フォーサイト社長 山田浩司の社長日記

女性の方で多いのが、完璧主義の方。
資格も取得し、仕事もばりばりやって、さらに、子育て・家事も完璧にこなそうという方がいらっしゃいます。

しかし、これがやれればいいのですが、やはり無理なものは無理。
そんなとき、すべてがイヤになってしまうようです。

この場合、「重要なこととそうでないことをきっちりと分け、重要なことだけ完璧主義者になる」というように考えを変えることをお勧めします。

たとえば、資格試験の直前になったら、最も重要なことは資格試験の勉強です。
だったら、部屋の掃除はちょっとだけお休みし、料理も出前にし、子供も親に預けるというように、割り切ることが大切です。

すべてを完璧にやり続けることは現実には不可能です。
その時、その時で最も重要なことに力を注ぐべきです。



現在、行政書士・社労士・宅建・FPで、受講開始直後に読んでいただいているマンガがありますが、やっと、簿記が完成しました。

勉強していただく前に、取得する資格のイメージや勉強していただく内容がわかりやすく把握していただくためにマンガを製作・配布しています。

専門的な内容のマンガもたくさんありますが、どれもマンガとしておもしろくありません。
そこで、マンガとしておもしろく、かつ、勉強の理解の助けにもなるマンガを製作したいと考えてはじめたのがこの企画です。

はじめて製作した行政書士の場合、完成に1年半もの期間を要しましたが、現在では1年2か月ぐらいで、1冊刊行できるようになりました。
最終的には、1年で1冊ぐらいのペースで刊行したいと思います。

次は、新規開講予定の中小企業診断士のマンガに着手します。

お楽しみに!



フォーサイトでは、年2回、講師研修を実施しています。

内容は企業秘密なので、あまり多くはお話しできませんが、ちょっとだけ内容を披露させていただきます。

まず、フォーサイトで提供する講義の目的・内容を確認します。
社外秘のマニュアルがあり、こんな講義をしてほしいという内容が盛り込まれています。
内容は毎年更新されています。
この内容について、再確認します。

次に、ボイストレーニング。
芸能人の指導などで提供のあるボイストレーナーにより、講師ひとりひとり講義を行い、指導してもらいます。
これによって、より魅力ある講義を提供したいと考えています。

そして、最後に、食事会です。
講師間の交流・親睦を図ります。

このようにして、少しずつ、より良い講義を提供したいと考えています。



現在、本社9階に3つのスタジオを所有していますが、このたび新たに8階に、さらに3つのスタジオを完成させました。

従来のスタジオより、吸音などのスタジオの質はもちろんのこと、撮影機器などもかなりグレードアップしました。
これらによって、より質の高い音質・映像の講義をご提供できると確信しています。

また、スタジオ背景もこれまでのものより、さらにデザイン性の高いものになっております。

来年度の講義をぜひ、お楽しみにしてください。



1年近く、ブログを更新しておらず、大変申し訳ありませんでした。

実は昨年の8月より、自分が担当している全講座、宅建・マンション管理士・管理業務主任者講座の質問を自分で担当することにしました。

理由は、やはり自分の受講生の質問は講師が自ら返答するのがいいのではないかと考えたからです。

この判断は正解でした。

自分の講義のいいところ、悪いところが、お問い合わせによって明確になるためです。
昨年8月からはじめ、まず、宅建のテキスト・問題集を大幅改定しました。
そして、マンション管理士・管理業務主任者のテキスト・問題集もかなり改定しました。

そして、今から、マンション管理士・管理業務主任者のテキスト・問題集についても再度大幅改定をするつもりです。

ただ、多い日には、1日30問以上のご質問が参ります。
早い日には、朝(というか夜中)の2時に起きて、ご返答をしています。

「ブログが更新されていません」というご連絡もいただいておりましたが、体力的に無理な状況でした。
ご理解いただければ幸いです。

今後は、できる限り更新させていただきたいと考えております。

今後ともよろしくお願いいたします。



本社と名古屋支店で新入社員を採用しました。

弊社のような小さく、無名な会社に来てくれるのか不安でしたが、
募集してみると、多数の方が応募してくれました。
ありがたいことだと感謝しています。

「今の若い者は……」という話はいつの世にも聞く話です。
ただ、実際に採用してみて感じることは、皆、素直で優しい子だと感心しています。

1日でも早く、業務を覚えて、即戦力になってくれることを期待しています。



今月の18日で満50歳となりました。

昔は寿命が短かったので「人生50年」と言われました。
しかし、100歳を超える方もたくさんいらっしゃる現在、
人生の折り返し地点ではないかと考えています。

50年後の100歳の時、フォーサイトがどのようになっているのか楽しみです。

今でも、元気が有り余っているので、
100歳の時にも現役の社長をやっているような気もします。



現在、勉強の仕方について、書籍を読みあさり、いろいろ考えています。

勉強する上で大切な「やる気」「集中力」「記憶力」はすべて、
勉強する「動機づけ」に大きな影響を受けることもわかりました。

具体的には、たとえば、「将来、●●になるために、どうしても行政書士になりたい」
という動機づけが強ければ強いほど、「やる気」も沸き、「集中力」にも長け、
「記憶力」もアップします。

だから、勉強する上で最も基礎となるのが「動機づけ」なのです。

そこで、動機づけには、どのようなものがあり、どのような動機が
最も勉強する上で効果があるのかが現在の研究課題です。

勉強法って、なかなか奥が深いですね。



25

2012/05

付箋

教育について

今、マイブームは「付箋」です。

今の市販のものより、もっと勉強に役に立つ付箋ができないかと日夜、格闘しています。
参考までに、私の思考法を開示します。

まず、付箋にはどのような機能があるのかを考えます。

まず、インデックス機能。
これは、書籍の横に見出しをつける場合に付箋を使用する場合です。

次に、メモ機能。
書籍の本文に、情報を追加したい場合に、その情報を付箋に書いて貼る場合です。

次に、しおり機能。
今日勉強したところに付箋をつけたり、疑問が生じた場合に付箋をつける場合です。

さらに、期日設定機能。
ここをいつまでにやるかを書いて付箋をつける場合です。

だいたい、この4つが付箋を勉強に使う場合の機能だと思います。

そして、次に、それを採用すべきか、他の手段で代替した方がいいのではないかを考えます。

まず、インデックス機能については、見出し自体をはじめからテキストのデザインとしてつけた方が便利です。受講生の負担が軽減できるので、不採用。

メモ機能についても、はじめからテキストにメモ欄をつけた方がいいのではないかと思います。

しおり機能についても、現在の合格グッズにある「合格しおり」でこの機能は果たせるので不採用。

最後に、期日設定機能についても、いちいち付箋で管理する必要はなく、合格手帳で管理すればいいのではないかと考え、不採用。

というわけで、現時点では、付箋を使った新しい合格グッズはボツとなっています。

ただ、これも現時点の判断であって、常に考え続けます。
こうして、考え続けて、新しい商品が生み出されます。



最近、文房具がブームです。
文房具に関する雑誌や書籍もたくさん出ています。

これらの雑誌や書籍を読んで、気になる文房具を購入し、会社のみんなで、ひとつひとつ品評会を実施しています。

そして、「ここはやっぱり、こういうふうだといいね」「もう少しこういう機能があるといいね」などと意見を出し合っています。

そして、「ないなら作っちゃえ」というノリで、合格グッズが開発されます。



山田浩司

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。