フォーサイト社長 山田浩司の社長日記

キャリアデザインの書籍を読み進めていくうちに、
「そもそも資格とは何か?」について考えるに至りました。

現在、弁護士は過剰で儲からない、
公認会計士も監査法人への就職が困難、
歯医者はどんどん廃業。

だから、「資格をとっても、意味がない」という極論も出ています。

しかし、それは本当でしょうか?

そもそも、世の中で「これがあれば人生は安泰」という
武器は存在するのでしょうか?

考えられるのはまず、「学歴」です。
確かに、学歴があれば社会において
有利であるというのは事実だと思います。

しかし、東大を卒業しても、無職の人はたくさんいます。
いわゆる「東大までの人」です。

次に、「一流企業の社員という地位」。
これについても、競争に勝ち抜き続けなければ
左遷されてしまいますので、決して「人生安泰」とは言えません。

このようにひとつひとつ考えてみればわかりますが、
「これがあれば人生は安泰」という武器は存在しないのです。

これを資格に求めるので、
「資格をとっても、意味がない」という極論になるのです。

資格をとっても儲かっていない方もたくさんいますが、
資格をとって儲かっている人、活き活きと活躍している人はたくさんいます。

資格は「人生安泰」という武器ではありませんが、
人生を変える手段として十分なものだと思います。



山田浩司

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。