フォーサイト社長 山田浩司の社長日記

21

2013/09

失敗

教育について

先日読んだ「Googleの誕生」という本の中にいい言葉がありました。

「成功に導く唯一の道はまず失敗をたくさんすること」
創業者のサーゲイ・ブリンの言葉です。

思い起こせば、私もたくさんの失敗をしています。

通信講座の講義DVDは、講師がカメラ目線で撮影しないと、効果的な映像にはなりません。
当初は教室での通学講座を撮影していました。
まずは教室の後ろの天井にカメラを設置し、撮影しました。
しかし、通常、講師は椅子に座っている受講生の眼を見て話すので、なかなかカメラ目線にはなりません。
そこで、カメラの横に、「ここを見ろ!」と張り紙をしましたが、当然、効果はありませんでした。
次に、教室の後ろに、撮影スタッフを入れて撮影しましたが、それでもなかなかカメラ目線にはなりませんでした。
ならば、受講生の同じような人間型カメラを作り、受講生の中の設置すればといいと考えました。これなら自然とカメラ目線になると考えました。
当時、200万円もの大金をはたいてパナソニックにカメラの製作を依頼し、カメラは完成しました。
そして、実際に、それで撮影したところ、講師の写りがぶさいくなのです。
人の顔を下から見上げると、どうしても顎の部分が強調されるので、どうやってもぶさいくになることがわかりました。
ここまでに2年かかりました。
得た結論は、通学講座を撮影しても、通信講座では使えないということでした。
そこで、通信講座専用スタジオを作ることにしました。

ここからも失敗の連続でした。
スタジオだけで10回以上、作りなおしています。
そして、最初のスタジオから5年かけて、やっと満足できるスタジオを作ることができるようになりました。

つくづく、「成功に導く唯一の道はまず失敗をたくさんすること」だと思いました。



山田浩司

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。