他の資格の仕事内容を比較してみよう! | 色彩検定・カラーコーディネーター

サクセスストーリー

他の資格と仕事内容を比較してみよう!

どんな職業の人が、カラーコーディネーターの資格を必要としている?どんなダブルライセンスがあると将来が広がる?カラーコーディネーターと、ほかの資格を比べてみよう。

カラーコーディネーターとインテリアコーディネーターはどちらが実践的?

住宅関連の仕事を希望している方は、まずはインテリアコーディネーターです。

インテリアコーディネーターは、生活空間を演出するスペシャリストです。インテリアコーディネーターはインテリアだけでなく、内装や間取りのコーディネーターでもあり、照明やキッチン、サニタリーまで、彼らの力が発揮されている場所は、空間の隅々に至ります。

ハウスメーカーやデザイン事務所にお勤め、もしくはフリーの立場で空間演出を仕事にしたいみなさんにとって、この資格は必須の資格ともいえますし、求人のニーズもたくさんあります。

ただ、現役で活躍しているインテリアコーディネーターさんには、カラーコーディネーターの資格を併せて取得している方がたくさんいます。

言うまでもありませんが、空間演出に色彩の知識は欠かせないからです。「色彩」と「住まい」、両方に関心をお持ちの方にはお薦めのダブルライセンスです。

WEBデザイナーを目指しています。カラーコーディネーターの資格もあった方がいいですか?

色彩に詳しいデザイナーは、「感性」を理論で裏づけることができます。

イメージ

私たちが情報を得るメディアのなかで、最もホットなのがインターネットの世界です。画像や文字を魅力的にデザインして情報発信するWEBデザイナーの仕事は、これからも益々増えていくことでしょう。

最近はフリーランス/在宅で仕事をするデザイナーも増えています。時間や場所を選ばず仕事ができることも、WEBデザイナー人気の理由のひとつのようですね。

WEBデザインは長く続けられる仕事です。そのためには、勘に頼らず理論ベースでデザインできるスキルも大切です。

「彩度」「明度」「トーン」など色彩の細部にまでこだわったデザインを完成させるためには、色彩理論は欠かせません。そのようなプロの仕事のベースとなるスキルは、なるべく早く身につけておくべきでしょう。初級デザイナーの段階から、色の知識はしっかり身につけておきたいものです。

カラーコーディネーターとネイリストの組み合わせは?

色彩効果の本質を知っているネイリストは、カラーリングの表現テクニックも豊かです!

あるアンケート調査によると、若い女性の「なりたい職業」の上位にも挙げられているのがネイリストです。

ネイルケアのお手入れやカラーリング、人工爪などを使ってお客さんの爪にアートを施すネイリスト。女性の間でネイルアートがすっかり定着しているいま、ネイリストとして活躍する人は非常に増えてきました。

ネイリストの勉強をする時にも色の基本は学びます。しかし、色彩検定などで学ぶ方が、色のバリエーションの幅が広がることは言うまでもありません。

「お客様のパーソナルカラーを輝かせるには、淡い緑がお薦めですよ!」カラーの知識が身についている人は、頭のなかでカラーパネルを巡らせながら、そんな自信にあふれたアドバイスができます。女性を綺麗にする仕事が好きな方にはお薦めのダブルライセンスです。

空間ディスプレイデザイナーになるには、カラーコーディネーターと資格があると有利?

空間デザインにも配色の知識は活用できます。取得しておくと就職にも有利です。

イメージ

空間ディスプレイデザイナーは、3DCGを使って商業空間やイベントスペースなどの空間を、色彩や照明・家具の配置などによって効果的に演出するスペシャリストです。

デザインする空間は、ショールームやコンビニ、居酒屋、コーヒーショップなどなど…。店舗を活気づけたり商品の売り上げを伸ばすためのデザイナーとして、空間ディスプレイデザイナーは注目を集めています。

空間ディスプレイデザイナーは日本デザインプランナー協会の認定試験です。この資格を持っていると店舗専門のデザイン事務所への就職に非常に有利です。

空間デザインにも、もちろん色の配色はつきものです。カラーコーディネーターとのダブルライセンスは、ぜひとも取得しておきたいところです。

カラーコーディネーターは、ブライダル職の人たちにも注目されている?

色に繊細なブライダルコーディネーターはたくさんいます。

新郎新婦の人生最良の日を艶やかに演出するブライダルコーディネーター。結婚式・披露宴のプロデュースも、多くの女性達の憧れのお仕事のひとつですね。

ドレスやブーケをオリジナルにコーディネートするために、色彩を学んでいるブライダルコーディネーターはたくさんいます。

しかしブライダルコーディネーターには、色彩のコーディネートのほかにも、会場の手配や式当日の進行管理、またその間の予算管理など多様な仕事が任されています。色彩の知識を活かす場面は、仕事全体の一部ととらえていた方がよいでしょう。

それでも、色の知識は確かに役立ちます。晴れの舞台に立つ新婦さんに「ありがとう」と喜んでいただくためにも、知識に裏づけられた素敵な色の組み合わせ方を身につけておくことをお薦めします。

ページのトップへ