中小企業診断士とは?

中小企業診断士の資格について

経営コンサルタントの技能を証明する唯一の国家資格

中小企業診断士イメージ

企業の経営状態を分析して、売り上げをアップするための解決策を助言・提案する「経営コンサルタント」。中小企業診断士は、その経営コンサルタントの技能を証明する唯一の国家資格です。

日本は昔から、中小企業の割合が非常に高い国です。2014年度の総務省の調査では、国内に数ある企業のうち、約99.7%が中小企業であることが明らかにされました。その数は、実に380万社を超えています。

中小企業診断士は、それら数多くの中小企業の経営コンサルタントとして、さまざまな場面で出番のある職業です。一流の中小企業診断士ともなれば、業界の枠を超え、あらゆるクライアント企業に対して、経営に関するヒントやアドバイスを示しています。

このように需要の多い仕事であるにもかかわらず、経営コンサルティングのスキルを証明する国家資格は、現在の日本ではこの中小企業診断士ひとつしかありません。経営分野の資格として、世界的な権威である「MBA」と並び称されることもあります。

※中小企業庁 2017年版「中小企業白書」より

ビジネスで使える知識を総合的に修得できます

ビジネスの知識イメージ

中小企業診断士の資格を取得するためには、経営学やマーケティングのほか、財務・会計、経済全般、さらには企業経営にかかわる法律まで、広範囲の勉強をする必要があります。楽に合格できる資格ではありませんが、その分、手に入る知識は豊富です。

また、学んだ知識すべてを直接、仕事に応用できるのもポイントです。一流大学や大学院の経営学部門、そして企業の現場で何年もかけて学ぶ知識を、総合的に修得できるチャンスでもあります。

さらに知識だけではなく、物事の論理的な解決方法も身に付けることができます。

合格後、活用できるチャンスがたくさん!

合格後のコースその1
スキルアップして、職場での昇進・昇給を実現

中小企業診断士には、「企業内診断士」という、企業に勤務しながら経営に貢献する働き方があります。企業内診断士の平均年収は高く、かつて現職者を対象に実施されたアンケート調査では、25%以上が「1,000万円以上」と回答しているほどです。(※)

その水準の収入を手に入れるには時間がかかりますが、中小企業診断士の有資格者に、毎月資格手当を支給する会社もあります。さらに、合格したことを報告すると、特別にお祝い金を出してくれるという事例もあるそうです。

※社団法人 中小企業診断協会が4,000人以上の会員・準会員から回収したアンケート結果に基づいています。

合格後のコースその2
就職市場・転職市場でも注目

中小企業診断士の試験は難しく、資格を持っている人はそう簡単には見つかりません。履歴書に「平成XX年 中小企業診断士資格取得」と書くだけでも目立ち、就職・転職を優位に進めることが可能です。

ありとあらゆる業界で、企業の経営部門に好待遇で歓迎されるチャンスがあることは、大きなメリットになるでしょう。

合格後のコースその3
独立・開業の道も

中小企業診断士には、「企業内診断士」のほかに、独立するという選択肢もあります。独立した診断士がメインでやっている業務は、人によってさまざまです。

コンサルタント活動が中心の診断士もいれば、国の補助金・助成金関係の業務を手掛けている診断士もいます。セミナーや講演会で専門的な情報を提供する仕事や、雑誌やWeb上に載せる記事に協力する機会などもあり、実にバラエティに富んでいます。

独立後の中小企業診断士は、独占業務がない資格ですが、その分一人ひとりが能力に合わせて、枠にとらわれない活躍ができるのです。

まだ競争相手は多くありません

早めに勉強を開始しましょう!

有利にスタートイメージ

中小企業診断士は、全国にまだ2万3,000人程度。しかし、中小企業は380万社以上。診断士はまったく足りていないのです。(※)

これは「士業」と呼ばれる一連の資格の中でも少ないほうです。
たとえば、士業の中では昔からメジャーなもののひとつである「税理士」資格は、7万6,000人を超えています。
中小企業診断士は、税理士のわずか3割程度しかいないのです。

中小企業診断士の人数が少ない理由のひとつに、試験の難易度の高さがあります。
その点は、これから診断士を目指す方にとって壁となることは否定できません。
しかしそれは、効率的な勉強法を選べば大幅に緩和できます。
むしろ、競争相手が少ないうちに合格すれば、有利な立場でキャリアをスタートできるため、大いにプラスでしょう。

※中小企業庁が発表した、2015年7月1日付の中小企業診断士登録者の人数より

\今ならキャンペーン中!/
\サンプル教材もお届け!/