フォーサイト社長 山田浩司の社長日記

2014 / 02

26

2014/02

脳波分析

0:00:29 | 教育について | Comments Off | Trackbacks (0)

脳波分析が進化しています。

機器自体もかなり低価格になり、
分析精度もあがっています。
この調子でいくと、まもなく、人間が何を考え、
どうしたいのかが機械によって
手に取るようにわかる時代になると思います。

これによって、四肢が不自由な方にとっては
すばらしい福音になると思います。
ただ、使い方によっては、大変なことも予想されます。

たとえば、デートの際、
相手の感情が手にとるようにわかったら。

「私のこと、好き?」
「うん、好きだとよ」と答えたにもかかわらず、
脳波は「これはうそです」と反応したら。
考えるだけでもぞっとします。

DNAの解読、脳波の分析。
何でもわかる時代が目の前まで来ています。
その時、人間はどうするべきなのか。

悩ましい時代の幕開けかもしれません。



19

2014/02

人工知能

0:00:48 | 教育について | Comments Off | Trackbacks (0)

昨年11月、国立情報研究所や富士通研究所が共同で開発する
人工知能「東ロポくん」が東大の入試模試に挑戦し、
数学で合格者平均を超える偏差値61.2をたたき出しました。

将棋ソフトがプロ棋士を負かすなど、
近年の人工知能の躍進にはめざましいものがあります。
この調子で進化が進むと、
ほとんどの分野で人間が負けてしまうかもしれません。

その時、人間の存在意義とは?

人工知能に人間が使われる日は遠くないかもしれません。



アメリカのグーグルは昨年9月、
エデックスと業務提携し、
教育市場に参入することを発表しました。

また、昨年10月には、アマゾンは、
教育サービスを手掛ける
テンマークス・エデュケーションを買収しました。
さらに、ディー・エヌ・エーも
昨年12月16日教育市場への参入を表明しました。

教育市場は閉鎖的で
これまで新規作業はほとんどない状態でした。

どんどん新規参入することによって、
業界が活性化すればと考えています。



05

2014/02

勉強時間の確保

0:00:52 | 教育について | Comments Off | Trackbacks (0)

2014年1月7日の日本経済新聞社の朝刊の記事によれば、
資格取得をめざしていない人の41.8%が
「勉強する時間がない」という理由を挙げているとのことでした。

通学講座が主流であった昔の話なら理解できますが、
今は通信講座の世の中。
果たして、本当に勉強時間がないのが疑問です。

たとえば、1日の通勤時間(往復)を90分、
年間勤務日数を245日とすると、
なんと、1年間で367.5時間にも上ります。
この時間をすべて資格取得の勉強に充てれば、
宅建ぐらいの資格なら合格できます。

これに加えて、昼食の時間中に勉強をしたり、
さまざまなすき間時間を加えれば、
年間で優に500時間は確保できるのではないかと考えます。

時間がないは、言い訳に過ぎません。



山田浩司

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。