受験前に確認したい試験内容について! | ファイナンシャルプランナー・FP

サクセスストーリー

ファイナンシャルプランナーの試験はどのような内容?

FPの試験科目は?合格に必要な勉強時間は?
学習対策のイメージをつくるために試験情報をチェックしよう!

FPって国家資格なんですか?

「FP技能士」は国家資格。
「AFP/CFP®」は日本FP協会認定の民間資格です。

ファイナンシャルプランナーの資格の認定は少々複雑です。

FP検定を行う機関には、日本FP協会と金財の2つがありますが、日本FP協会の2級FP技能士検定は、国家試験の検定でもあり、AFP資格審査の試験でもあります。そのため、AFPを取得するよう認定研修を修了した上で、2級FP技能検定に合格すると、国家資格と民間資格であるAFPを同時に取得することができます。

イメージ

※金財にはCFP、AFPの認定試験がありません。

どのような人たちが、FPの資格を目指しているのですか?

仕事に活かすため、自分のお金を守るため、生涯学習として。実にさまざまです。

イメージ

金融・不動産業界に勤めている人、他の資格(宅地建物取引士や税理士など)で仕事をしていてさらにビジネスを拡大しようと考えている人、また保険外交員などさまざまな人たちがファイナンシャル・プランニングを学んでいます。

またファイナンシャルプランニングの知識は、身近な税金の問題を考えるなどの場面でも役立ちます。そのため、自分の暮らしに活かしたり、生涯学習の一環として学んでいる人もたくさんいます。

FP2級は実務経験がないと受験できない?

いいえ、2級FP技能検定は実務経験がない方も、3級資格を持っていない方も受験できます!

イメージ

FPの試験は、3級→2級→1級と、段階的に受ける必要はありません。また実務でFPの知識を活かすとなりますと、どうしても2級以上が必要になるようです。

詳しい説明は割愛しますが、フォーサイトは、資格審査を経ることで併せてAFPも取得できる日本FP協会を選んで、2級検定から始めることをお薦めします。

※フォーサイトは、日本FP協会認定の教育機関です。

2級FP技能士FPの試験科目は?

筆記試験6科目と、筆記の実技試験があります。

イメージ

FPの筆記試験では、総合的な金融知識をもとに、顧客のライフスタイルや経済環境を把握する力を身につけるよう、6分野に渡り出題がなされます。

科目名だけを見ると何だかむずかしそうに思えるかもしれません。しかし、FPの学習で学ぶ内容の多くは、私たちが仕事や暮らしのなかで関わっているものが多いのです。

保険や税金など、誰でもある程度は知っていることを深く体系的に学ぶことで、マイホーム取得のための資金計画や、老後のリタイアメントプランニングなども提案できる力が身に付きます。

実技試験の対策はどうすればいいの?

問題演習の繰り返すことで十分対応できます。

日本FP協会の検定では、実技試験は「資産設計提案業務」という括りのなかで出題されます。この試験では、時事問題や資料の読み取り問題などが多く出題されます。

しかし、実技といっても出題形式は、空欄補充問題や○×問題、計算問題などが中心です。定番問題が多いですから、問題演習を何度も勉強することで、十分合格圏内の得点は可能です。

FP2級に合格するにはどれくらい勉強時間が必要?

学習期間の目安は3~4カ月。300時間程度は勉強しましょう!

イメージ

このことは個人差があるのでなんともいえないですが、上記が合格を目指す目安になるでしょう。

一日あたりの学習時間をたっぷり確保できる学生のみなさんや集中力のある方でしたらもっと短期間での合格も十分に可能です。

しかし確実に1回パスできるよう、なるべく余裕を持たせた学習計画で臨むことを、フォーサイトはお薦めします。

フォーサイトのファイナンシャルプランナー合格講座で合格を目指しませんか?
クレジットカードなら分割払いOK
サポートもついて初学者も安心
8日以内で未開封なら返品もOK
ページのトップへ

次回アクセスの際に便利

この講座に興味のある人はこんな講座も見ています

『ジャパンタイムス』紙の「アジア次世代のリーダー100人」に選出されました!

テレビCM放送中!