合格体験記 「50歳過ぎての勉強は正直、大変でした」

カラーコーディネーター・色彩検定通信講座合格体験記

文字サイズ 

50歳過ぎての勉強は正直、大変でした

( 女性 /  50代  / 自営業 / 2級+3級 )

30年ぶりの検定試験

勉強して試験を受けるのは、
30年ほど前に秘書検定を受験して以来でした。
50歳過ぎての勉強は正直、大変でした。

記憶力がこれほど衰えているとは思わなかったので、
かなりショックでした。

2級と3級を一度に取得するつもりで教材を購入しましたが、
仕事と家事に時間を取られることもあり、
とりあえず3級だけに集中することに決めました。
途中で2級もいけるかもと思った時期がありましたが、
結果的には正解だったと思います。

昔から完璧主義な傾向があり、各単元ごとにキーワードを
Q&A方式で書き出し→暗記→チェック問題と道場破り→練習問題
の反復でした。

一度には覚えられなかったことも反復することで確実となり、
自信が持てるようになりました。

つらいけれど暗記して問題を解いて、
○つけをするという作業がとても新鮮で、楽しくなりました。

とにかくテキストの内容はほとんど暗記しました。
唯一、できなかったのが慣用色名の暗記です。

似通った色の識別が難しく、テキストの順番なら暗記できても、
カラーコピーを取りカードにしてばらばらにすると混乱しました。
もう最後は諦めて、わかるものだけ確実にするよう努力しました。

当日の試験では、時間が足りませんでした。
過去問など家でやっているときは時間が余っていたので、
予想もしないことで焦りました。

解答は全てできましたが、
見直しが最後までできなかったのが残念です。
残り5分のときに無理だと悟り、問題を読まずに
自分がチェックした解答がマークされているかだけ見直しました。
家に帰って調べると、明らかにチェックミスがあって、悔しかったです。

私は手芸の講師をしています。
生徒さんから柄の組み合わせの相談をよく受けるのですが、
自分の感覚だけでやってきたので、
誰かに説明するようなセオリーを学びたくてしました。
3級はやっぱり基礎なので、秋には2級を受験します。
 
道場破りでは、未熟な質問ばかりでしたが、
快く対応してくださった講師の先生に感謝いたします。

3級を合格できたことを自信に頑張りたいと思います。
どうもありがとうございました。

.

よく見られている合格体験記はこちら

まずは無料資料請求から!受講料ページはこちら!
ページのトップへ