フォーサイト社長 山田浩司の社長日記

2017 / 08

決裁の仕方として、もうひとつ有名なのが「システム思考」です。

あるサイトには、このような説明がなされています。
システム思考は、複雑な状況下で変化にもっとも影響を与える構造を見極め、
さまざまな要因のつながりと相互作用を理解することで、真の変化を創り出すためのアプローチです。

問題の見えている部分を近視眼的・表層的にとらえるのではなく、
全体像をさまざまな要素のつながりとして理解し、本質的な原因を見通して、
他の分野や将来に悪影響を及ぼさない、最も効果的な解決のための働きかけを考えます。

ただ、かなり難しいので、セミナーに参加して、習得してみたいと考えています。



今、決裁の仕方を研究しています。
有名なのが、インバスケット思考です。

これは、10個の能力を使って、
限られた時間で、より精度が高く、より成果があがるように
多くの案件を処理するためのスキルです。

なお、この思考には絶対的な答えはありません。
あくまでも「考え方」です。時と場合により、
下記の10個の能力を組み合わせて判断します。

①優先順位設定力:多くの案件の中から、どれから先に判断をするべきか順番をつけたり、
同じトラブルでも、何から判断するべきかの順番を付けたりする能力です。
②生産性:限られた時間内でどれだけの仕事ができたかという指標です。
いわば「数をさばく能力」です。
③問題発見力:何が問題かを見つけることができる能力です。
④問題分析・判断力:仮説を立てて、その裏付けを取り、分析する能力です。
⑤創造力:新しいアイデアや対策を考える能力です。
⑥洞察力:先を読んだり、範囲を広げたりして物事を観察できる能力です。
⑦計画組織力:計画を作り、組織を使って実行する能力です。
⑧当事者意識:自ら主体的に行動する姿勢や意識を指します。
「他人がやってくれる」という意識ではなく、「自分には何ができるか」を常に意識して、行動することです。
⑨意思決定力:論理的に判断したことを明確に相手に伝える能力です。
⑩ヒューマンスキル:対人関係を円滑にするための能力です。

大変参考になる考え方なので、実践してみたいと思っています。



07

2017/08

昼キュン出演

13:18:59 | 教育について | Comments Off | Trackbacks (0)

7月25日火曜日に東京MXの昼キュンという生番組に出演しました。
サンプラザ中野さんと田中みな実さんが司会の番組です。
約10分間出演しました。

事前にプロデューサーと打合せし、内容を検討し、
それを元に、何度もメールのやり取りをして、台本を確定しました。
最終の台本は前日にいただきました。

そして、番組開始の30分前に全スタッフで最終打合せし、本番という流れでした。

台本自体はあるのですが、その場のノリで内容はどんどん変わっていくという感じでした。
出演者の方に助けられて、無事、終了することができました。
番組終了後に記念撮影をして、すべて終了しました。

無事、終わることができてホッとしています。



山田浩司

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。