中小企業診断士の仕事とは?

経営者が抱える問題解決のための提案や、相談業務が中小企業診断士の大きな役割です。
売上アップやコスト削減など中小企業の目標を達成するための助言やサポートを行います。
日本の経済を発展させるためには大企業だけでなく、中小企業も中心となるよう、さまざまな支援を行うパートナーとしてますます期待されています。

企業から相談・依頼を受け、経営の実態を調査・分析し、経営者への助言を行います。
中小企業診断士に必要な知識は幅広く、企業経営理論、運営管理、財務・会計、経営情報システム、経済学・経済政策、経営法務、中小企業経営・中小企業政策と多岐にわたります。

企業内診断士の主な仕事

経営分析から法務、ITまで幅広い!

中小企業診断士イメージ

企業に所属し、中小企業診断士として働くこともできます。その場合、しばしば「企業内診断士」と呼ばれます。

企業内診断士は、経営診断や経営戦略といったポジションで活躍する事例が多いですが、それだけではありません。
財務や法務にかかわることもあり、情報処理関係の知識も学習する必要があるため、IT設備の導入やセキュリティ強化といった分野で、所属企業から活躍が期待される場面もあります。

独立した中小企業診断士の主な仕事

企業の顧問コンサルタントから講演や執筆まで!

執筆活動イメージ

企業の一社員という立場から脱却して、独立して活躍している中小企業診断士もいます。
プロのコンサルタントとして、経営コンサルティング、講演活動、執筆活動など、活躍の幅はとても広いです。
中小企業診断士として一流のコンサルタントに成長すれば、様々な企業のコンサルティング業務を請け負うことができます。

\今ならキャンペーン中!/
\サンプル教材もお届け!/