フォーサイト社長 山田浩司の社長日記

行政書士マンガに続き、社労士マンガが完成しました!

予想以上に時間がかかってしまいました。
やはりいいものを作るのには、時間がかかります。

ただ、行政書士・社労士と製作しましたので、いろいろなノウハウを取得できました。

現在、宅建マンガを製作中です。
その次は、FPの予定です。

ご期待ください。



現在、行政書士・社労士など一部の講座は暗記シート対応にしています。
ただ、これまで使用してきた暗記シートは、重要なところは隠せるのですが、
読みたいところもやや読みづらくなってしまうという難点がありました。
これまで、いろいろな暗記シートを試作し、かつ、印刷の方法もいろいろ試してみました。

印刷の方法については、試行錯誤して、どのような印刷の方法がよいのか、
1年かけてノウハウを取得することができました。

問題は暗記シートの方です。
こちらもいろいろやってみて、3年かけてやっとノウハウがわかりました。
あきらめずにやっていれば、かならず目標に到達できるのだと痛感しました。

来年度合格目標の行政書士・社労士などの講座から順次採用し、
他の講座についても順次対応していきたいと考えています。



9月16日(金)から21日(水)までの6日間、東京ビッグサイトにて、IGAS2011(International Graphic Arts Show)が行われました。
この催しは、印刷機材の展示会で、印刷の勉強のために、計3日間行きました。

行ってみて驚いたことは、参加者は、日本人だけでなく、多くの外国人が来ていたことでした。
特に中国の方は団体でお越しになっており、皆、真剣に各ブースで質問をし、少しでも最新の情報を得ようとしている光景が見られました。

これに対して、多くの日本人参加者は、あまり熱心に参加している方は少なく、ただ、参加しているだけという方が多いように感じました。

今、日本に足りないものは、仕事に対する熱意かもしれません。



先日、講義撮影用のカメラを新しいものに替えました。

以前のものは、まだ2年前に購入したばかりでしたが、
現在はカメラの技術進歩が早いので買い替えを決断しました。

使ってみてビックリ、以前のものとメーカーもグレードも全く同じですが、
画面は格段にきれいになりました。
特に、背景の文字がくっきりと映るようになりました。

技術の進歩って、ホントにすごいと痛感しました。



最近、土日は古典の本を読んでいます。

若い時には、「えっ! 古典!」と読む前から拒絶反応をしていたのですが、なぜか無性に古典が読みたくなります。
そして、以前は古典を読むと必ずその内容に反発していましたが、今では、どの古典でもなぜか納得してしまいます。

やはり、これは歳をとった…ということなのでしょうか(笑)。



この時期、行政書士・マンション管理士・管理業務主任者などの合格発表がうれしい日々が続きます。
やはり「合格しました! ありがとうございました!」というお知らせは、何よりも私たちに喜びをももたらしてくれます。

反面、この時期、弊社受講生の中で、残念ながら不合格となった方にご協力いただき、アンケートを実施しています。
当然、アンケートには何度も目を通し、集計して、改善点をまとめます。
改善点は部署ごとにまとめられ、今後の課題を共有します。

たとえば、テキストのデザインに関する要望があった場合、これらをまとめ、デザイナー全員に伝達します。
そして、今後、どのような対策を行うのかについて、毎週の会議の中で議論をし、改善します。

いい教材を作るということは結局、これらの作業の繰り返しなのですね。



前回書いてアンケートの続きです。
ここ2~3年で増えたのが、「とにかく楽に合格したい」という要望です。

働きながら勉強しているから、子育てに忙しいから、などなど。
勉強できない理由、できるだけ楽に合格したい理由は、いろいろあります。

でも、よく考えてください。
「なぜ、資格をもっていると信用されるのか」を。

それは、誰もが簡単には合格できないにもかかわらず、合格したからです。
合格した人はみな、一定期間、寝る時間を削り、遊ぶ時間も削って勉強し、努力した人です。
だから、合格した人は、尊敬され、信用されるのです。

もし、楽をして誰でも合格できるのであれば、資格自体、その価値を失います。
真剣に合格したいと思うのであれば、「楽に合格したい」という発想をやめることが大切だと思います。



先日、社労士講座受講生のアンケートをとりました。
そして、その集計結果を見て、驚きました。

1週間の勉強時間が「10時間未満」の人が、大多数を占め、特に「5時間未満」の人がなんと、44%も占めていました。

一部の天才を除き、勉強はまず量をこなさないと、知識は定着しません。
量をこなして、はじめて質に転化します。
はじめから、要領よく勉強できる人はいません。
いろいろ試行錯誤して、はじめて自分にあった勉強方法が確立され、そして、その方法を続けることにより、はじめて結果となって現れるのです。

合格したいと真剣に考えるのであれば、1週間で最低10時間は勉強しましょう!!



アメリカのキンドル・iPadに続き、国内メーカーからも続々と、電子書籍リーダーが発売されています。
電子書籍について研究するため、それらについて、すべて購入し、使用しています。

使ってみて便利だと思う点は、スペースをとらないことです。
本も数が増えると、かなりのスペースをとります。
それらがなくなるのはかなり便利です。

ただ、残念な点は、やはり温かみがないこと。
本って、さわっているたけで温かみを感じますが、電子書籍リーダーはなぜか冷たい感じがします。

フォーサイトの書籍も近い将来、電子書籍に対応する予定です。
その際には、温かみのある電子書籍にできればと考えています。



新年、明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

今年は大きく飛躍する年にしたいと考えています。

まず、新規講座の開講を予定しています。

また、第4次、道場破り開発に着手します。
現在の道場破りも3年目になりました。
多くの方から改善要望をいただいております。
それらを踏まえて、さらにパワーアップしたものを作りたいと考えております。

さらに、モバイルサイトの全面リニューアルも検討中です。

さらに、質の高い通信講座の提供に努めて参ります。
今後ともよろしくお願いいたします。



山田浩司

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。