記憶に残る充実したフルカラーテキスト | 色彩検定・カラーコーディネーター

充実した教材

「記憶に残る」と受講生も絶賛! フルカラーテキスト

色彩検定・カラーコーディネーター試験の教材は、テキスト・問題集・模擬試験など様々ですが、中でも合格に最も大きな影響があるのが「テキスト」。どのテキストを選ぶかで、合格に必要な勉強時間や勉強方法はガラリと変わります。フォーサイトのテキストは、色彩検定・カラーコーディネート試験の攻略ポイントを網羅し研究し尽くされたテキスト。さらに色や大きさ・デザインなどにも、短期集中合格の秘訣が満載です。

サンプルテキストは、ファイル圧縮のためにページを抜粋し、低画質化しています。資料請求(無料)をしていただくと、よりページ数の多い、製本されたサンプルテキストをお届けします。一緒にお届けするサンプルメディアとお使いいただくことで、フォーサイトの実際の通信講座に近い感覚でお試しいただけます。

> 資料請求(無料)はこちら

図表と文章のバランスが抜群! パッと見てスッと頭に入るテキスト

モノクロイメージ

色彩検定・カラーコーディネーター試験の問題は、色彩理論や色の調和、インテリアなど、文章だけ読んでいては理解が難しい項目がほとんどです。ポイントは、図表と文章のバランス。配置や色一つとっても、パッと見てスッと頭に入るテキストとそうでないテキストがあるのです。

↓
カラーイメージ

フォーサイトの色彩検定・カラーコーディネーター試験のテキストは、そんな色彩検定・カラーコーディネーター試験の特徴をしっかりと把握してデザイン、構成がなされている機能的で合理的なテキストです。短い学習期間でも高い効果が期待できます。

受講生の声

飯島裕美さん

テキストがわかりやすくまとまっていて素晴らしいです。見た目にもきれいで、飽きずに続けられますし、暗記もしやすい気がします。テキストなんてどれも同じだと重要視していませんでしたが、テキストによってこんなに勉強がはかどるものかと驚いています。サイズがB5で小さいので、かばんに入れて持ち運びしやすいのもありがたいですね。

7~8割の正解を目指す勉強法を!

モノクロイメージ

色彩検定・カラーコーディネーター試験の合格ラインは、試験団体によると各級満点の70%前後だそうです。※問題の難易度により多少変動します。

つまり極端にいえば、約3割の問題は落としてしまっても合格できる可能性があります。無理をして100%の試験範囲を100%覚えようとするよりも、80%の試験範囲の知識を繰り返し学習して100%定着させる方が簡単。

↓
カラーイメージ

カラーコーディネーターを目指す方にとってはまず、色彩検定・カラーコーディネーター試験に合格するのが目的ですので、確実に合格をするための勉強方法を選ぶ必要があります。

色彩検定・カラーコーディネーター試験の傾向を確実にとらえて合格に必要な分量だけがまとまったフォーサイトのテキストなら、短期間で一発合格を目指すことができます。

受講生の声

近藤敬子さん

フォーサイトの色彩検定のテキストはデザインがしっかりしていると思います。色彩検定の試験対策では、「色彩調和」や「配色イメージ」など、視覚的に知識を整理することが必要。フォーサイトさんはそのことをよく考えてテキストを作ってくださっている気がします。センスの良いテキストは、楽しみながら学習できるので、勉強もはかどります。

テキストが薄い!驚きの半分以下!?

色彩検定・カラーコーディネーター試験の試験内容は大変特徴があり、市販の参考書には試験範囲を広くカバーして、色の知識をたっぷりと詰め込んだ辞書のような厚いものも多いようです。そんな参考書をくまなく学習するのは、大変ですよね。合格をしたいのであれば、合格に必要なだけのポイントをしっかり押さえたテキストで学習するのが近道です。

フォーサイトのテキストなら、合格するためのポイントに絞って、さらに図や表を使って簡潔にまとめてあるので、通常の半分以下のボリュームです。

これだけ薄いテキストであれば、持ち運びにも便利ですし、なによりも、試験範囲の学習に無駄がありませんので、効率よく短期的に色彩検定・カラーコーディネーター試験に一発合格を目指すことができます。

まずは無料資料請求から!受講料ページはこちら!
ページのトップへ