ライフプランのヒントは、雑談の中にある | FP・ファイナンシャルプランナー

キャンペーンバナー

実務家密着取材

直撃インタビュー
ファイナンシャルプランナー 辻良子さん

ファイナンシャルプランナー   辻良子 さん

1964年生まれ。千葉県出身。東洋大学短期大学部日本文学科を卒業後、1984年に大手生命保険会社へ入社。総務・保険事務・営業教育等に携わり、在職中にAFPを取得。2000年に退職し、(有)カワノプランニングオフィスに入社し、2004年にCFP®を取得。保険業界で培った知識とネットワークをいかし、ライフプランニングなどを行う他、コンサルティング業務なども行っている。

辻良子さんが勤務するカワノプランニングオフィスのホームページは下記のとおりです。
URL : http://www16.ocn.ne.jp/~kposk/


ライフプランのヒントは、雑談の中にある
可能な努力目標を提案するのがファイナンシャル・プランナー

試験に合格して資格を取得した後、実際にどのような仕事を行うのか。フォーサイトでは活躍中の実務家を直撃し、その実像に迫ります。今回は、ファイナンシャルプランナーの辻良子さんからお話を伺いました。

どのようなお仕事をされているのでしょうか


会社は千葉にありますので、千葉と東京、神奈川のお客様が多いですね。個人と法人のお客様からお仕事をいただいています。個人のお客様からは、公的年金、健康保険などの社会保険、相続対策、経済・金融情報などの疑問やご相談等を受けています。ライフプラン、キャッシュフロー表(将来のお金の流れ)、保障内容分析表・保障金額の推移表、またさまざまな分析やシミュレーションに基づく改善策のご提案書を作成することもあります。法人のお客様に関しましては、会社のキャッシュフローの改善、役員・従業員の退職金準備の方法、役員・従業員の福利厚生、事業承継、企業保険の活用方法、企業年金についてのご相談を受けることがあります。私は、保険業界の経験を20年以上積んで参りましたので、保険の見直しのご提案やご相談、お客様のライフプランや将来のシミュレーション作成等を行っています。


柔らかな物腰の辻さん

柔らかな物腰の辻さん


ファイナンシャルプランナーの資格を取ろうと思ったきっかけは何ですか


私は短大を卒業した後、生命保険会社の一般職として入社しました。そこで総務や営業事務の仕事を経て、営業教育をすることになりました。1998年頃、会社主導でファイナンシャルプランナーの資格取得を支援する動きがあったので、私もその流れに乗りAFPを取りました。その後、バブル崩壊して景気が低迷し、保険・金融業界再編となったので、私は早期退職制度を利用して辞めました。そして、会社を辞めたのと同じ2000年に、元同僚に誘われた会社に入社し、保険代理店とFPの仕事を同時スタートすることになりました。CFP®を取ったのは2004年です。FPの仕事を始めた当初は「AFPがあれば仕事に差し支えはない」と思っていましたが、CFP®を取ることでより大きなステップにつなげたいと考え、取得しました。


辻さんは会社に勤務する独立系FP

辻さんは会社に勤務する独立系FP


独立されてから、どのように仕事をされているのでしょうか?また、お仕事の魅力は何でしょうか?


保険業界で20年以上仕事をしてきたので、FP以外の道は全く考えられませんでした。会社を辞めるに当たって不安はなく、何でも出来るという自負がありましたね。直接、お客様に「保険を売る」という営業経験はありませんでしたが、何とかなると思っていました。独立したばかりの頃は、集客になりそうなことは何でもやりましたね。チラシをまいたり、ポスティングをしたり、独自にセミナーをしたこともあります。今では、営業そのものは同じ職場の男性が担当し、私はライフプランやシミュレーション、各種書類の作成、と分担して業務を行っています。また、日本FP協会からのホームページや電話帳をみて、ご連絡いただくことも増えています。一度知り合ったお客様と長くお付き合いできるという点もこの仕事の魅力だと思いますし、お客様から「有難うございました」、「あなたに相談してよかった」と言っていただけた時、やりがいを感じますね。


辻さんの趣味は手芸。お客様にプレゼントして喜ばれることもあるのだとか

辻さんの趣味は手芸。お客様にプレゼントして喜ばれることもあるのだとか


お仕事の際に気をつけていることは何でしょうか?


お客様の話を出来るだけよく聞くように心がけています。雑談をなるべくたくさんするようにして、お客様の性格、モノの見方、考え方を知るようにしています。FPはお給料や保険などの金銭問題、資産、家族の情報、人生設計など踏み込んだ情報にアプローチします。私自身の考えや意見はもちろんありますが、それを押し付けるようなことは絶対してはいけないと思います。お客様の人格をよく知った上で、お客様にとってベストだと思う方法を「こうしたら、いかがでしょうか?」という姿勢でご提案させていただいています。無理しない程度に出来る現実的なプランを提案し、お客様に心から納得していただけるように仕事を進めています。


雑談の中に、ライフプランのヒントがあるという辻さん

雑談の中に、ライフプランのヒントがあるという辻さん


メッセージ

資格を取っただけで満足していては、一歩も踏み出せません。全く未経験の方が「資格を取ったから、すぐにFPに」というのは現実問題として難しいと思いますし、プロとしてやっていくためには、経験を培い、得意分野を持つことが大事なのではないかと思います。保険でなくても、不動産、証券でもお金に関係することは、FPの仕事につながります。また、すぐに仕事につながらなくても、知識として持っているだけでも、FPは人生に役立つ資格です。まずは、ご自分のライフプランを作ってみることからスタートしてみてはいかがでしょうか?FPの職業について学び、知ることで、可能性はより広がると思います。