フォーサイト社長 山田浩司の社長日記

今年もあとわずかとなりました。
歳を増すに従って、1年の感覚もだんだん短くなってきました。
今年もあっという間に終わってしまったという感じです。

一番思い出深いのは、行政書士マンガが完成したことです。
構想から完成までに3年かかりました。
引き続き、マンガ教材を製作していく予定です。

また、テキスト・問題集などの教材デザインのレベルアップもできました。
引き続き、毎年、レベルアップしていきます。

さらに、通関士講座も開講できました。
来年も新規講座を続々開講する予定です。

来年も引き続き、フォーサイトをよろしくお願いいたします。



12月から1月にかけて、多くの資格試験の合格発表があります。
合格のお知らせを聞くと、この仕事をやっていて本当に良かったと思います。

ここで、厳しいようですが、残念ながら、不合格になった方にアドバイスをさせていただきます。

まず、不合格になった場合、必ず、原因があります。
その原因をきちんと分析しないと、来年の合格はありません。
だから、科目別に、目標点が取れたのか否か、取れていない科目の場合、なぜ取れなかったのか、
冷静に分析してください。
「運が悪かったから得点できなかった」という言い訳は自分には楽ですが、何の薬にもなりません。

そして、来年はどのように対策をするのか?
これらのことを必ず紙に書き出してみてください。
人間、誰にも失敗はあります。
大切なことは失敗から何かを学び、次に活かすことです。
がんばりましょう!



マイホームを建てて16年。
給湯器、エアコンなど、徐々に故障し始めます。
汚れが目立つところもたくさん出てきました。
そこで、思い切って、リフォームをすることにしました。

ただ、自分でやれることはなるべく自分でやるようにしました。
新しく犬小屋を作ったり、古くなった柱を磨いたり、ここ数週間の土日は日曜大工をしています。

まず、何をどのようにしたらわからない点は、ネットで調査します。
検索しているとわかりますが、材料の選び方や施工の仕方まで、本当に詳しく解説してくれているサイトがたくさんあります。
次に、ホームセンターにいって、材料や道具を購入します。
そして、自分でやってみます。

当初、お正月までに完成する予定でしたが、少し難しそうな状況です。
ただ、自分でやった部分は格段に愛着がわきます。
そして、自分でやれば、経費も格安です。
我ながら、なかなか満足しています。



毎年、この時期、受講生のアンケートを集中的に読み、来年の教材改訂の方針を確定しています。

フォーサイトを受講していただいている方から、「毎年、少しずつ教材が進歩していますね」という声をいただくのは、うれしい限りです。

反対に、フォローシテスムなどについては、いろいろな要望がきています。
最近一番多いのが、モチベーションをアップするための対策をして欲しいというものです。
現在、月に1度のフォローメルマガや様々な情報の提供をしておりますが、まだまだ不十分なのかもしれません。

なお、最近は不況のせいか、残業が増えてなかなか勉強できないという声も多くいただいております。
帰宅後の学習は疲れもあり、はかどりません。
少々辛いとは思いますが、朝早く起きて勉強することをオススメします。
また、休日もまず疲れをとってから、勉強するのが効果的です。



実務家取材をはじめて、今月で早1年。
1年はあっという間でした。

これまで36名の取材をしてみて、しみじみ感じることは、人生はいろいろ大変だということです。

・離婚をして、資格に挑戦した女性の方
・会社が倒産して、資格に挑戦した方
・芸能界での夢をあきらめて資格に挑戦した方

資格を取得する動機は人それぞれですが、それまでの人生がうまくいかなくなって資格にチャレンジされた方が大多数でした。
そして、資格を取得して、再度、人生がうまく回りだしています。

資格は人生を変える武器。
一人でも多くの方の人生が変えられるように、今後もきちんと受験指導したいと考えています。



この1年のマイブームは「食べ放題」です。
減量したいといっているのもかかわらず、「食べ放題」とは矛盾していますが。

今年行った食べ放題は、次のようなものです。
・しゃぶしゃぶ食べ放題
・焼肉食べ放題
・中華料理食べ放題   …etc.

以前は、食べ放題というと「味が今ひとつ」というものが多かったと思いますが、最近は、かなりおいしい店が増えています。
事前に、インターネットの口コミをチェックし、評判がいい店に行くようにしています。

悩みの種は、当然ながら太ることです。
だから、なるべく昼食に食べ放題に行って、夕食は抜きにしています。
この食べ放題、まだまだ続きそうです。



私の好きな考え方に「積み重ねる」というものがあります。
ひとつひとつの努力を積み重ねてゆくと、やがて大きな結果となる。
そのようなものが好きです。

だから、毎年少しずつテキストなどの教材を改善したり、会社の業務を改善してゆくのが好きです。
1年単位でみれば、少しずつの改善かもしれませんが、それが5年・10年となると、大きな結果となってあらわれます。
それを見て、「よくがんばったな」と自分を褒めてあげるのが好きです。
だから、会社の業務などは必ず積み重なるように行います。

反対に、きらいな考え方は行き当たりばったり。
あっちへ行って失敗、だから、また反対にいって失敗。
これでは、何年たっても、成功しないのではないかと思います。

人生も学習も、成功するポイントは「積み重ね」なのかもしれません。



月日が経つのは、年々早くなってゆくようです。
今年も、もう11月。
あと、残すところ2月で今年も終わりです。

今年のはじめ、今年1年間でやるべき目標を書き出したのですが、今のところ、だいたい順調に目標は達成しています。
ただ、減量だけは、減量どころか、増量になっています。

体脂肪計で計ってみると、脂肪は着実に減っているのですが、筋力がアップしているので、全体でみると増量という具合です。
これも加圧トレーニングのおかげですが、できれば、減量したいと思っています。

そろそろ来年の目標を立てようと思っています。
来年のテーマは「健康」です。

最近、身近な人に病気や入院が相次いでいます。
会社のスタッフや取引関係者まで、みんなで健康増進したいと考えています。



実務家取材をしていて、「どんなとき、実務家になってよかったと思いますか?」という質問をすると、ほとんどの方が、「お客様からありがとうと言われ、感謝されたとき」という答えが返ってきます。

世の中の一般的な考えからすれば、「収入が増えたので幸せです」という返答もありそうなのですが、そのように返答された方はひとりもいません。

確かに、お金も大切です。

ただ、それと同じぐらい、自分は他人に必要とされている、感謝されているという事実が幸せになるためには必要なのかもしれません。



実務家取材をはじめて、早10ヶ月。
これまで、30人を超える方の取材を終えました。

そこで、最近、おもしろい事実を発見しました。
それは、資格を選択する際に、いろいろな資格を調べ、比較検討して選択していないということです。

たとえば、「なぜ、行政書士になろうと思いましたか?」という質問をすると、
「カバチタレというマンガを読んで」とか、
「身内にある法律の問題が発生し、それを調べていくうちに行政書士という資格を知った」
など、きっかけは様々です。

しかし、その検討の際、社会保険労務士やFPなどの他の資格を比較検討した方はほとんどいないのです。
ほとんどの方が、行政書士という資格を知って、「これだ!」と感じて、勉強に邁進したという方がほとんどなのです。

「これだ!」という直感が、資格取得の対する大きなモチベーションになり、合格できたのだと思います。



23 / 25« 先頭...10...2122232425

山田浩司

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。