CSR

平等な教育 私たちが目指すもの

私たちは資格の通信講座を提供しています。教材を提供するだけでなく、その先の合格に繋がってこそ価値があると考えています。「人生を変える通信講座」というフレーズは一見、大げさかもしれませんが、受講生が実際に資格を取得して人生を変えるきっかけとなれば―という思いから掲げています。

そして「人生を変える」経験をより多くの方に提供するために価格に拘っています。誰でも、どこでも、いつでも、学びたい人が学びたい時に寄り添える教育を目指しています。

人は学ぶ生き物です。日々何かを吸収し、前に進んでいきます。学ぶことは人に与えられた権利であり、本来誰でも享受できるはずのものです。しかし、現実には経済的理由や地理的理由から、学びたくても学べない人がいます。フォーサイトの事業はそういった教育の不平等を埋めることが一つの目標となっています。

csr20160621a
csr20160621ac

受講生と世界の子どもたちを繋ぐCSR

私たちが通信講座の提供を開始して10年以上が経過し、これまでに13万人以上の方に受講して頂きました。実際に合格を掴み、人生を変えるような経験をされた方からご評価をいただき、大変ありがたいことに年々受講生が増えています。今後は資格講座だけでなく、大学受験講座の開講も予定しています。まだまだ規模は小さいですが、日本の教育の一端を担う気概を持って事業を展開しています。

企業の社会的責任=CSRとして私たちに何ができるのか―そう立ち止まった時、やはり「平等な教育」こそが使命だと考えました。そして世界には日本よりもいっそう学びたくても学べない人々がいる現実がありました。今は事業として海外教育に取り組むことは難しいかもしれない―それでもCSRの一環として、社会への還元という位置づけであれば微力ながら力になれることがあるはずです。

新興国での教育支援は、自らが貧しい子ども時代を送り、夢を諦めざるをえない環境に置かれていた代表山田の人生の目標でもありました。日本で人生を変えるためにフォーサイトの教材を購入してくださった受講生の想いが、世界の子どもたちの人生を変える一助となるような活動を行っていきます。

笑顔がまぶしいドンニャイ校の学生
csr20160621b

トップメッセージ

私の家も貧しく、高校時代は塾にも行けずアルバイトをしながら独学で勉強していました。土曜・日曜日は朝10時から夜10時までアルバイトをしました。中華料理屋の洗い場で、皿洗いをしました。そして帰宅後、夜中の2時まで勉強しました。アルバイト代のほとんどが、高校の授業料と参考書代に消えました。大学に入ってからもアルバイトだらけという生活でした。

そうした経験から、「お金がなくても、いつでも、どこでも、誰でも良質な教育が受けられるようにしたい」という思いを持ち、通信教育に特化したフォーサイトを経営しています。大人を対象とした資格事業を始めとして、高校生、中・小学生、幼児教育までを手掛ける、教育のプラットフォームとなるような企業を目指しています。そして、ゆくゆくは世界展開を行い、「平等な教育」を広く実現したいという夢があります。

CSR活動として、十分な教育が受けられない世界の子どもたちを支援する。これはそうした私の、フォーサイトの夢への第一歩でもあります。既にフォーサイトのスタッフたちが現地視察を行い、様々なことを学んできています。私自身もCSR活動を通じて、教育の重要性を改めて認識しています。そして、日本よりも過酷な環境の中でも、夢を持って前向きに学ぶ子どもたちの姿に励まされています。資格の勉強や受験勉強をしている皆さまも、きっと私と同じように励まされ、前に進んでいく力をもらえると思います。

「CSR」というと堅苦しいですが、当ページでは現地の様子を画像・動画を交えてお伝えしています。これらはフォーサイトのスタッフたちが撮影し、文章を書いています。肩ひじ張らずにご覧頂けるコンテンツになったと感じていますので、ご覧頂ければ幸いです。一過性ではない、継続した教育支援、「平等な教育」を目指すCSR活動を行ってまいります。皆さまもご一緒に「観て・聞いて・感じて」頂ければと思います。

代表取締役社長

山田 浩司