資格取得のメリットと人気の理由

中小企業診断士の資格取得のメリット

中小企業診断士は、さまざまな働き方ができる資格です。
その働き方を大きく2つに分けると、企業の中で経営に深く携わる「企業内診断士」と、独立開業して生計を立てる「独立系診断士」があります。

企業内診断士の場合、資格取得のための学習内容は、ビジネス全般に及ぶものとなっています。
そのスキルを企業内で活かすことで、仕事を成功へと導くことができます。
現在勤務している会社での昇給や昇進が狙えるだけでなく、就職や転職のときには力強い武器にもなります。

一方、独立系診断士の場合、経営コンサルタントとして専門分野(自分の強み)を持つことで、さらなる活躍が期待できます。
また経営コンサルティングだけでなく、講演活動や執筆活動など、その活用の仕方は多様です。

中小企業診断士が人気の理由

日本経済新聞の記事によると、ビジネスパーソンを対象にした「新たに取得したい資格」の調査で、中小企業診断士が第1位になりました。

他の人気資格を抑え、中小企業診断士がトップに輝いた理由として、記事では「経営全般に関わる知識を習得できるため(中略)将来のポストに不安を抱く会社員らが、昇格や独立への備えとして取得するケースが増えている」と分析しています。

広範囲にわたる知識が身に付くため、活用できる機会が多いことも魅力です。
勤務中の方、就職や転職を考えている方、独立を目指す方など、いろいろな状況において役立つことは「資格取得のメリット」で述べた通りです。

さらに、他の資格と組み合わせることにより、業務の幅がいっそう広がります。
例えば社会保険労務士との組み合わせで、社会保険労務士は試験内容からは経営全般を見渡すことが難しいといえます。
一方、中小企業診断士は、人事労務の知識が求められることが多いため、両者はお互いの弱点を補完しあう相性のよい組み合わせといえます。

このようにさまざまな理由から、中小企業診断士は人気が高い資格なのです。

\今ならキャンペーン中!/
\サンプル教材もお届け!/