フォーサイト社長 山田浩司の社長日記

フォーサイトという会社を世界でもっとも素晴らしい会社にし、
かつ、永続させたいと考えています。

そこで、今まで数多くの書籍を読んでみましたが、
今ひとつピンと来ませんでした。
そんなとき、「ホラクラシー」という考え方を知りました。
ブラジルのセコム社CEOリガルト・セムラーによって提唱された考え方です。

今まで「社員全員による会社経営」とよく言われてきましたが、
それを徹底した経営手法です。

まさに自分が求めているものです。
今、このホラクラシーを徹底的に研究して、
フォーサイトに導入したいと考えています。



4月下旬、台湾に行ってきました。

現在、フォーサイトの印刷は、
社内印刷、台湾の印刷会社、韓国の印刷会社によって行っています。

通常はメールや電話でのやりとりですが、
それだとなかなか業務改善ができません。
そこで、年1回、台湾に行って、打ち合わせをします。

その内容は1年間の落丁やトラブルの内容を実際の印刷物を見ながら話し合い、
それを今後なくすにはどうすればいいのかについて徹底的に議論します。

このような積み重ねにより、少しでも受講生の皆さまに
より質のいい教材を提供したいと考えています。



27

2016/04

花見

教育について

3月下旬、フォーサイトでは、毎年、花見を実施しています。

本社の全スタッフの参加で、屋形船を貸し切りにして隅田川を遊覧します。

夜桜を見ながら、かつ、お酒と美味しい料理を食べるのは最高です。

桜を見ると、つくづく日本人に生まれて良かったと感じます。



フォーサイトでは、私が指定した書籍を読んで、
毎週、その感想を提出してもらうということをやっています。

1冊の書籍を1~2カ月かかって精読します。

指定図書は、その時、話題の本や、ビジネス書だったり、古典だったり、いろいろです。

その時、「これは全スタッフに読んでもらいたい」
と思ったものを選んでいます。

各スタッフの感想文を読むと、いろいろなことに気づかされます。

まず、同じ本でも人によって、受け取り方が大きく異なるという点です。
ある人はここが共感したと書けば、
ある人はそこが気に入らないということはいくらでもあります。

これにより、毎週いろいろ考えさせられ、いい経験になっています。



武士道を読んで、士農工商という身分制度の理解が
完全に間違っていることに気づきました。

人間は、権限とお金を同時に持ったときに腐敗します。
世界中の政治家・独裁者の例を見ればわかります。

そこで、権限とお金を分離させたのが、
士農工商という身分制度だったということです。

つまり、武士には権限はあるが、お金はなく、
商人には、権限はないがお金はあるとして分離させたのです。

現在の政治システムは、権限もお金も集中しているから
腐敗しているということがよくわかりました。



先日、新渡戸稲造の武士道を読みました。

古典的名著であることは知っていましたが、
なかなか読むことができませんでしたので、この機会に読んでみました。

海外旅行に行くと、日本人の礼儀正しさや行動に感心しますが、
その元になっているものは何なのか、ずっと疑問に思ってきました。

それが、もしかして、武士道にあるのではないかと思ったのが、
読んだ理由でした。

武士道というと、時代劇の影響から偏見をもっていましたが、
読んでみて、すばらしい考え方だということがわかりました。

そして、日本人の根底に流れている考え方が武士道ではないかと感じました。



フォーサイトはイベントが多い会社です。
私が飲むのが好きなため、飲み会は頻繁にあります。

そして、イベント・旅行が好きなため、
イベントは月1回、社員旅行は年2回あります。

イベントは、社員の歓迎会、花見などの季節イベント、
ボーリング・バッティングなどのスポーツ系イベント、
野球・相撲・競馬などの観戦系イベントなどさまざまです。

このため、社員相互間の仲がいいのが自慢です。
よく社会人の方で
「会社の人間とはプライベートでは付き合わない、本音は言わない」
という方がいますが、悲しいことだと思います。

人生で最も長く居るのは、家庭ではなく、会社です。
だったら、会社の仲間と友達になるのがベストだと思います。



会社の成長とともに、講師の業務よりも、社長としての業務が激増しています。
なので、ここ数年、ほとんど休みがとれていません。

そこで、今年のマンション管理士・管理業務主任者の本試験をもって、
講師を引退し、社長業に専念することになりました。

思い起こせば、24歳から講師をはじめ、今年で31年です。
当初はフォーサイトの講義のほとんどを担当していました。
そして、私は講師という仕事が好きです。

しかし、私が社長業に専念した方が、会社全体が成長でき、
それによってより多くの受講生の満足度を上げられると判断しました。
幸い、私以外の講師も成長してきていますので、安心して任せられます。

少し寂しい気もしますが、これからは社長業に全力投球したいと思います。



今年10名の中途採用をしましたので、続々と入社していただいております。

今年の社員は主に教材制作関係のスタッフです。

従来、教材改定が遅い、質問に対する返信が遅いなどという
お叱りを受けていましたで、これらに対応するために、社員の数を増やしました。

社員の数を増やしたから、すぐに対応できるというわけにはいきませんが、
少しでも受講生の方の満足度を上げるために努力したいと考えています。



この時期、フォーサイトは全社員強制的に健康診断を受けます。
いくらイヤだと言っても、受けないことは許されません。

その内容もかなり変わっています。
目標は「死なないための健康診断」です。

通常の会社ではあれば、法律の規定で定められた最低限の健康診断を実施します。
これが最も費用がかからないからです。

そのため、健康診断を受けたにもかかわらず、
半年後にガンで死亡したという出来事が頻繁に起きます。

なので、フォーサイトの場合、このような悲しい出来事が起きないように、
40歳以上の方には、胃カメラ・大腸がん検診・脳ドック3つを強制的に受診させています。

費用も一人当たり15万円を超えますが、
ここまでやれば、まず、ガンや脳卒中で死亡することはありません。



山田浩司

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。