーカーを引いていきます。フセンなどでさっとそのページを開くことができるようにしておくのも良いでしょう。

試験の直前期は緊張とともに集中力も高まってくるので、試験当日の朝だって貴重な学習時間です。しかし、時間は限られているので、そこで落ち着いて勉強をするためには、今自分が何をすべきかを明確にしておくことが大切です。そわそわとあっちこっちのページをめくっていても頭には入ってきません。時間を効率よく使う工夫をしておきましょう。


7月試験向けの模擬試験を弊社より6月12日にヤマトメール便にて発送いたしました。

これまでの出題傾向を踏んで問題作成をしておりますが、いわゆる「やまかけ」ではなく、
「弱点分野を把握する」、「解くスピードを意識する」ための問題演習であるとご理解下さい。

好きな分野であっても正解できなければ試験では意味がありません。
皆さんがどんなにいい人であっても、マークシートリーダーは皆さんの人となりまでは
加味してくれません。

1点に泣かないように、1点を拾い集める。
模試を通して知識、記憶の穴を把握し、試験までにどんどん埋めていきましょう。


大島幸子

毎週欠かさずチェック!

フォーサイト公式サイトへ
フォーサイトのeラーニング「道場破り」へ

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。