商品を熟知し“お金の目利き”が出来るアドバイザー | FP・ファイナンシャルプランナー

実務家密着取材

直撃インタビュー
ファイナンシャルプランナー 高橋成壽さん

ファイナンシャルプランナー   高橋成壽 さん

1978年生まれ。神奈川県出身。2001年に慶應義塾大学総合政策学部を卒業後、商品取引業を主とする企業に入社。営業・総務・人事など幅広い業務に携わり、AFPを取得。2004年に外資系の生命保険会社へ転職し、営業を担当。その後、2007年に外資系生命保険会社を退職し、同年にCFP®、翌年に1級ファイナンシャル・プランニング技能士を取得。「寿FPコンサルティング株式会社」を設立し、代表取締役に就任し、現在に至る。住宅ローンの相談を行うモーゲージプランナーとしても活躍中。

高橋成壽さんが代表を務める「寿FPコンサルティング株式会社」のホームページは、下記のとおりです。
URL : http://www.kotobukifp.co.jp/


商品を熟知し“お金の目利き”が出来るアドバイザー
企画力をいかしコツコツ努力を続ける「FP王子」

試験に合格して資格を取得した後、実際にどのような仕事を行うのか。フォーサイトでは活躍中の実務家を直撃し、その実像に迫ります。今回は、ファイナンシャルプランナーの高橋成壽さんからお話を伺いました。

どのようなお仕事をされているのでしょうか


業務の柱は4つあります。ファイナンシャルプランニング事業、マネーリテラシーに関する金銭教育事業、人材教育事業、経営コンサルティング事業です。金融業界の知識を持ったプロの視点をいかし、資産運用から教育、医療・介護、ビジネス関係まで幅広い分野を取り扱っています。また、中立・公正な立場で、住宅ローンに関するご相談・ご提案を行うモーゲージプランナーとしても活動しています。総合相談(個別の相談、キャッシュフロー表の作成、プランの提案、実行支援)だけでなく、企業とタイアップしたセミナーも随時開催しています。「働く女性の住宅購入術」、「増税時代を生き抜く相続対策」、「保険見直しビフォアアフター」等というタイトルのセミナーで講師をするほか、企業運営サイトの執筆・監修も行っています。


高橋さんはモーゲージプランナーとしても活躍中

高橋さんはモーゲージプランナーとしても活躍中


ファイナンシャルプランナーの資格を取ろうと思ったきっかけは何ですか


私自身の家庭環境も影響していますが、周りに経営者が多かったため、幼い頃から独立志向がありました。また、お金や金融商品に関する興味や関心も強く、「お金のプロになりたい」と思っていました。大学卒業後、「実務経験を積もう」と考え、商品取引業を行う企業に入社し、営業・総務・人事等の業務に携わりました。社会人1年目で3級ファイナンシャル・プランニング技能士の資格を取り、2004年にAFPの資格を取りました。その後、段階を踏み、CFP®と1級ファイナンシャル・プランニング技能士の資格を取得しました。


CFP®だけでなく簿記や宅建、モーゲージプランナーの資格も取得

CFP®だけでなく簿記や宅建、モーゲージプランナーの資格も取得


独立のきっかけは何でしたか?


私はFPの実務を習得するために保険業界に転職しました。順調に顧客が増えていきましたが、独立すると顧客のサポートができないため、顧客が増えるほど独立しづらくなると感じ、「独立するなら早めにしよう」と思うようになりました。そして、機が熟した2007年に「若いうちに挑戦したい、人生を後悔したくない」と独立開業を決断しました。企業理念は二つ、【Helping you helps me.】と【Make your dream come true.】です。【Helping you helps me.】には、「あなたの力になることが私にとっての支えになる」という意味を込め、【Make your dream come true.】には、夢を叶えるお手伝いをしたい、という願いを込めてつけました。


 確固たる理念を持つ高橋さん

確固たる理念を持つ高橋さん


独立されてから、どのように仕事を進められたのでしょうか?


独立した当初は、住宅ローンに特化したスタイルを志向しました。外資系の生命保険会社に勤務した経験から、アメリカのサブプライムローン問題も身近なこととして感じていました。また、国内でも住宅金融公庫の廃止等を受けて、住宅ローン専門家によるコンサルティングの必要性を痛感していました。そこで、NPO法人「モーゲージプランナー協会」から認定を受け、モーゲージプランナーとして住宅ローンを軸としたコンサルティングをメインにすることにしました。家計全般の金銭面をトータルでシュミレーションし、お客様の疑問やお悩みを解消しながら、適切な情報をご提供する。納得していただける住宅ローン選びのお手伝いをする一方、企業と提携してセミナーも開催しました。現在では、お金に関するセミナーの他に、中立の立場で金融商品のアドバイス、目利きも積極的に行っています。


高橋さんが講師を担当するセミナー風景

高橋さんが講師を担当するセミナー風景


お仕事のやりがいは何でしょうか?


お客様から感謝されることですね。コンサルティングやセミナー開催していると、「ありがとう」と言っていただく機会が多くあります。感謝の言葉をいただくと、素直に嬉しくなります。もともと以前から、私は家族や周囲の人たちも含め、多くの人たちの夢や希望をかなえるお手伝いがしたいと思っていました。誰しも夢を持っています。「資格をとりたい」、「結婚したい」、「子供が欲しい」、「車を持ちたい」、「家が買いたい」、「別荘が欲しい」、「家族を守りたい」、「家業を継ぎたい」、「独立したい」、「老後を豊かに暮らしたい」等…。お客様の一つ一つの小さな希望を実現させていく事で、大きな夢を達成できると思います。お客様のサポートをさせていただけることが私自身のやりがいにつながっています。


高橋さんはサッカーコーチとしても活躍

高橋さんはサッカーコーチとしても活躍


お仕事をする際に気をつけていることは何でしょうか?


自分の立ち位置をきっちり明確にすることですね。コンサルティング、セミナー、それぞれどういう立場で話しているのか。FPである私とお客様、それぞれにメリットがなければ、関係は長続きしません。お互いを尊重しつつ相互の利益をいかに作り出せるか。そこが大事な部分だと思います。その一方で、金融機関に籍を置いていたら為し得ないようなユニークな仕事をするように心がけています。



メッセージ

ファイナンシャル・プランナーはひとつの職業ですが、無限のやり方と選択肢があると思います。いわば、「何でもできる」職業です。FPに向いているのは、企画力のある人、コツコツ地道に努力出来る人。あらゆる企画を考案し、前向きに努力し続けていけば、きっと成功できると思います。まずは、資格を取らなければ始まりません。頑張ってください!


ファイナンシャルプランナー   高橋成壽 さんの、ある1日


ある日のスケジュール
5:30 起床 ニュースを見ながら朝食
7:00 出社 メールチェック
9:00 社内 資料作成
10:00 個別相談 資金繰りについてのご相談
12:00 昼食  
13:00 外出 クライアント先で担当しているセミナーの打ち合わせ
15:00 個別相談 損害保険のご提案
17:00 外出 提携先の保険代理店へ書類提出
19:30 個別相談 FP相談
21:00 社内 残務処理
21:30 退社  
23:00 帰宅  
24:00 就寝