ライフプランの設計士。世界にひとつ、オリジナルの未来設計図を描き出す | FP・ファイナンシャルプランナー

キャンペーンバナー

実務家密着取材

直撃インタビュー
ファイナンシャルプランナー 井上光章さん

ファイナンシャルプランナー   井上光章 さん

1975年千葉県出身。開成高校、国際基督教大学教養学部国際関係学科を卒業し、2000年に情報システムサービス会社に入社。システムエンジニアとして業務に携わった後、マーケティングリサーチ会社に転職。主にリサーチ&プランニング業務を手掛け、2005年に退職。その後、デイトレーダーとして活動する一方、2006年にAFPを取得。2007年に独立系FPとして「井上FP事務所」を立ち上げる。同年8月にCFP®を取得、2009年に1級FP技能士を取得し、現在に至る。

井上光章さんが代表を務める「井上FP事務所」のホームページは、下記のとおりです。
URL : http://www.inouefp.jp


ファイナンシャルプランナーはライフプランの設計士
世界にひとつ、オリジナルの未来設計図を描き出す

試験に合格して資格を取得した後、実際にどのような仕事を行うのか。フォーサイトでは活躍中の実務家を直撃し、その実像に迫ります。今回は、ファイナンシャルプランナーの井上光章さんからお話を伺いました。

どのようなお仕事をされているのでしょうか


ライフプラン設計を中心に、資産運用アドバイス、住宅取得サポート、生命保険等の保険設計を行っています。資産運用相談が多いのが特徴でしょうか。FPになる前から色々な資産運用を自分自身で研究していたのでその体験が活かされているのではないかと思います。お客様で多いのは、結婚や出産という節目を迎えた30代、定年退職に備える50代ですね。千葉周辺でご相談を受ける場合はオフィスでの面談が多いですが、都内在住のお客様の場合は、ホテルのラウンジ等を利用しています。


千葉のオフィスで事務作業を行う井上さん

千葉のオフィスで事務作業を行う井上さん


ファイナンシャルプランナーの資格を取ろうと思ったきっかけは何ですか


もともと会社員時代から投資や資産運用の研究をしていました。「30歳になったら独立を」と思い、辿りついたのがFPという職業でしたね。「資産運用を極めたい」と思う気持ちが先にあり、デイトレーダーをしていた時期もありましたが、何か確固たるものが欲しいと思い、チャレンジしたのがFPです。私は金融の世界とは無縁でした。しかし、お金を動かすことに関して漠然と興味がありました。はじめのスタート時点ではあまり深く考えず、FPの業界に飛び込んでみました。FP業務に必要な知識というものは、仕事を通じて身に付いていくものだと思います。


一念発起し、AFP、CFP®を取得

一念発起し、AFP、CFP®を取得


独立されてから、どのように仕事を進められたのでしょうか?


「30歳になったら独立を」と思って退職しましたが、辞めた当時は全く先が見えない状況でした。FPの勉強と並行しながらトレーダーとしてPC画面と向き合う日々が続きましたね。FPの勉強を通じてライフプランを作ることの重要さ、面白さに気づき、これは世の中の役に立てるのではないかと思い、FPとして独立しようと思ったわけです。FPの実務は誰かに習うというよりも、仕事をしながら覚えていきました。また、ソーシャルネットワークサービス等を通じていろいろなFPの方とお会いし、情報交換もしました。そうこうしているうちに、自分のスタイルが確立された感じですね。開業当初はホームページを立ち上げてから、ポスティングやセミナー等集客のための活動はいろいろとやりました。営業経験はありませんし、対人関係は苦手な方なので悩んだ時期もありましたが、試行錯誤しながら進めていきました。


「楽観的でリスクテイカ―な気質を持つ」という井上さん

「楽観的でリスクテイカ―な気質を持つ」という井上さん


FPの自覚として、必要なものは何でしょうか?


FPとして必要なのはコミュニケーション能力と人脈でしょう。私はもともとSEでしたし、営業経験もなく、社交的なタイプでもありません。しかし、対人関係が得意でない人はそういう人なりのアプローチの仕方があります。FPは、相手あってのサービス業です。お客様の思いを受け止め、その思いを大事にし、ベストな解決策を提供することが求められます。コミュニケ―ション能力といっても、会話の上手、下手ということではありません。的確に意思の疎通を図り、相談者の価値観や意見を大事にし、よりよい道を探す努力、誠意が必要です。それを繰り返し続けていくことで、お客様の信頼を得て、ご紹介を得て、人脈も広がっていくのだと思います。


「マイホームで年金をつくる」という共著も刊行

「マイホームで年金をつくる」という共著も刊行


今後の予定や夢は何でしょうか


FPの仕事は生涯続けていきたいと思います。そのためにも人脈を拡げ、自分自身スキルアップしていきたいですね。現在も提携しているFPや士業の方、不動産会社等がありますが、これからもどんどん拡げていきたいと考えています。「ひとつの家庭に、ひとりのFP」となるくらい、世の中にもっとFPを普及させていきたいですね。


井上さんの趣味は乗馬

井上さんの趣味は乗馬


メッセージ

ファイナンシャルプランナー、特にAFPは、他の国家資格と比べると、ハードルが低いと思います。もともと独立志向のあった私は会社を退職してから勉強しました。
資格を取ること自体を目標にせず、その先を見て努力し続けることで、進むべき道が見えてくると思います。やりたいことを自分の中で明確にして取り組めば、自ずと前へ進めるものですよ。


ファイナンシャルプランナー   井上光章 さんの、ある1日


ある日のスケジュール
5:00 起床 朝食、メールチェック
6:00 自宅 資料作成
9:00 出社  
10:00 社内 電話連絡、資料作成
11:30 休憩 昼食,都内へ移動
13:00 会社訪問 提携業者と打ち合せ
15:00 個別相談 顧問会員と打ち合せ
17:30 帰社 事務作業
18:00 個別相談 ライフプランの相談
20:00 帰宅 食事、読書やブログの更新作業
23:00 就寝