フォーサイト社長 山田浩司の社長日記

2016 / 06

28

2016/06

田中角栄

19:12:19 | 教育について | Comments Off | Trackbacks (0)

今、田中角栄の本がブームです。
書籍に行くと、ベストセラーのところに陳列されています。
そこで、幻冬舎刊 石原慎太郎著 「天才」と、
宝島社刊 「田中角栄100の言葉」の2冊を読んでみました。

読んでみて、それまでの田中角栄のイメージが変わりました。
それまでは、マスコミの影響から、
「金権政治の大将」というイメージでしたが、「本物の政治家」というものに変わりました。
深い「愛国心」に感銘しました。

一番、強烈な印象に残ったのが、次の言葉でした。

「勤労」ということを知らないで育った人は不幸だと思います。
本当に勤労しながら育った人は、人生に対する思いやりもあるし、
人生を素直に見つめる目もできてくるわけであります。

「人は働くことによって磨かれる」ということを再認識しました。



21

2016/06

ニューヨーク

19:11:26 | 教育について | Comments Off | Trackbacks (0)

ボストンの次に、ニューヨークに行きました。
明るく、活気がありました。

日本のサラリーマンと異なり、
通勤中でも明るい方が多いのが印象的でした。

タイムズスクエア、エンパイアステートビル、
セントラルパーク、メトロポリタン美術館、ニューヨーク大学などをまわりました。

物価が高いのが難点ですが、それ以外は大変魅力的な街でした。



14

2016/06

ボストン その2

19:10:36 | 教育について | Comments Off | Trackbacks (0)

ボストンで印象に残ったのが、ハーバード大学とMITでした。

両大学で雰囲気が全く違います。

ハーバート大学は、のびのびした印象を受けました。
日本の大学にはないすばらしい雰囲気でした。

これに対して、MITは割と日本の大学に近い印象でした。
これは、MITの方がアジアの学生が多いためかもしれません。

実は、20代前半の時、ハーバード大学のロースクールに入学する予定でしたが、事情により中止しました。
もし、その時、ここに留学していれば、今頃、どんな人生になっていたのかと考えてしまいました。



07

2016/06

ボストン その1

19:10:15 | 教育について | Comments Off | Trackbacks (0)

5月下旬、ボストンに行きました。
3年後にボストン支店を出そうと考えおり、その視察です。

これまで世界中を旅行していますが、なんとアメリカ本土ははじめてでした。

ボストンは、ハーバード大学、MITをはじめ、アメリカの教育のメッカです。
世界中の最新の教育に関する情報がここに集まってきます。
ここにフォーサイトの拠点をつくり、最新の情報を得て、業務に生かしたいと考えています。

不動産屋をまわったり、いろいろ調査しましたが、その都度、アメリカのパワーに圧倒されました。
ぜひ、ボストン支店を作りたいと決意しました。



山田浩司

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。