通関士スペシャリストによるこっそり裏講義

みなさん、こんにちは。
講師の神田です。

数名の受講者の方から、次のような質問を受けました。

■質問概要
特例輸入申告制度の場合、なぜ原産地証明書の提出か不要なのでしょうか。

■回答
特例輸入申告の際、原産地証明書が不要とされる理由は、主に2つあります。

(1)特例輸入申告制度において、輸入申告および納税申告は基本的にペーパーレス化されています。
そのため、原産地証明書(書類)の提出を必須とすると、ペーパーレス化の効果(時間短縮・手続きの簡易化)が薄らいでしまいます。

(2)特例輸入者は、法令遵守体制を確立して法定の承認要件を満たした輸入者であるため、原産地証明書の提出がなくても、当該申告内容が信頼できるものと推定されるためです。
 なお、特例輸入者は、原産地証明書の保存義務がありますから、適法な申告であったかを事後に確認することができます。

以上、参考になさってください。



神田明

毎週欠かさずチェック!

フォーサイト公式サイトへ
フォーサイトのeラーニング「道場破り」へ

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。