合格体験記 「問題集を読んで気になる部分は直ぐにテキストで確認」

カラーコーディネーター・色彩検定通信講座合格体験記

文字サイズ 

問題集を読んで気になる部分は直ぐにテキストで確認

( 女性 /  40代  / 会社員 )

フォーサイトの教材のみで勉強しました。

昨年の11月の試験に申し込んだつもりで、
昨年の10月にフォーサイトの教材を申し込み、
1カ月間は必死で勉強をしたつもりで11月の試験を受けました。

しかし、問題の内容も良く分らず、
テキストでは出てこなかった言葉もあり、
「こんなに勉強したはずなのに、何故だろうか?」と不思議に思っていましたが、

試験の帰り道に受験票を確認したら、
受験したのはカラーコーディネーター試験でした。

ガッカリしましたが、カラーコーディネーター試験3級も、
このフォーサイトの教材で合格しました。

今回は、間違えなく色彩検定試験を申し込み、
満点を取るつもりで、2カ月前から勉強を始めました。

私は読書が好きなので、移動やランチの間には普段は読書をしていますが、
試験の2カ月前からは、読書用の本は一切読まず、
フォーサイトのテキストと問題集、チェックテストのみを読むようにしました。

テキストは少々重たいので、毎日持ち歩くには苦労しましたが、
問題集を読んで気になる部分は直ぐにテキストで確認しました。

家ではDVDを最初に1度だけ再生して見ました。道場破りを主に利用しました。

道場破りでは確認テストは毎週全てを1回はやるよう心がけ、
単語カードは「×」を無くすよう、何度も利用しました。

確認テストはとても使いやすく実用的で、勉強にもなると思います。
欲を言えば、もっと問題数が多いと尚良いと思います。

また、単語カードは分類法が「○」「△」「×」の3種類のみで、
全部をチェックするのにかなり時間が掛かってしまうのが使いにくいので、
確認テストのように章立てなどで分類してあると、
もっと短い時間で頻繁にチェックすることが出来ると思います。

テスト結果からすると、勉強中にも自覚はありましたが、
色名を問う問題に間違えが多かったです。

色名を問う問題は、問題集にもありましたが
数が少ないので何度か見ると覚えてしまいます。

色名を問う問題は必ず出るので、
もう少し色名を覚えるための対策があると良いと思います。

.

よく見られている合格体験記はこちら

まずは無料資料請求から!受講料ページはこちら!
ページのトップへ

次回アクセスの際に便利

この講座に興味のある人はこんな講座も見ています

『ジャパンタイムス』紙の「アジア次世代のリーダー100人」に選出されました!

テレビCM放送中!