フォーサイト社長 山田浩司の社長日記

実務家取材をしていて、「どんなとき、実務家になってよかったと思いますか?」という質問をすると、ほとんどの方が、「お客様からありがとうと言われ、感謝されたとき」という答えが返ってきます。

世の中の一般的な考えからすれば、「収入が増えたので幸せです」という返答もありそうなのですが、そのように返答された方はひとりもいません。

確かに、お金も大切です。

ただ、それと同じぐらい、自分は他人に必要とされている、感謝されているという事実が幸せになるためには必要なのかもしれません。



実務家取材をはじめて、早10ヶ月。
これまで、30人を超える方の取材を終えました。

そこで、最近、おもしろい事実を発見しました。
それは、資格を選択する際に、いろいろな資格を調べ、比較検討して選択していないということです。

たとえば、「なぜ、行政書士になろうと思いましたか?」という質問をすると、
「カバチタレというマンガを読んで」とか、
「身内にある法律の問題が発生し、それを調べていくうちに行政書士という資格を知った」
など、きっかけは様々です。

しかし、その検討の際、社会保険労務士やFPなどの他の資格を比較検討した方はほとんどいないのです。
ほとんどの方が、行政書士という資格を知って、「これだ!」と感じて、勉強に邁進したという方がほとんどなのです。

「これだ!」という直感が、資格取得の対する大きなモチベーションになり、合格できたのだと思います。



先日、ある書籍で「動物には時間という概念がない」という記事を読みました。

私の家には、なんと3匹の犬を飼っていますが、観察してみると、犬には時間という概念はないようです。
たとえば、犬が過去を振り返って考えているとは思えないし、反対に、将来のことを考えているシーンも見たこともありません。
だから、犬たちは、いつも幸せそうです。

これに対して、人間は、過去のことを考えたり、将来のことをいろいろ考えたりするので悩んだり、最悪の場合、自殺します。

幸せの秘訣は、過去を振り返ったり、将来のことを考え過ぎないことかもしれません。



もうすぐ、いろいろな資格の本試験がやってきます。
なぜか、いろいろな資格の本試験日は10月~11月に集中しています。
弊社にとっても、一番忙しいのが、この本試験1ヶ月前となります。

まず、増えるのが質問です。
本試験直前に勉強量が増えるため、当然、質問も増えます。
これらに、いかに迅速に、丁寧にご返答するかが問われます。

また、本試験前になると不安になる方が増えるので、学習に関するメールも増えます。
勉強すればするほど、不安が増えるものです。
しかし、ここを乗り切らないと合格できません。
なんとかここを乗り切って合格してもらいたいと考えながら、返信をしています。

今年も一人でも多くの方が合格していただきたいと考えています。



あることを調べるためにヤフー知恵袋を見ていたら、何と、夏の宿題を教えてもらうための質問を見つけました。

自分の子供の頃は、図書館で調べたり、親や知り合いに聞いたりして、いろいろ調べものをしました。
その過程で、本を読むことのすばらしさや、親や知り合いの知識に感服しました。

でも、世の中、便利になったものだと思います。
知恵袋に書き込みをすれば、夏休みの宿題もやってもらえるのですから。

親が仕事で忙しい子供にとっては、便利なツールだと思います。
ただ、子供には成長する過程で、いろいろな質問が生じます。
それを親に質問する過程で、親とふれあい、親からいろいろなものを吸収し、成長していくものだと思いますが。

世の中、便利なればなるほど、同時に、何か大切なものを失っていくような気がします。



ここ3ヶ月間ぐらい、デザインの本をたくさん読んでいます。
研究課題は、「読みやすさ」です。
同じコンテンツでも、デザインの仕方によって、読みやすさが全く違います。

まず、重要なのが、フォント。
明朝体かゴシック体か。
また、ゴシック体にもいろいろあり、どれを採用するかによって読みやすさが違います。

また、同じフォントを使っても、その大きさによっても読みやすさが変わります。

さらに、下地の色と文字の色の組み合わせ。
通常、白地に黒字が最も読みやすいのですが、そればかりの組み合わせだと飽きてしまいます。

加えて、文字の周りの空間。
これをホワイトスペースといいますが、適度な空間がより一層文字を読みやすくします。

これらの研究をもとに、少しでも読みやすい教材を提供したいと考えています。



2ヶ月ほど前から来年度用教材の撮影を開始しました。
撮影においても、毎年、少しずつ教材の質を上げるため、様々な改良を施しています。

来年用の撮影の際しては、画質の向上を実現しました。
ただ悩みのタネが、これにともない、データ処理量が増え、処理に大変時間がかかってしまうことです。

ただ、少しでもより良い物を提供するために、撮影スタッフにはがんばってもらっています。
結局、良い物を作るということは、手間を惜しまずにかけることだと痛感しています。



14

2010/09

猛暑

教育について

ずいぶん涼しくなりましたが、今年の猛暑は異常でしたね。

私は暑さには強いと思っていましたが、さすがに今年の猛暑には耐えられませんでした。

原因はまず、冷房。
冷房をつけて寝ているので、寝ていても疲れがとれません。

また、暑いので、冷たいものばかり食べます。
ひやむぎ・ざるそば・冷やし中華。
偏った食事ばかりなので、口の中は口内炎だらけになりました。

なるべく冷房をつけないで寝る。
食事は偏らないようにとる。

頭ではわかっているのですが、実行するのは難しいですね。
勉強と同じかもしれません。



やっと、iPadを購入しました。
いずれは、フォーサイトの教材も電子書籍対応にしなければならないので、今、いろいろ勉強中です。

iPadをはじめて持った印象は、「美しい」というものでした。
ものすごい人気もうなずけるような気がしました。

この美しいiPadにふさわしい、美しいテキストにしたいと考えています。
そして、最先端の学習システムを常に提案し続ける企業でありたいと考えています。



これまで苦手意識を持っていたデザインについてこの1ヶ月、本格的に勉強してみました。
毎日、できる限りのデザインの書籍を乱読しました。
計20冊ぐらい読み、なんとなく、デザインというものがわかりました。

今まで、デザインは感覚によるものだと思っていましたが、勉強してみて、
デザインもロジックだということがわかりました。

情報を整理し、見やすくする。
次に、自分は「こんな人間なんだ」と提示して、好きになってもらう。

ただ、これだけでした。
本質がわかってみると、勉強が楽しくなりました。
何事も、食わずぎらいではなく、まず食べてみることが大切だと思いました。



21 / 22« 先頭...10...1819202122

山田浩司

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。