フォーサイト社長 山田浩司の社長日記

年代別合格者のデータ分析の続きです。

●勉強時間帯
若い世代は早起きは苦手なので朝の勉強は効率が悪い。
同時に深夜も悪い。年配の世代は朝は強い。

●暗記の仕方
若い世代は聞きながら覚えるのが効果的。
これに対して、年配の世代は書く、読むなどの能動的な覚え方が効果的。

●勉強の仕方
若い世代はテレビ・ラジオを視聴しながら勉強しても効果が上がるが、
年配の世代はそれをやると不合格になりやすい。

●勉強する場所
若い世代はトイレ・寝室・自分の部屋などの静かな場所の方が勉強がはかどるが、
年配の世代の場合、反対の傾向がある。

なかなか興味深い結果となりました。
今後の指導に役立てたいと思います。



年代別合格者のデータ分析が完了しました。
わかった点は下記の点です。

●いつから勉強を開始したか?
若い世代なら短期合格も可能だが、年配の世代では短期合格は不可能。
反対に、若い世代はあまり早くから勉強を開始しても自己管理能力が低いため続かないが、
年配の世代の場合、自己管理能力が高いため合格できます。

●1日当たりの勉強時間
若い世代は1日当たり6時間までが限度でそれを超えると不合格になりやすい。
つまり、毎日の勉強についても短時間集中がいい。
反対に、年配の場合、1日4時間以上勉強した方が合格しやすい。

●休日の勉強
若い世代は休日は勉強した方が合格しやすいが、
年配の世代は体力がないので休んで方が合格しやすい。



お盆に実家に帰りました。
いつもお盆に実家に帰ることはないのですが、
5月下旬にオヤジがなくなったためです。

仕事の関係で、死に目にも会えず、
通夜・葬儀にも出られなかったので、今一つ実感がわいてきません。

葬儀というものは、残された者の心の整理をするためのものであるということを再認識しました。
今までそこにいた人がいない不思議な空間に帰省したという感じでした。



8月上旬に、ハーバード大学に在学中の古川さんと
MITに在学中の森本さんとの交流会を実施しました。
ともに女性です。

前日に、私とお二人で東京ドームホテルで天ぷらをいただきました。
そして、翌日に、社員・東大生アルバイト向けのセミナー・交流会を実施しました。

セミナー・交流会とも大成功を収めました。
お二人とも、大変魅力的な人柄で、かつ、能力も高く、行動力もあるので感心しました。
日本から単身でアメリカの名門大学に入学して活躍しています。これからが楽しみなお二人でした。

毎年、このような交流会を実施してゆきたいと思いました。



これまで、30年以上講師をしてきて、本当にたくさんの方の指導をしてきました。
それによって得たのが、「人は千差万別」という真理です。
いわゆる「平均人」という概念はなく、「誰しも、一皮むけば、みんな変人」というものです。
だから、人を雇うにしろ、人に教えるにしろ、その個性に合わせて行わなければならないと考えています。

このように考えと全く同じの書籍を発見しました。
「平均思考は捨てなさい 出る杭を伸ばす個の科学」トッド・ローズ著 早川書房です。

人は、体の大きさ、性格、才能、人間的特性など、
ほぼバラバラ(これをバラツキの原理と呼んでいます)。
だから、成長や目標へ到達するための正しい道は1つだけではなく、
いくつもあり、どれも妥当な方法である。

そして、最適な経路は個性によって決定される(これを迂回路の原理と呼んでいます)。

自分の考えが正しいと確信でき、読んでうれしくなりました。



決裁の仕方として、もうひとつ有名なのが「システム思考」です。

あるサイトには、このような説明がなされています。
システム思考は、複雑な状況下で変化にもっとも影響を与える構造を見極め、
さまざまな要因のつながりと相互作用を理解することで、真の変化を創り出すためのアプローチです。

問題の見えている部分を近視眼的・表層的にとらえるのではなく、
全体像をさまざまな要素のつながりとして理解し、本質的な原因を見通して、
他の分野や将来に悪影響を及ぼさない、最も効果的な解決のための働きかけを考えます。

ただ、かなり難しいので、セミナーに参加して、習得してみたいと考えています。



今、決裁の仕方を研究しています。
有名なのが、インバスケット思考です。

これは、10個の能力を使って、
限られた時間で、より精度が高く、より成果があがるように
多くの案件を処理するためのスキルです。

なお、この思考には絶対的な答えはありません。
あくまでも「考え方」です。時と場合により、
下記の10個の能力を組み合わせて判断します。

①優先順位設定力:多くの案件の中から、どれから先に判断をするべきか順番をつけたり、
同じトラブルでも、何から判断するべきかの順番を付けたりする能力です。
②生産性:限られた時間内でどれだけの仕事ができたかという指標です。
いわば「数をさばく能力」です。
③問題発見力:何が問題かを見つけることができる能力です。
④問題分析・判断力:仮説を立てて、その裏付けを取り、分析する能力です。
⑤創造力:新しいアイデアや対策を考える能力です。
⑥洞察力:先を読んだり、範囲を広げたりして物事を観察できる能力です。
⑦計画組織力:計画を作り、組織を使って実行する能力です。
⑧当事者意識:自ら主体的に行動する姿勢や意識を指します。
「他人がやってくれる」という意識ではなく、「自分には何ができるか」を常に意識して、行動することです。
⑨意思決定力:論理的に判断したことを明確に相手に伝える能力です。
⑩ヒューマンスキル:対人関係を円滑にするための能力です。

大変参考になる考え方なので、実践してみたいと思っています。



7月25日火曜日に東京MXの昼キュンという生番組に出演しました。
サンプラザ中野さんと田中みな実さんが司会の番組です。
約10分間出演しました。

事前にプロデューサーと打合せし、内容を検討し、
それを元に、何度もメールのやり取りをして、台本を確定しました。
最終の台本は前日にいただきました。

そして、番組開始の30分前に全スタッフで最終打合せし、本番という流れでした。

台本自体はあるのですが、その場のノリで内容はどんどん変わっていくという感じでした。
出演者の方に助けられて、無事、終了することができました。
番組終了後に記念撮影をして、すべて終了しました。

無事、終わることができてホッとしています。



31

2017/07

決裁

教育について

最近、管理職になった部下から
「決裁の仕方を教えて欲しい」と頼まれました。

社長になると、毎日、決裁します。
何年かやっているうちに、自分の決裁のパターンというものをもっていると感じます。
しかし、それを体系的に考えたことはほとんどありませんでした。

以前、コンサルタントをやっていた際、実に多くの誤った決裁を目にしてきました。
それまでは、
「人は正しい判断をすることできるのだが、それを行動に移せないのではないか」
と考えていました。

しかし、そうではなく、正しい判断自体ができない場合が多いと感じていました。
ですから、正しく判断することはとても大切なことだと思います。

当分の間、どのようにして正しい判断をするのか、
体系的に研究してみたいと考えています。



以前は、においを嗅ぐのもいやだったタイ料理でしたが、
東南アジアに何度も行くにつれ、少しずつ食べられるようになってきました。

トムヤンクンやパクチーは大の苦手でしたが、
食べられるようになってきました。

中には、少しずつ美味しいと感じる料理も出てきました。

はじめは嫌いでも、何度も食べていると
徐々に美味しくなってくるという不思議な体験をしました。

今年も後半に何度も東南アジアに行かなければならないので、
年末ぐらいにはタイ料理が好きになっているかもしれません。



2 / 2512345...1020...最後 »

山田浩司

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。