合格体験記 「カラーカードの一覧表を冷蔵庫に」

カラーコーディネーター・色彩検定通信講座合格体験記

文字サイズ 

カラーカードの一覧表を冷蔵庫に

( 女性 /  30代  / 主婦 )

 私はパッチワーク講師の資格を持ち、手芸店で教えていましたが、デザインや色彩の構成にマンネリを感じ、色彩のことを勉強すればステップアップできるきっかけになるかも……と思い、このしました。

 色彩に関しては全くの素人でしたので、まずDVDを見ながらテキストを理解するようにしました。1時間くらい見たら、テキストを見ながら要点をノートに書き写しました。重要な語句や、なかなか覚えられない語句は、何度か書いて覚えるようにしました。

 それが終わったら、問題集を解き、間違えたところはテキストや、AFTの公式テキストで確認しました。

 勉強を始めたのが試験の3カ月前で、最初の1カ月は仕事をしていなかったので、ほとんど毎日午前中は勉強に充てていました。

 2カ月目からは、週の半分位しか勉強する時間がとれなくて、不安になりましたが、カラーカードの一覧表を冷蔵庫に貼って毎日見たり、家事をしながらDVDを流したり、記憶の中に少しでも残るようにして過ごしました。
 
 3級のテキストが一通り終わり、2級の勉強を始めた頃「覚えることが格段に多い!」と感じ、確認テストも合格ラインには届かないようになり、かなり焦りを感じました。

 講師の先生への質問に「2級はあきらめて3級だけ受験しようか悩んでいます」と、質問ではなくほとんど愚痴のようなメールを出したら、先生は「もう2カ月しかないではなく、まだ2カ月もあるのです。悩んでいる暇があったら、一問でも多く問題を解きなさい」と励まされました。

 そのときは「そんなこと言われても……」とまだ迷いがありましたが、とりあえず確認テストだけは、期限内に終わらせようと決めました。結果的に、この学習スケジュールの確認テストの締め切りのおかげで、ペースを崩さずなんとか2級の最後まで勉強することができました。
 
 2級の問題集だけもう一通り解く時間もあり、直前に送られてきた模擬テストで、わりに良い点が取れたので、「これはいけるかも!」と実感しました。

 出題の傾向が、片寄っていたような気もしましたが、試験が終わった時点ですでに手応えがありました。1カ月後、合格通知が送られてきたときは、たった3ヶ月間でしたが、勉強した苦労が報われた嬉しさでいっぱいでした。

 フォーサイトを選んで、カリキュラム通りに勉強して、正解でした。

 送られてきたテキストと、DVDや、確認テストをうまく活用すれば、あとは公式テキストだけで十分でした。

 講師の方、スタッフの皆様、大変お世話になりました。本当にありがとうございました。

.

よく見られている合格体験記はこちら

まずは無料資料請求から!受講料ページはこちら!
ページのトップへ