フォーサイト社長 山田浩司の社長日記

2015 / 12

今年1月、幻冬舎より「難関資格が取れる勉強法」を刊行しましたが、
その第2弾を今月下旬に刊行することになりました。

前著は勉強法について基本的な事柄を丁寧に解説しました。

今回は、本試験直前の勉強法やメンタル管理について書いてみました。
メンタル管理についての書籍はほとんど出版されていないので、
少しは出版する価値があるのではないかと自負しています。

現在、来年の9月をめどに第3弾を刊行するための原稿を書き始めています。
ご期待ください。



視察旅行の参加者のほとんどが中小企業の社長さんでした。
実は、私はほとんど社長さんとの交流したことがありません。
一度にいろんな業界の社長さんと交流したのははじめての経験でした。

みなさん、個性的で、かつ、勉強熱心で驚きました。
また、会話の幅が広いことにも驚きました。
日本の中小企業はすごいと感じました。



まず、感じたことは、カンボジアの成長性です。

一番大きな開発中の工業団地は、
なんと東京の山の手線の内側の面積とほぼ同じという巨大なものです。

日本の大きな工業団地も見たことがありますが、比べ物になりません。
このような工業団地が次から次へと開発されているのを見ると、
生産拠点が中国から東南アジアに移動しつつあるというのを肌で感じることができました。

次に、そこで働く日本人サラリーマンのすばらしさです。

日本から派遣されて、カンボジアで工場を立ち上げている方のお話しを聞くことができました。
その苦労は大変なものですが、それでも頑張っている姿に感動しました。



11月中旬、銀行主催の視察旅行に参加しました。
タイ・カンボジア・ベトナムを視察する旅行です。

旅行が趣味なのですが、なぜか今まで東南アジアには行ったことがありませんでした。
だから、東南アジアに一度行ってみないと思っていたところ、
銀行主催の視察旅行の案内があったので、参加しました。5泊6日の旅でした。

タイのバンコクから入り、主にカンボジアの工業団地を視察するというものです。
ポイペト→シェムリアップ→プノンペン→バベットの順に視察し、
最後にベトナムのホーチミンから帰国しました。

ほとんどがバスによる移動で、日中の気温は37度。体力的に大変でした。
でも、参加してよかったと感じています。



山田浩司

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。