通関士スペシャリストによるこっそり裏講義

こんにちは。
講師の神田です。

次の内容の質問をいただきました。
このご質問は、他の方も疑問にお持ちになると思いますので、
ブログにて回答を公開します。

■質問内容
通関士資格は一生有効なのに、資格を「喪失」したり、
「通関士でなくなる」という言葉の表現が、よく理解できません。

類似問題を解く上で、だいたい正解してはいますが、
「喪失とは、一旦なくなり、再度戻る」とはいっても、
「なくなる、喪失する、取り消される」等の用語の使用方法がわかりません。

■回答
まず前提として、資格喪失の意味は、永久に通関士となる資格を
剥奪されるということではありません。

改めて「確認」を受けることができる状態((1)欠格事由該当による喪失であれば、
欠格期間の経過、(2)退職による喪失であれば、他の通関業者への就職等)になれば、
新たに「確認」を受けることによって再び通関士となることができます。

なお、「なくなる」と「喪失」は法令上・試験上は同義で用いられています。
「取り消される」という表現は、「通関士の資格喪失」では用いられません。



神田明

毎週欠かさずチェック!

フォーサイト公式サイトへ
フォーサイトのeラーニング「道場破り」へ

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。