フォーサイト社長 山田浩司の社長日記

ここ1年、海外の教育や脳科学、能力開発の関する論文を精力的に読んで、分析しています。
その際、気になることがあります。
日本には、あまりいい論文がないことです。

やはり、アメリカ・イギリスは素晴らしい学者がたくさんいて、次々にいい論文を発表しています。
これに対して、日本の大学ではそのような学者・論文はほとんどありません。

海外の論文は、必ず膨大な実験データを基にした緻密な分析がなされています。
また、発表された膨大な論文を再度、チェックする機関やこれらの論文を総括する能力の高いライターがいます。
これに対して、日本のものは、貧弱なデータ、客観性のない論文ばかりです。

ぜひとも、日本の大学にも頑張ってもらいたいものです。



山田浩司

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。