フォーサイト社長 山田浩司の社長日記

2013 / 09

28

2013/09

無視

0:00:58 | 教育について | Comments Off | Trackbacks (0)

先日読んだ「Googleの誕生」という本の中にもうひとついい言葉がありました。

「不可能に思えることには、できるだけ無視の姿勢で臨むこと」
創業者のラリー・ペイジの言葉です。

世の中にないものを生み出そうとする場合、それができない理由は無数に思い浮かびます。
ただ、それを思い浮かべると、「だから、やっぱり無理」という結論になってしまいます。
だから、楽観的に考えることが大切です。

このように考えて、できるはずがないと思われることに挑戦すべきだと言っています。

私も、このように考えて、自分の夢に向かって進んでゆきたいと考えています。



21

2013/09

失敗

0:00:24 | 教育について | Comments Off | Trackbacks (0)

先日読んだ「Googleの誕生」という本の中にいい言葉がありました。

「成功に導く唯一の道はまず失敗をたくさんすること」
創業者のサーゲイ・ブリンの言葉です。

思い起こせば、私もたくさんの失敗をしています。

通信講座の講義DVDは、講師がカメラ目線で撮影しないと、効果的な映像にはなりません。
当初は教室での通学講座を撮影していました。
まずは教室の後ろの天井にカメラを設置し、撮影しました。
しかし、通常、講師は椅子に座っている受講生の眼を見て話すので、なかなかカメラ目線にはなりません。
そこで、カメラの横に、「ここを見ろ!」と張り紙をしましたが、当然、効果はありませんでした。
次に、教室の後ろに、撮影スタッフを入れて撮影しましたが、それでもなかなかカメラ目線にはなりませんでした。
ならば、受講生の同じような人間型カメラを作り、受講生の中の設置すればといいと考えました。これなら自然とカメラ目線になると考えました。
当時、200万円もの大金をはたいてパナソニックにカメラの製作を依頼し、カメラは完成しました。
そして、実際に、それで撮影したところ、講師の写りがぶさいくなのです。
人の顔を下から見上げると、どうしても顎の部分が強調されるので、どうやってもぶさいくになることがわかりました。
ここまでに2年かかりました。
得た結論は、通学講座を撮影しても、通信講座では使えないということでした。
そこで、通信講座専用スタジオを作ることにしました。

ここからも失敗の連続でした。
スタジオだけで10回以上、作りなおしています。
そして、最初のスタジオから5年かけて、やっと満足できるスタジオを作ることができるようになりました。

つくづく、「成功に導く唯一の道はまず失敗をたくさんすること」だと思いました。



14

2013/09

コミュニケーション

0:00:13 | 教育について | Comments Off | Trackbacks (0)

コミュニケーションって、難しいですね。
会社で若い社員で話していると、自分の考えをどのように伝えるべきか悩む場合が多々あります。
難しい原因は、自分の価値観・物事の前提と相手の価値観・物事の前提が異なることにあります。

たとえば、私が子供の時、傘1本なくしたら、親にこっぴどく怒られました。
理由は傘が高価なものだったからです。
物全般が高くて、手に入れるのに苦労しましたので、よく「物を大切に」と説教されました。

ところが、今では、傘1本100円で買えます。
100円あれば、ほとんどの物が買えます。
だから、「物を大切に」と説教してもあまり説得力がありません。

でも、社会の先輩として、やはり「物は大切に」ということは教えてゆかなければなりません。

そのためには、徹底的に相手と話し合い、共通の価値観を探し出す必要があります。
最近、このような話し合いをやっているので、若い社員からはうるさいおじさんと思われているかもしれません。



07

2013/09

完璧主義

0:00:30 | 教育について | Comments Off | Trackbacks (0)

女性の方で多いのが、完璧主義の方。
資格も取得し、仕事もばりばりやって、さらに、子育て・家事も完璧にこなそうという方がいらっしゃいます。

しかし、これがやれればいいのですが、やはり無理なものは無理。
そんなとき、すべてがイヤになってしまうようです。

この場合、「重要なこととそうでないことをきっちりと分け、重要なことだけ完璧主義者になる」というように考えを変えることをお勧めします。

たとえば、資格試験の直前になったら、最も重要なことは資格試験の勉強です。
だったら、部屋の掃除はちょっとだけお休みし、料理も出前にし、子供も親に預けるというように、割り切ることが大切です。

すべてを完璧にやり続けることは現実には不可能です。
その時、その時で最も重要なことに力を注ぐべきです。



山田浩司

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。