合格体験記 「仕事の日は3時間、休日は6時間以上の学習」

簿記通信講座合格体験記

文字サイズ 

仕事の日は3時間、休日は6時間以上の学習

( 女性 /  30代  / 会社員 )

 目と耳で学べるDVDコースを選んだのは、初めて学ぶ「簿記」だったからです。これなら無理なく学べると思ったのです。

 教材一式が届き、6月の試験に向けて頑張ろうと思いましたが、教材を前にして何から手をつければ良いのか、とても悩みました。

 まず、ガイドブックに目を通し、テスト日までの大まかな予定表を作ることにしました。


★スケジュール

 2月は3級を学習。3月は2級の工業を学習。4月は2級の商業をやる。5月は提出テストを区切りにして復習に取り組む、です


★学習方法
 
 「テキストを読む」→「講義DVDとテキストで学習」→「問題集を2回解く」→「テストの提出」→「復習」→「次ぎのステップ」です。

学習を始めたころは、仕事も落ち着いていたので、毎日2時間くらい少しずつ学習していきました。3級は予定通り学習でき、楽しく次ぎのステップへと進んでいきました。しかし、2級の学習を始めた頃から、仕事も忙しくなり学習内容も難しくなってきたので、毎日の学習ができずに、なかなか先に進めなくなってきました。
 
テスト1ヶ月前頃、予定通り学習ができていなかったので、慌てて予定表をつくり直すことにしました。時間がもったいないとも思いましたが、予定表を作り直すことで、現実的にできる時間が限られていることに気づきました。

そのとき、合格必勝編に書いてあった「試験は受かるか受からないかではなく、受かるか諦めるかである」という言葉が目に入り、とくかくあきらめずに学習しようと決めました。

それからは、仕事帰りの飲み会を控え目にして、仕事の日は3時間以上、休みの日は6時間以上、学習することを目標にしました。


 ともかく、フォーサイトの教材だけを信じて「テキストを読み直す、問題集を解く」ということを繰り返しました。学習がうまく進まない時もありましたが、合格必勝編の言葉を思い出して「あきらめるな!」と自分に言い聞かせていました。

 もちろん、テスト当日もフォーサイトの教材だけを見直し、テスト時に難しい問題を見てもあきらめず解いていきました。
 今思うと、学んできた教材を信じてあきらめなかったことで、合格できたのだと思います。
 ありがとうございました。

.

よく見られている合格体験記はこちら

まずは無料資料請求から!受講料ページはこちら!
ページのトップへ